移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
232日目 千葉県夷隅郡大多喜町へ。
2014-12-18-Thu  CATEGORY: 自給自足生活

11月13日 大多喜町へ移住候補地の下見。

ここを選んだ理由は100万円の家づくりの著者、小笠原さんが住んでいるためだ。

農的暮らしをしている大先輩が移住を決めたのだから理由があるのだろう。
千葉の外房のほうで海にも近いが海抜も高く30mはあるので津波の心配もない。

小笠原さんが自分で建てたという2階建てのお家もみることができた。
こんな豪邸を個人の手で建てることができるのだ。

なら私に平屋が建てれないわけがない

と自分に言い聞かせ発破をかける(笑

大多喜町役場にて町のことや、移住支援、職のことなどを聞いて日帰り。

分ったことは以下。

大多喜町で300坪単位の土地を坪単価、1万円ぐらいで手にいれることはできる。
しかし山間部の町並みで小学校圏内には意外と畑が少ないような。

貸家なら月1万円ぐらいからある。

あまり移住者に開放的な土地柄とは言えないが閉鎖的とまではいかない。

更地に水道を引きこむのに50万。合併浄化槽を設置するのに50万ほどは初期投資が必要。(いくつかの市町村にある合併浄化槽設置による補助はない)

とりあえず町の不動産屋に連絡をとり、いい土地があったら紹介してもらえるように手配した。





スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.