移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
374日目 移住直後のバタバタ
2015-05-09-Sat  CATEGORY:
引っ越し直後からのキーワードは

畑の整備

お家の大掃除( de 肋骨骨折)

田んぼの整備

下血(笑)

です

まずどうしても書きたい話題は

ありがたいことに「減速して自由に生きる」の高坂さんから

「菊芋を一反(300坪)の土地で栽培して買い取ってもらう」

というお話をいただいたこと。

誰が買い取ってくれるの? というと

LSL の田村さんという方です。こうさかさんの経営するオーガニックバー たまつき のお客さんで自然派なビジネスを企画する方のようです。

一反の畑はどうするの? っていうと

こうさかさんのお知り合いの方が3反の畑を無償で貸してくださるとのこと


・・・。


こうさかさん ありがとう! 師匠と呼ばせてもらいます!


我が家はたまつきに足を向けて眠れませんな!

菊芋は血糖値を下げてくれるインシュリンと同じような働きをする「イヌリン」という物質をとても多く含むのです。

血糖値をあげやすい食生活を続ける現代人の「インシュリン分泌で疲弊した膵臓」を休ませてくれるのではないでしょうか?(お酒飲みにも休肝日って必要でしょう? でもすい臓は休膵日を設けてもらえない可哀想な臓器の一つなのです)

さて貸してもらえる3反の畑は2~3年ほど、休耕地で背丈2mの草が生い茂る荒れ地となっていた。

3反、約1000坪の畑といわれても実感がない。。。
しかし実際にその場に立ってみるとすさまじく広い。
目安はサッカーグラウンドと同じぐらいだと思っていただければよい。

こうさかさんがブログで声をかけてくれて

東京から5人の助っ人を連れてきてくれた!

そしてその畑を使う、もうひとつの家族ありま夫妻も加えて、汗と泥にまみれながら開拓してくださったのです

高坂さん ありま夫妻 そしてお顔も知らない5人の助っ人、五十嵐さん/本田さん/碓氷さん/石井さん/加納さん

本当にありがとう! 
いつか恩返しさせてください!

おつかれさまでした! 当事者の我が家が行けなくてごめんなさい(←退職前の仕事が忙しくぜんぶお任せしてしまった)

詳しくは高坂さんのブログ たまにはTSUKIでも眺めましょ の4月16日を読んでいただくとして

参加者の方のメールとのことを以下転載

加納さんが帰宅後、メッセージをくださった。

今日は知識豊富な皆さんの話し聞いたり
実際草を刈ったりお宅訪問したり、、、
とっても学ぶ事の多い良い日でした!
疲れも心地よい疲れで、
頭でっかちな脳の疲労に体の疲れが少し追いついた気がします(笑)
脳の筋肉痛より体の筋肉痛のが遥かに心地よいですね。
体力使ってダイエットにもなるし、
作物育つし、自然の豊かさに感動も出来るし、、、万農ですね。
正直、私は今まで政治経済に大変疎く、
いろんな不安に気づき抱えながらも
都会の消費社会を普通に楽しんでいたタイプの人間なので
多くを語る事は出来ないのですが、
昨日の作業をしてみて改めて、
放射能を気にせず出来たらどんなに素晴らしい事か、、、
という当たり前の事が当たり前じゃない現状を実感しました。

転載おわり

さあ、我が家が引っ越しで手が離せないとき、たくさんの方のお手伝いで休耕地は「荒野」から「平野」にLVUPしました。

次回は100kgの菊芋の種イモの植え付けについて!


image1.jpg
↑ビフォー

image2.jpg
↑ビフォー


image1 (1)
↑アフター
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.