移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
246日目 半農半X
2015-01-01-Thu  CATEGORY: 哲学


陽都はつかまり立ちを始めるようになった。

新年明けましておめでとうございます。
今年は我が家にとって転機の年になることだろう

全力で良い年にしていきたいと思います。
皆様にとってもよい御年になりますように。

今日のタイトル「半農半X(エックス)」は新しい(?)生き方のモデルである。
農業で自分の食べ物を自給しながら、もう半分を自分の天与の才を生かした社会に貢献できる小さな商売をしながら収入を得るという生き方だ。
つい100年前まではだれもがそんな生き方をしてきた。

しかし資本主義の波が押し寄せてきて企業に雇われる「会社員」が当たり前になった。
100年前には約四万種類あった職種は、現在では2000種類ほどに激減した。

競争力のない小商いは衰退して時代遅れとなったように思われていた。

しかしそれは間違いだと「半農半X」と同名の本は訴えている。

なりふりかまわない大資本と張り合おうとするから敗れるのであって、大きく儲けようとせず、小さく、人情を大切にしながら行う「なりわい」はこの行き詰った経済を再生へと向かわせる大きな原動力となると指摘する。

大量の物を作って、売り付けるというこれまでのシステムでは、売り付けるための新しい市場が必要だし、不必要な消費を常に消費者に煽るための偽りに満ちた演出が欠かせないし、激しい技術競争、価格競争にさらされ、現場で働く人々を疲弊させる。企業としての利益を優先させなくてはならないため、自分の意に反した働き方になって、職場に意義を見失う人も多い。環境にも多大な負担をかける。

ところで半農は良いにしても「半X」のほうは敷居が高いように感じる。
天与の才と言われても多数の人が「私にはそんなものがない」と感じるに違いない。

これについては「ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方」という本にそのヒントが述べられていた。

なぜ、現代人の多くが

「自分にはなにもない」

と感じてしまうのか?

これは現代社会が労せず、ほとんどのことを人に与えすぎてしまっていることが原因であると述べている。ようするに自分でなにかを作り出す必要性がほとんどないので(買えば足りる)、創造性に関する感性が退化して錆ついてしまっているわけである。

ではどうするか?

これは田舎での素朴な生活や大自然とのふれあいの中で自然に呼び起されると述べている。
ようするに便利が人間を退化させるのであれば、すこし不便な生活をしてみるということなのだろう。

私の天与の才とはなんだろう?
私こそ「じぶんには取り立ててなにもない」と感じる人間の代表だろうと思う。

しかしそう思っているのは自分だけかもしれない と同じように悩む方に私は訴えたい。

たとえば私の場合

「他人の便まみれのオムツを取り替えることができる」 → 介護をやったことのない人の多くは「私には生理的に絶対無理」と主張する。

これは「絶対無理」と言う人がいる中で私はできるわけだから、私の才だろう。

「高齢者の話を長く傾聴することができる」 → 「老人の長話をずっと聞いてるのなんて私は絶対無理、気が持たない」と主張する人もいる。

これも「絶対無理」と言う人がいる中で私はできるわけだから、私の才だろう。

「何十冊・何百冊もの書籍をコツコツと読書して知識を得る」 → 読書が苦手だったり、忙しさのために読書できずに本来、必要な知識を得られていない人も多い。

これも私の才。

「常識に囚われない思考(変わり者と他人は言う(笑)」 → 常識に囚われて、疑うこともできず、食い物にされている人は多い。

これも才。

等々であるが、なんだこんな程度と思われるかもしれないが、こんな才がいくつか組み合わさるだけで意外とナリワイというのはできあがるものだろう。

それで大金を稼ごうというのではない。あくまで自分が生計を立てるだけの小さな収入を得られればいいのだ。
収入的にナリワイが一個で足りなければ、2個、3個、4個と組み合わせればいい。

だれもがこんな生活をする必要はもちろんない。
しかし社会や会社の歯車の一部となって摩耗するように働くことに心の奥で疑問を感じている人も多い。

「いまは不本意なことも多くて辛いことも多いけど、定年まで頑張って老後はゆったりと自分の好きなことをやるんだ」

こんな風に思いながら働いている人はいないだろうか?

「老後に自分の好きなことをやるんじゃなくて、いまこの若いうちに自分の好きなことをやりながら、もっと精神的にも(もしかしたら金銭的にも物質的にも)豊かに暮らせる」

といままでの常識をこれから私はぶち壊していこうと思います。
(まあ、すでに実践されている先人はたくさんいるので、偉そうなこと言いたいわけではないのです)

私が訴えたいのは生き方の多様性です。

競争社会で闘争心をかきたてられて生き生きと活躍する人がいてもいいし、人と争うことを好まず、ちいさなナリワイと農業で生計を立てる人がいても良い。

どちらでも選べるし、どちらを選んでも偏見のまなざしで見られることのない社会がくればよいと思っています。

現実的には世界を牛耳っている勢力からみれば、小さなナリワイと農業で生きる人は好ましくない勢力ということになると思うので(頑張って大量消費や労働をしてくれないので権力者に富を落さない)、真の情報の隠ぺいや偽の情報への誘導が多く実現は困難を極めるのでしょうが。

さて、そんな真の情報の隠ぺいについて最後に。

「自給自足生活っていったって元気なうちは良いけど、病気になったりしちゃったらどうするの? 会社勤めしていれば、労災で補償されたり、職場にいけない期間でも傷病手当金で生活が保障されたり、万が一、失業しても失業保険がもらえるよ」

だから会社勤めのほうが良い

なるほど、たしかに一理あるように見えます。

しかし私はこう思います。

現代社会の病気の9割以上は社会や会社でのストレスや、社会に満ちる社会毒(内服薬や不必要な対症療法、農薬、環境ホルモン、洗剤、遺伝子や品種改良された作物、抗生物質やホルモン剤で汚染されている肉、海洋汚染されている魚介類、電化製品から発せられる電磁波、食品に含まれる添加物、住宅の化学建材、放射能などなど)から作り出されている。

その中でも精神的なストレスや過労によるストレスはかなりの割合を占めている。そのストレスから煙草や酒、過食に走ってさらなるストレスを体に強いたり、ギャンブルや消費(買い物)に走って金銭的に余裕がなくなり、さらに仕事に縛り付けられる。

そして病気は生み出される。

そんな生活を繰り返す中での「保障」とは本当に魅力的なものなのだろうか?

「病気になったけど生活は保障された。よかった、よかった」

これが本当に正しいのだろうか?

「病気にならず、元気に暮らせた」

本当はだれしもこう思うはずだ。

以前の自分の過去ログから引用する


現在の日本の年間医療費40兆円弱。

1955年の国民総医療費2388億円(約0.24兆円)(このときの総人口9000万人)
それが
2014年の国民総医療費40兆円になろうとしているのだ(総人口約1億3000万人)

大卒公務員の初任給 1955年が9000円。
2014年が18万円

人口が約1.5倍になったしてお金の価値が20倍になったからといってこの医療費の増大はおかしすぎる。(ちなみに0.24兆円を20倍して1.5倍すると7兆円)
医学は日々進歩しているはずなのに、数値が逆の結果を示している。

引用おわり。

病気は一つ一つは小さな社会毒やストレスの蓄積によって作り出されている。

そこから遠い生活をすることは「会社勤めの保障」よりもはるかに本質的に自分や家族の健康や生活を護る手段になりえると確信する。












スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.