移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
139日目 石鹸使わないと良いこといっぱい生活4(美容編)
2014-09-16-Tue  CATEGORY: 石鹸使わないと良いこといっぱい生活
fc2_2014-09-16_09-02-56-477.jpg

とろまき、長!
私昔、こんな形のボールペン、どっかのおみやげ屋さんで買ったことある。足の部分がペン先になってるのね。

前回の日記で書ききれなかったのは。。。

美容液とか乳液にも合成界面活性剤、はいってるんです。それ以外の有害物質も沢山。(発癌性・催奇形性等々)(長いので以後、合成界面活性剤群)

でも世の女性たちはこれがないと肌の老化を防げないし、美肌は保てないと思ってます。

「○○っていう美容成分が入っていて、それが肌を美しくしてくれる」

「肌の新陳代謝を高めてくれる」

「乳液、美容液を付けないとお肌がカサカサ」

「毛穴の汚れをしっかりクレンジングで落とさないと吹き出物が・・・」

等々

これはもはや私たちの確信です。

「TVで観るあの女優さんだって「毎日のスキンケアはとても大事」って言ってる」

「グランプリに輝いた新鋭のモデルさんの美容化粧品生活を雑誌で特集してた」



だから間違いない!




でもちょっと考えてみてください。

女優さんにしても、モデルさんにてもメディアに露出してお給料もらってる方々です。
化粧品会社と契約して専属になって、お給料もらってる方々です。
つまり、TVや雑誌、化粧品会社からお呼びがかからなければ、路頭に迷う方々なわけです。(言い方が失礼で申し訳ありません)

女優さんにしろ、TVにしろ、モデル雑誌にしろ、ぜんぶ化粧品会社や洗剤会社からお給料をもらう立場なわけです。
化粧品会社の営業マンから日々、接待とか受けて親しくお付き合いしている方々なわけです。

子供心で考えても、化粧品会社に不利益になること、言えませんよね

いや、むしろ、メディアで売れたいという野心を抱くならば、スポンサーである化粧品会社が喜ぶことを日ごろから口にしなくてはならない仕組みだということです。

合成界面活性剤を含んだ洗剤で顔を洗えば、油分と有用微生物群が失われ、肌がガサガサになるのは当然です。
お肌の水分、だだもれですからね。お肌に取り込まれるのは「美肌の有効成分」だけではありません。合成界面活性剤群もいっしょに入り込んできます。バリア機能は失われ、訳の分らん有害物質を含ませられるお肌ちゃん、たまったもんじゃありません。
しかもこの「美肌の有効成分」自体、根拠ありません。

「自然由来の「○○」を抽出」

とか言われると「凄そう」って思っちゃいますよね。

メーカーもそう思ってもらえそうなもっともらしい成分を次から次に見つけてきます。(そして希少成分だからと法外な値段で売る)

「でも、実際、研究や実証されてるんじゃないの? どこどこ大学の研究所で効果が証明されたとかよく書いてあるじゃん」

という声が聞こえてきそうです。しかし

論文、研究結果はほとんどがねつ造であると、世界の専門家が指摘しています。

どういうことかというと、ある物質の有用効果を検証するために30の検査項目を設定したとして、そのうちの28個がその有用効果を否定するものであったとしても、残りの2個が(偶然)効果を証明する結果だった場合、「この物質は有用効果があった」と喧伝できる仕組みなのです。

しかもデータの改ざん自体も日常茶飯事であると言われています。
アメリカの科学雑誌(たしかネイチャーかなんか)に掲載されている論文、複数について、その論文の内容を証明する書類の提出を求めたという有名な実験があります。

過半数(たしか8割ぐらい)を超える論文について、不備もしくは未回答であった。(簡単に書きましたけどこれ、凄いことですよ。世界的雑誌に投稿した論文の証明が不備なわけないですよね。なにか都合のわるいことがあって提出できないということです)

有名なたとえを紹介します。

「パブロフの犬」

「犬と人間の子供(このあたりですでに狂気を感じますが)の頬に穴をあけて、唾液の分泌量を計測できる状態にした。ご飯をあげるまえに、鐘をならしてから、ご飯をあげていたところ、鐘の音をきいただけで唾液がでるようになった」

っていう有名な実験です。
こんな学校の教科書に載るような有名な実験でも、じつはねつ造であったといわれています。

実際に鐘をならして唾液がでるようになった犬は30匹中、たった2匹。
残りの28匹は違った。

しかしこの実験をねつ造することによって、多大な利益をあげることができるようになった企業群があるのです。(脱線しまくってるのでまたそれは別の機会に)

そしてもし百歩ゆずって美容液などに含まれる「有効成分」が人体に本当に有用であったとしても、それを界面活性作用で無理やり、肌から吸収(血中にも入り込みます)させた場合ではないはずです。

善意ある専門家が「肌は一種の排泄器官である」と述べています。

肌の美しさを保つのは簡単なことです。合成洗剤で顔を洗う肌いじめはやめる。(若い方でどうしてもお化粧の必要性があって、それを落とすために夜、石鹸の必要性があるのなら、純石鹸で優しく優しく、化粧品の部分だけを落とすように洗う)

ミニマムヒーローズに感謝して彼らとの共生を心がける。

水道水の塩素にはなるべく肌をさらさない。

しっかりとした睡眠、休養をとる。(副交感神経を活発にするリラックスした生活)

玄米、菜食を基本とした真に身体によいものを充分な咀嚼とともに食べる。(これが美容に良いという情報を得てもそればかり、偏って食べない。玄米、菜食を中心に広くいろいろなものを食べる。旬のものを食べる)

食べ過ぎない。腹6~7分ぐらいでとどめる(食べ過ぎると消化吸収のほうに莫大なエネルギーがかかり、自然治癒力が弱まります。また老化に抗う、長寿遺伝子は空腹生活のなかで目覚めると言われています。(だいじょうぶ、現代で本当に身体に良いものを選んでたべていれば栄養失調になることはありえないのではないでしょうか)

それ以外の社会毒もなるべく排除する。

肌を美しくするのは、化粧品会社でも美容液でもありません。貴方の中の「自然治癒力」です。ほんとこれ以外にありません。
自然治癒力を阻害する社会毒をなるべく排除した生活に尽きます。

メディア洗脳返しとばかりに記載しますが、石鹸を一切使わないタモリさんですが、美肌で有名ですよね。
福山雅治さんなんてもうここであらためて語るまでありませんよね。

美しい肌を得る方法ってすごく簡単なんです。
でもTVとか観てると分からなくなります。(あの成分が良い とか あの商品が良いとかで惑わせる)

洗脳の排除
基本に立ち返る
灯台もと暗し
他人の芝生は青くみえる
青い鳥を探す心理の排除

とりあえず、大切な貴方の身体にメーカーと厚生省が認可してるから って安心して、よくわからない物質を塗りたくっていることが異常なことなんだと是非知ってください。
ぜひ、普段ぬっている化粧品の成分表示、確認してください。
ほぼ化学物質である社会毒しか書いていないのに驚愕すると思います。

化学物質は程度の差こそあれ、人体にとっては異質、有害であると断言して支障ないはずです。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.