移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
735日目 第2子誕生
2016-05-04-Wed  CATEGORY: 不妊治療
さて5月1日は我が子の2歳の誕生日。

3000gの我が子を病院で抱いたのがつい先日のようだ。

去年の年末から不妊治療、臼井医院への通院を再開していた。
前回の治療のときに受精卵が2つ残ったので凍結保存してあった。(年間4万ぐらいの保存手数料がかかるので大変だった(--;)

それを解凍して使用するときがきたのだ。

2月1日にそれをみどりさんに移植。
そしてそれが残念ながら失敗し

残り最後の1個を3月の初めに移植。
そしてそれが見事に定着したのだった。

こう書くと簡単なようだがそうもいかない。

一回の試みで最低でも7~8回は東京、亀有の病院に行く。

車で往復7時間の道のりを吐き気などを催すホルモン薬などを服用した身体でひたすら通うのだった。
そして込み合った病院では予約しても最低でも2~3時間は待つという。

耐え抜いてくれたみどりさんには本当に感謝したい。
これを引っ越しや菊芋掘りと並行して進めるのであるから、まっさんも何度か付き添ったが並大抵ではなかったのである。
いろいろな意味で限界な数カ月であった。
すべてが終わった後、一家3人風邪で寝込んだのも必然だったのだろう。

それでも2回目で成功したのはすごい。
なにがすごいのかというとこの高度生殖医療(体外受精)は普通でも成功率が30%前後なのである。
3回やって1回成功すれば良いという確率だ。

しかもこれがみどりさんの年代になると20%以下まで下がる。

それが2回目で成功! 一人目のときも2回目で成功したのであるから、みどりさんの成功率は50%という驚異の数値となる。

出産は11月。

さてせっかく不妊治療の話がでたので、最近の所感を。

まず我が家の場合、おそらく不妊原因は私、まっさんの方にあるのだろう。


ずいぶん、シリアスな話かと思えばそうでもない。
日本の大学チームが行った研究では日本人の若者でWHO(世界保健機構)が定める「正常な妊娠可能LVな精子」をもつ割合は50人中2人だ。

つまり日本の若者の96%はWHOの基準で「不妊症」だ。

これに昭和初期などの農村で10人兄弟などが珍しくなかった時代を考えれば、いかに現代人の繁殖能力が落ちているのか納得がいくだろう。

要因は複雑で複数要因だろうがおきまりの「原因不明」で煙に巻かれていては面白くない。

おもいつくままに有力だと思われる主要因

1、遺伝子組み換え食品
2、市販の食品に含まれる保存料や化学物質
3、おもに海産物などに含まれる重金属
4、さまざまな環境ホルモン物質
5、農薬、化学肥料、F1野菜
6、ワクチンなどに含まれる各種添加物

1 遺伝子組み換え
遺伝子組み換えはモンサント社が90日間のラット安全試験の結果、有害性がなかったとして世界に広まった。
しかしフランスのカーン大学のセラリーニ教授らの研究チームが試験期間を2年間に延長して試みた結果、ラットの大半が大きな腫瘍癌にかかることを突き止めた。
ガンは90日間はまったく前兆なく100日を超えたあたりから爆発的に激増した。
またラットの大半が不妊になった。
50%の胎児ラットは死産となった。
無事に産まれても低体重児が激増した。
この遺伝子組み換えの認可にはモンサント社の重役がアメリカ政府や国連の認可局の長官として就任し工作するなどのからくりが多数あった。

2、食品添加物
たとえばコンビニ弁当を食べさせた養豚から奇形児が多発した。などなど
食中毒を起こしてはならない流通の食品は強力な薬剤で菌が湧かないようになっている。
菌が死滅するようなものを体内に取り込んで人間も安全で済むわけがない。
腸内に住み着き人間の免疫系をになって共存している100兆の細菌たちはどうなるのか?

