移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
329日目 地方で仕事を創る塾 2回目合宿
2015-03-26-Thu  CATEGORY: 非電化工房 地方で仕事を創る塾
3月14日、15日は待ちにまった合宿2回目!

往復7時間ぐらい電車でかかって電車酔いするし、往復6000円ぐらい運賃がかかるので車でいってみた。
下道で往復8時間を想定。ガソリン代は3000円を想定。自分で運転するので乗り物酔いもなし(ほんとなんで自分で運転するとだいじょうぶなのに、人のに乗ると酔うのかなあ)

んで行ったわけですが、予想以上に疲れた(笑
2日目の講義でちょっとバテテた(--;

しかし愛知県から車できてる人もいたので、上には上がいる。

直前の仕事も忙しかったからなあ

今回もとても濃い内容で愉しかったー!

藤村先生のお話もたいへん勉強になった。
全部書いていると、それこそ一冊の本ができてしまうので・・・(笑)

予防原則についてお聞きした。

これはある未知の危険性について、「安全性が確認されるまでは代替手段を模索しよう」ということで今の日本に足りない概念とのことだ。

スウェーデンでは、民衆活動の成果によってこの原則をほぼ100%とりいれているとのこと。
すごいなあ どんだけ国民みんなで頑張ったんだろう

今の日本は未知の危険性にたいして「とりあえず使っちゃおう。危険性が証明されたら使用を止めよう」ということで予防原則と真逆のことをしている。
資本主義経済の成長を加速させるためには新技術の導入がどうしても必要だからだ。
いってみれば資本家の都合で、民衆への安全性は後回しというわけだ。

政治家は資本家の操り人形なので予防原則なんてそっちのけ。

メディアでそんな政治家しかフォーカスしないもんだから、国民はそんな政治家しかいないもんかと思って消去法でそんな政治家に投票。もしくは絶望して選挙放棄か。

あー、でもほんとは

「国民の大部分がそういう腐敗に気付いてて、誠の政治家に投票しているんだけど、不正選挙のシステムがあってそれが正しく結果に反映されていない」

とかが真実だったら幾分か希望があるのになあ。


夜の交流会ではやはり0時ぐらいまで親睦を深めた。
だいぶ皆さんの顔と名前と人柄がわかってきて、安心してきたぞ!

二日目の講義ではだいぶ実践的な内容になってきて、みんなが考えた仕事のモデルをみんなで検討したりした。
やっぱり一人で考えるより、大勢のほうがいろんな角度からアイデアがでるんだなあ。
3人寄れば文殊の知恵 だね。

帰りに激安中古車ショップに、参加者の方達といってきた。
予想以上に安かった。軽自動車が6万円ぐらいで売ってた(笑
将来、軽トラとかが必要になったらここで買おうっと。

塾に参加して初めて知ったがディーゼルエンジン車は、廃油の天ぷら油でも走るらしい。
本来なら特殊な薬品で蒸留しないといけないのだけど、車を簡単に改造するだけで(2万円ぐらいでできるらしい)蒸留しなくてもそのままの油で走るようになるらしい。
とても美味しそうな排気ガスを出すんだろうなあ
天ぷらエコカー。

車の燃料費の呪縛から解放されるための一つの手段だな。いつかやってみたいね。

2日間の合宿があっというまに終わってびっくりした。
また次回が待ち遠しいなあ!

合宿後、右足の腿が痛いなあと思ってなんだろうと思ったら筋肉痛だった笑(アクセルとブレーキの繰り返しで)
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.