移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
プチ開拓 1341/413日目
2018-01-01-Mon  CATEGORY: 自給自足生活
2017年12月27日 水曜日 晴れときどき雨

陽と月農園おっちーです。

ここ数日は農に忙しく。
落ち葉ひろい。
みどりさんとわが子も手伝ってくれてわりと愉しい作業です。
堆肥や踏み込み温床、それから鶏舎の敷料となんでも活躍してくれそうです。




まだまだ序の口 いっぱい集めました。

それは良かったのですが、家の敷地の奥の納屋までこの落ち葉を運びたい。
軽トラで乗り入れたい。

狭くて、茂ってて、片側は谷だけど、いってみるか!





はい! 無理でした!
スタック。そして画面左側が谷。
片側の後輪が落ちてますね。

うぉー こえー 転げ落ちそう。
あわててみどりさんを呼んで、助手席側に乗ってもらって重石になってもらい(レディーに重石とは。。。!とお怒りでした)
4輪駆動に切り替えて脱出!

しかし、それ以上進むも戻るも出来なくなってしまい、道路拡張の土木作業に移行。





はい 完了。
急ごしらえですが、とりあえず軽トラを逃がすぐらいの道路拡張に成功





さらに拡張を続きます。
なんか懐かしい感じ。ここを借りた2年前はこんなのを毎日毎日やってたんだよなあ
脇の篠竹を切って、そこの土をクワで削って拡げていきます。





うちのクワは畑を耕すためにあるのではないですな
篠竹と木の根っこを切断破壊するためにある。。。笑
通路は50mぐらいあるので時間がかかります。





しまいにはチェンソーを持ってきてやりたい放題
画像をみると整備してんだか荒らしてるんだかわかりませんな

おおまかに完了するまでに2日間かかりました。
工事完了画像は取り忘れました。(っていうか極度の疲労と暗闇で撮るのめんどくなって忘れた)
後日紹介いたしましょう。



すったもんだの最中、壊れてもげた、軽トラのサイドミラー。。。

トラックバック0 コメント0
乾燥機の修理 1336/408日目
2017-12-26-Tue  CATEGORY: 自給自足生活
2017年12月22日 金曜日 晴れ

本日は半年前に壊れた乾燥機の修理を行いました。

子ども2人いると洗濯物が多い
普段はお日様乾燥で十分なのですが、雨が3日も続くと家の中にぶら下がる洗濯物の数がとんでもないことになります

しかも我が家は基本、洗濯ものは洗剤いれない水洗いなので(お日様乾燥さえできれば意外とだいじょうぶ)、生乾きの臭いも気になる(--

秋雨の時期にはまにあわなかったけど、梅雨の季節までにはどうにかしなくては。。。

ということで、まずはネットで乾燥機の修理について調べ

一番多いトラブルを2~3事例 ピックアップし

後ろのカバーをあけてみます

簡単な故障だといいけどなあ。。。











おー やりました
一番簡単な部類の故障 ベルトの破損でした。

さっそくネットでベルトを取り寄せ。。。

取り付け。。。






完了! ベルト代 900円なり。

簡単な故障で助かりました♪


トラックバック0 コメント0
小屋作りWS 1331/403日目
2017-12-21-Thu  CATEGORY: 自給自足生活
2017年12月17日 晴れ 寒い