細菌のなかには100℃の高温殺菌しても生き残るものがゴロゴロいる。
彼らを殺すために多くの保存料が流通食には添加される。
これらの薬剤は人間の細胞に取り込まれ数十年にわたって蓄積されることが分っている。

3、重金属
国連の機関や海外の大学の研究チームなどは海洋汚染が爆発的に進んでいるために、魚などの海産物を頻繁に食べることに警告している。
妊婦だけに限った話ではない。
許容量の何倍も好んで汚染された魚を食べる日本人が無事で済むわけはない。

4、環境ホルモン
水道水や農業用水から高濃度に検出されている。
25mプールに目薬一滴たらしただけでも生態系に異変をもたらし、不妊や奇形、失調をもたらす。
カップめんにお湯を注ぐと溶けてスープに流出する。
紙コップにお湯を注ぐと溶けて流出する。(紙コップっていうのも言葉のマジックですね。紙の表面に化学的なコーティングしてありますよ)
スチロール系の容器を加熱すると食品に容易に流出する
缶詰の内側の塗料から流出。
サランラップの表面から流出など

5、農薬、化成肥料、F1野菜
農薬、化成肥料ともに乳幼児突然死症候群の主要な要因であろう。
ヨーロッパなどでは化成肥料などから作りだされる過剰な毒物(硝酸態窒素)」などが乳幼児の突然死に結び付くことは広く認知されている。
日本の残留農薬許容量は世界最高レベルにザルである。たとえば大粒のイチゴ2粒を妊婦が食べただけで国連組織が制定している、胎児の安全基準を超える。
ちなみに遺伝子組み換え作物ももっとも汚染された食材である。除草剤を撒いても枯れない野菜のことであるが、除草剤をまきまくっているうちに雑草に変化が起きる
。除草剤に耐性をもったスーパー雑草たちが生まれ始める。
それを枯らすためにさらに強力な除草剤が開発される。
またそれに体制をもつ雑草が生まれる。永遠のイタチごっこである。
すべて作物に残留する。
同時に虫との闘いのために殺虫成分も添加されるが、ここでもまったくおなじいたちごっこがおこる。
人類が進化の過程をたどり、あと数千年もしたらこのいたちごっこに追い付けるかもしれない。それまでは薬剤汚染によって淘汰されるのみである。(そのころには何倍も耐性をもった雑草たちがはびこり、何倍も強力な薬剤が必要となって結局ひとり負けをするのは人類なのは間違いないのではないか)

F1野菜とは雄性不稔株の野菜のことで、わたしも詳しいことはよくわからんが、人為的に作りだされた男性不妊状態にされた野菜たちのことである。スーパーなどで買える野菜はほぼ100%これである。
生産、流通側からするとメリットが多い野菜であるが、真に消費側にたった安全試験は皆無だ

6、ワクチン
ワクチンに含まれる添加物は水銀やアルミニウム、遺伝子組み換えDNAなどきりがないが、今日はあまり知られていない「スクワラン」という物質について。
健康食品や美容化粧品などに含まれるこれらの物質であって、人体にももともと存在する物質であるが、これが注射針によって直接血管にそそがれることによって、まったく違った顔を見せる。他に含まれる免疫補助剤などによって混乱させられた人体の免疫細胞たちはこれを異物と認識し攻撃を始めるのだが、いちどこうなった免疫細胞達はその後、もともと人体にあるスクワランさえ攻撃をするようになる。
ちなみにこのスクワランは精子や卵子などに含まれる。
さてここでまっさんのケースなのであるが
検査の結果、精子数は正常であるものの、運動率が極端に低いことがわかっている。
さらに精液中に含まれる免疫細胞である白血球数が通常の10倍ほどあった。これは担当の医師からいわせると関心の外のようだったが。

ここで西洋医学信仰の外にいるまっさんの解釈を加えてみる。

まっさんは介護職だったので、インフルエンザの予防接種を毎年律儀に受けていた。
そしてこのなかにスクワランが含まれているのは事実である。

おそらくであるがこのために体内の免疫細胞が誤作動を起こして精子までも攻撃しているのであろう。

おそらくこれがひとつの大きな要因となっているはずだ。

さて話がだいぶ逸れたが、とりあえず毒物を極力排除した生活を続けたみどりさんの50%という確率に感謝したい!

おそらくであるが女性の高年齢とともに妊娠率が下がったり、出生障害児が増えるなどというのも誇張されすぎている。
歳を重ねるにつれて貯め込む毒物が増えるがために広がった説であろうと思う。



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントnasman | URL | 2016-06-04-Sat 11:25 [編集]
誕生ではなくご懐妊ね。早産なのか!?と思って超びっくりした
失礼♪
コメントまっさん | URL | 2016-06-05-Sun 10:39 [編集]
なんかさ、みどりさんのお腹の中にいるということはすでにこの世界には誕生しているんだ! っという思いが強くなってしまい誕生となってしまいました(笑
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.