移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
16日目 引き続き千葉の実家。
2014-05-16-Fri  CATEGORY: 育児
15・16日と私は連休。猫も連れて千葉の実家にお泊り中。
最近の動向はというと、夜間の頻回な夜泣き対策として規則正しい生活リズムを作っている。
朝はしっかり日にあてて、体内時計をリセットし、クラシック音楽で日中を活動的に。
夕方、夜は弱い電球色にして蛍光灯の明るい光にはなるべく当てないようにして、メラトニンの生成を促し、眠気を誘う。

ミルクでもオムツでもないときに泣くときがあるが、そういうときは甘えたいのだとしっかり抱っこしてあやす。
昔は抱き癖がつくからと敬遠されていたことだが、最近の研究では悪いことではないようだ。

抱っこしてほしいときにしっかり抱っこしてあげず、満たされないと子供の潜在意識化に

「自分は大切にされない存在」という劣等感を刷り込むことになってしまうのだそうだ。

それが素直な人格形成に悪影響を及ぼす可能性があるとのこと。

手動の搾乳機を買って余剰の母乳を保存しておけるようになった。
哺乳瓶は乳首が硬いもの(吸う力がないとなかなかミルクが出てこない)ものを訓練として採用していたが、まだ陽都にははやいようなので、一段階、やさしいものに替えた。

母乳も少しずつ出るようになったので、寝るまえに飲み溜めできるようになった。

最近は夜間22時、3時、6時となかなか良い睡眠リズムになってきた。

子供は夜の8時までには出来れば寝かしつけるべきだそうだ。
これには親も生活パターンを改善しなくてはならない。

15日は千葉から東京医科歯科大学へ。
片道2時間弱。
車の中でも揺れにも音にも動じずよく眠る子だ。
大助かり。
生まれた時は3000gだったが、その後体重は減るものなのだそうだ。
退院時2786g

そして今回の受診時、2928gだ。
だいぶ戻ってきた。
これでも基準値ぎりぎりとのことだ。
しかしこれでノイローゼになってしまうお母さんもいるようなのであまり気にしない

この子は元気だし、良く泣くし、よく母乳を吸うし、良く眠るし、よく排泄する。
だからこれがこの子のペースなのだと思って気にしない、気にしない。

ところで嫁が実家に帰って、私は一人暮らしだが、なんかすぐに口内炎とか出来始めた。
仕事が忙しいのと、家に帰ってきても育児やこの子の健康のための本などを読み漁ってて寝不足気味なのもあるけど、やっぱり一番は外食が増えたせいだろうなあ。いつもしっかりご飯を作ってくれてた嫁に感謝。

こういうのも改めて実感できるし、離れて暮らしてみるもの悪いことじゃない。
明日は仕事なのでいまから帰るところだが、この別れのときは寂しいけど。
陽都くん、また一週間後ねえ

はると


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.