朝晩の冷え込みが半端ないです。
いやー 冬が本気だしてきたなあ

就農にあたっての農地を貸していただける地主の方のおうちに行ってきました。
子ども二人も連れて行ったのですが

まあ 大暴れ(--

それでも

「新しい孫ができた!」

と喜んでいただけました。

こっちは冷や冷やですよ

一瞬目を話すとよそ様の家のコタツのうえで万歳してたり(--

空き家も見せていただきました。
2町歩の山がついた(えーと6000坪か)大きな古民家で、大きな部屋が6つぐらいと大きな台所があります。

夢が膨らむ案件でしたが、就農にむけてやることも多いなか、管理が追いつかないだろうとおっちー一家は断念しました。






こちらはその合間に参加した小屋作りWS

焼いた杉の杭を打ち込んで基礎を作っています。

コンクリート基礎を作らないところに独自の美学があるそうなのですが、それは「減速して自由に生きる」の著者 高坂さんが詳しく書いてくれているのでどうぞ

https://ameblo.jp/smile-moonset/entry-12337224834.html





トラックバック0 コメント0
コシヒカリ、新米 1318/390日目
2017-12-07-Thu  CATEGORY: 自給自足生活
2017年12月4日 月曜日 雨のち曇り

陽と月農園おっちーです



今年もたくさんの方に苦労を分かち合っていただいて、無事に我が家の新米にたどり着くことができました。
3月 種籾播種
4月 田んぼの整理 草取り
5~6月 3回にわけて田植え
7~8月 たまに草取り
9月 畦のまわりの草刈 おだ立て
10~11月 2回にわけて稲刈り おだに天日干し
そして脱穀 もみすり

そして新米

です。
毎年感慨ぶかいものがあります。




そしてまさかの今日はカレー

うおぁ・・・ やっちまった(--;

日本料理人が丁寧に出汁をとり、素材のうまみを生かした繊細な味付けの和食にソースをぶっ掛けて食う

みたいな残念感(--;;;;;

まあ、それでも美味しくいただきました。
自然の恵みに感謝です。
新米に勝る米はありません。

そこに自分の家で育てたお米に対する思い入れ

が加わったときの味はほんとうに言葉では語れませんね♪



ところで、最近自分の頭の回転が遅いので困っています。
起業にむけてもぜひ強化しておきたいところです。

ということで購入3冊

さー がんばって読むぞー
農業関係でも読みたい本が山盛り

がんばるぞー(--;
トラックバック0 コメント0
苺の苗植え付けと芋穴掘り その2 1317/389日目
2017-12-07-Thu  CATEGORY: 自給自足生活
2017年12月3日 日曜日 晴れ

陽と月農園おっちーです
昨晩から宿泊されていたお客様は先日のにわとり解体WSに参加してくれたようこちゃん。
この土日は青山完ちゃんのWS 「トレーラーハウスWS」に参加するために滞在しているのです。

昨日は完ちゃんも呼んで晩御飯会
ようこちゃんはほぼ料理人なのですばらしい料理の数々でおなかいっぱい♪

というか食べ過ぎて、今朝もまだおなかいっぱいだわ(--;

トレーラーハウスWS 時間に余裕があれば今日の午後にでもお邪魔するつもり。

そして彼女を朝おくりだして、おっちー家は畑の作業
育っていた苺の苗を70ぐらい植えました。

その後、先日芋穴に埋めた芋のチェックをしてみました。

半分ぐらい腐ってました(--

がーん・・・

またか、、、今年も芋を大量LOSTなのか。。。
コンテナ4杯分ぐらいのサツマイモをLOST

ショックでしばらく立ち直れなかったですが、いつまでもそうもしていられない

どうもここは水分が多すぎるのがいけないらしい

ということであわてて別の芋穴を掘り始めます。





硬い・・・
ここの地盤は固いぞ。。。
まるで鉱山のようだ
10cmも掘ったところで粘土層みたいのにぶちあたります。
その後も土というよりもすこし軟弱な石みたいな層を掘り進み
農夫というよりは鉱山夫だろうかと疑問に思いながら深さ1mに到達



日暮れが早いなあ・・・・
すっかりあたりは暗くなり、1mの穴を真っ暗な中、一心不乱に掘る男

サスペンスドラマとかで完全犯罪めざしてる人やん、これ(--;

ここが人目のつかない閉じた場所でよかった 通報されるで。。。




翌朝明るくなったところ



はい 完成♪

トラックバック0 コメント0
<< 2018/02 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


Copyright © 2018 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.