移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
29日目 予防接種の害
2014-05-30-Fri  CATEGORY: ワクチン 予防接種の嘘
職場のみんなからのお祝いでnapnapの抱っこひも購入。定番のエルゴの抱っこひもと並んで評判が良い。メッシュ構造になっており、海外製のエルゴよりも高温多湿な日本には合っているようだ。みんなありがとうございます。

ベビーカーと揺りかごはヤフーオークションで購入予定。新品を買うより4分の1ほどの値段で手に入るのだからお得だ。
新品を買うのは簡単だが、同じ機能のものが中古で手に入るのなら検討すべきだろう。新品できれいなものが良いというのは親の見栄も含まれるのではないだろうか。このぐらいの年齢のあかちゃんはちょっとぐらいの汚れがあったって別に悲しまない。機能的であれば良い。ちゃんと洗えば衛生的だ。浮いたお金で真に子供のためになる使い方を考えればいいのだ。(安全な食品や子供の将来のための教育、、、親の老後のためのお金を貯金するのだって将来子供に金銭的な迷惑をかけないための立派な使い道だろう)


ワクチン接種・予防接種の話。

「ワクチンの罠」  船瀬俊介 著

なにから書き始めればいいのだろうと戸惑ってしまうような内容だ。

結論からいうと現時点ではいかなるワクチン接種も陽都には受けさせるつもりはないということで、嫁と合意するに至った。
ワクチンがいかに有害で病気を逆に作り出しているのか。なぜそんな有害なワクチンが国政にも絡んで広まっているのか。なぜ多くのひとがその事実を知らないのか。だれがそれによって利益を得ているのか。そのような内容だ。

いままで私は医学は万民のためにあって、日々万民の健康と難病克服のために邁進しているのだと思っていた。
しかしそれはとんでもない思い違いだったのかもしれないとこの本は気付かせてくれる。

まったく逆のベクトルをもった勢力がこの世界にはあって、万民に病気と薬害をまきちらし(それをまきちらすための毒をワクチン接種の名の下に巧妙に仕組み販売して利益を得)、発病した病気を治療することによって必要となる薬剤などでまた、莫大な利益を得る。またそのような勢力にとって現在の増えすぎた地球人口は不都合があること。そのための人口抑制にワクチンが利用されている可能性があること。

う~ん ここまでの内容、この本を読む前の自分が読んだら「頭おかしいのか こいつ?」って思うだろうなあ。。。

ということで、これを読んでくださった方が「陰謀論者 あほか」と思われるのは至極当然。仕方ない。

しかしあなたやあなたの大切な人を守るための大切な情報なので一読を強く勧めたい。
図書館などで借りることができる場合もあります。
読めば私が上に書いた内容について一考の価値があると分かってもらえるとおもう。


最近の陽都の動向は。。。

しぐさが可愛い。

嫁は泣き顔が可愛くて仕方ないようだ。
私はおっぱいをねだる時の口を尖がらせてモゴモゴするしぐさがたまらない。

何十年後、この子が成長していくつになったとしても、私の脳裏には、この姿が消えることはないのだろうと感じる。

ところで親父が最近になってラインで発言していた内容だが、私が赤ん坊のころ、親父は私をお風呂にいれたことがないのだそうだ。それが父親失格だったと。しかし私が赤ん坊のころ、親父はまだ20代だった。私も自分の20代のころを思い返せばまだ父親になる準備は整っていなかった。また人間の情緒成熟や人格形成は外部因子(幼いころの環境など)が大きく関与して本人の力だけではどうにもできない部分もある。

だからあまり気にしないでほしい。

こんど陽都を実家に連れていくのでそのとき、お風呂にいれてあげて欲しい。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.