移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
にわとりのとさつの方法 第1107・221日目
2017-05-12-Fri  CATEGORY: 命の授業・鶏解体
5月12日のブログ 25℃ぐらい 晴れ

どうも陽と月農園 おっちーです

今日得た伝え聞いた情報はまったく盲点でした。

命の授業 にわとり解体ワークショップでは鶏に可能なかぎり苦痛のないとさつを目指しております。
生きたまま頸動脈を切られて血抜きされるのは残酷ではないか
苦しいのではないか

そう考えておりました。

しかし、頸動脈を切られて血が噴き出した瞬間、血圧は急激に低下し、あっというまに意識は混濁
眠るように気絶するというのです。
ニワトリは暴れることなく絶命するそうです。

しかしその際、傷が深すぎると奥の方にある気道などに血が流れ込んで苦しんで暴れるというのです。

前回の解体のときに首のない鶏がバタバタと暴れ、走り出した話をしました。
あれは苦しんでいたのではないか?

という仮説が浮上したわけです。

もちろん、最先端の現代科学において、脳を失った肉体が苦痛を感じるなんてナンセンスなのは承知しております。
しかし1000年後の最先端科学からみれば、現代の科学は残念ながら時代遅れの化石のようなものでしょう。

そもそも、首を刎ねられた肉体が走ったり、とび跳ねたりしたりすること自体、ナンセンスのような気がします。
走ったり、とび跳ねたりする動作はいろいろな筋肉などが繊細に連携しあいながら実現するち密なプログラミングのように感じます。

そういえば科学の粋を集めた歩行するロボットを初めて造ったとき人類は熱狂しましたね

ただの死後の筋反射でそのような複雑な動きがほんとうに実現するのか?

あらゆる可能性は考慮して頭にいれておく必要があります。

「これで正しい」と思い込んだ瞬間から、成長は止まり、闇が広がりはじめるように思います。


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.