移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
どんぐり山農園 研修4日目 1187/302日目
2017-07-31-Mon  CATEGORY: どんぐり山農園
7月30日 日曜日 曇り時々晴れ そこそこ蒸し暑い

陽と月農園おっちーです。

2セット実施

右 0.14 (↓)
左 0.15 (↑)

今日はどんぐり山農園の研修4日目です。

本日は草むしりとキュウリの苗の定植、ネギの苗の定植、小松菜の種まきをしました。

ネギを植えるための畝には透明のマルチが張ってあります。
これは1カ月ぐらい前から張ってあって、太陽光線の熱の力で土壌中の草の種を焼くのだそうです。
ネギを植える時はこれをはがして植えますが、その後草はほとんど生えず管理しやすいのだそうです。

しかし! スベリヒユという肉厚の雑草だけは熱に負けずはびこっていたのでした。
こいつら、バケモノだ・・・
これは手でひたすら抜きました。

農業は日々研究だそうです。

キュウリは合掌型の支柱に沿ってたいへん、収穫が楽なように仕立てられていました。
うちの草にのまれた地這いのキュウリはどんぐり山の先生には見せられんな(--

帰りに支柱を分けてもらったので、家でもそのようにやってみようと思います♪

いつも野菜をいっぱいもらって帰ります。
これは私にとっては無農薬と信頼できる有機肥料で作られたほんとうに貴重なものです。

3歳の長男にも安心して食べさせられますし、それを選んで子どもに提供できることを、そしてそのときの彼の顔がほんとうにおっちーとみどりさんを幸せにしてくれます。

彼は青臭い野菜が苦手です。
普段はまったく口にしないのですが「これはどんぐり山で採れた野菜なんだよ」というと

「どんぐり山!!?」

と少し食べます笑

話の流れとは違いますが、子どもにとって

「どんぐり」という単語がツボなようです

おっちーも子どものときにどんぐり拾ってポケットにいれて帰ったなあ
そういえば、そのあと、あのどんぐりどうなったんだろう?

母親がこっそり捨ててたんだろうなあ

時代は繰り返すのですね♪

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.