移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
贅沢なラーメン 1360/431日目
2018-01-16-Tue  CATEGORY: 自給自足生活
2018年1月15日 月曜日 晴れ

寒い毎日が続きます。
もっとも寒い時期でしょうね。



どんぐり山農園から先日の廃鶏の鶏がらをもらってきました。
このボールは30リットルぐらいの大きなボールです。横にした車のタイヤのうえに乗ってることからもその大きさがわかりますね。
15羽分ぐらいの鶏がら。



沸騰したなべに入れて、すぐにガラをあげ、一度お湯を捨てて、そこに出汁がでやすいようにハンマーで砕いたガラをもう一度投入。

知り合いが育てた無農薬のネギ
どんぐり山とうちで取れた有機のショウガ
どんぐり山の有機のにんにく。

そしてどんぐり山のNo遺伝子組み換え飼料 No抗生物質 減農薬・無農薬の国産自家配合の飼料を食べて育った平飼い名古屋コーチンのガラ!

その筋の人が聞いたら、なんて贅沢! と悲鳴をあげそうなラインナップです。(一般の人にはなんのこっちゃでしょう(--;




家の整備や作業の合間に薪くべの面倒をみてあげながら、10時間煮込んで完成。
仲間にけっこうあげちゃったあとだけどこのなべは60リットルなので、それでもけっこうまだ入ってます。




ラーメンこしらえました。

トッピングは自分ちでとれた固定主の小松菜
どんぐり山の卵の煮卵
10時間煮込んだガラからはずした肉(チャーシューみたいな感じですが、シーチキンみたいな柔らかさでもあります)

ラーメンの器に自分ちで仕込んだ醤油をいれて、そこに鶏がらスープをお玉一杯。
そしてお湯を注いで溶かせば、完成です。

味付けは醤油と鶏がらスープのみ。
最近、ラーメン屋さんで食べられるラーメンは 魚介やとんこつの出汁で大変複雑な立体感のある味で美味しいですが

こちらは その対極をいく、極シンプル!

しかし無化調の汁まで全部飲み干せる一品です。

一般的に鶏がらというのは、年齢の若い個体よりも年をとった個体のほうが、旨みがよく出るといわれます。
だから廃鶏というのはガラに最適なわけですね。

まあ、そのラーメンの味は推して知るべしです♪
鶏がらスープはまだ死ぬほどあるので、冷凍しておきましょう。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/04 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2018 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.