FC2ブログ
移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。ホームページもどうぞ hitotukinouen.jimdofree.com
ゼロから始めた移住生活 おっちー家・就農1年目
どんぐり山農園 就労5日目 1512/588日目
2018-06-26-Tue  CATEGORY: どんぐり山農園
2018年6月22日 金曜日 晴れ

本日のどんぐり山は草刈とジャガイモの収穫です。

ジャガイモはトラクターの後ろにつける収穫期でやります。
やったことがなければじゃあ簡単じゃん♪
と思うがそうはいかない!

まずはジャガイモのうねの周辺の草をかります
次にマルチを延々はがします。
トラクター収穫期を稼動
うねの上に転々と浮かび上がってきたジャガイモを腐っているものや小さいものを弾きます。
残ったものを半日ぐらい放っておいてよく乾燥させます。
そんで拾い集めます。
正味半日仕事ですねー
腰いてー

そして今日は夏日
ああ・・・くたびれた



そして桂さんのどんぐり山ランチでのオアシス


からのー


午後も草刈(笑



雑草刈りは自分の心の雑念刈りである


とは誰の言葉だったか おっちーが暇つぶしに言っただけか(--;


休憩中に桂さんから聞いた話で、最近、農業で疲れたからだのメンテナンスのために
治療院にいっているのだとか。
そこはいままでたくさんの整形外科や整体にいってもよくならなかった不調を一回で劇的に改善してくれたのだとか。
内臓機能にまでアクセスして根本的治癒の昇りのエスカレーターに体を乗せてくれる施術。
この状態になってからはじめて、次の整体などの治療が効果を帯びてくるという。
今回2回目の施術だったそうだが、脈をみた術者さんに
「脈が前回より力強くなっている」
と言われたそうです。
なんだかスゴイ
千葉県山武郡芝山の「治療院 るか」から目が離せませんな!


陽と月(ひとつき)農園の野菜

注文可能
ジャガイモ
品種はお客さんが選べるほど大量にないので選べません
キロ350円
男爵
トウヤ
キタアカリ

予約可能
里芋(10月末ぐらい?)
土垂れ
サツマイモ(9月はじめ?)
ベニアズマ
ベニハルカ
カボチャ(8月中旬?)
カチワリ(自然農法研究センター種子 固定種)
奥会津金山赤かぼちゃ(在来種 甘くてオススメ!)
以下作付け中・・・

陽と月農園の栽培原則
・遺伝子組み換え NO!・・・肥料や堆肥に至るまで遺伝子組み換え作物や飼料についてNOします。
・無農薬・・・一切の農薬を使いません。有機JAS認定農薬も使いません。
・薬剤NO・・・抗生物質や添加物、保存料などは自分では使わないのはもちろん、使っていない(もしくは減らす努力をしている)原料を使用します
・堆肥は必要最小限・・・硝酸態窒素の作物への残留や環境への負担を考え最小の堆肥・もしくは自然栽培を目指します。
・在来種・固定種を優先・・・可能な限り、在来種や固定種を使います。しかし美味しい野菜を作りたい、また作業効率の向上による農園作業者の負担軽減を達成し永続的な運営確保のためにF1種(雄性不稔種)もときには利用させていただきます。
・自分の子どもに自信をもって食べさせられる野菜を作ります。

ご注文・ご予約は
当ブログコメント欄
または
フェイスブック 越智 雅紀(おっちー/まっさん)
または
070-2684-3085
または
hitotukinouen@gmail.com
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
建築 母校 1508/584日目
2018-06-24-Sun  CATEGORY: 建築 在来工法

2018年6月18日 月曜日 晴れ

陽と月農園おっちーです
本日は建築の母校の非常勤講師 初日でした。

懐かしい学びの舎
あっというまに過ぎ去った1年間

一心にのこぎりを挽き、ノミやカンナを振るった日々

帰ってまいりましたー
週に一回ほどの通いになります。

しかしおちこぼれだったおっちーがまさか非常勤講師とは、、、

ほんとうに不思議なものです

講師といっても恩師の先生の補助という感じです。

しかし生徒に聞かれることもある・・・

「おち先生 ここはどうすればいいんですか?」

「えーと。。。どうだったかな・・・えーと・・・うーーんと。。。。。。。。恩師せんせー ここどうでしたっけー!?」

うわー 死ねる
給料どろぼーにならないようにがんばります。。。(--;
トラックバック0 コメント0
どんぐり山農園 就労4日目 1507/583日目
2018-06-23-Sat  CATEGORY: どんぐり山農園
2018年6月17日 日曜日 晴れ

7月からの話だったと思うのですが、5月よりどんぐり山の師匠はおっちーをパートタイマー? アルバイト? として認定してくれたらしくお給料をもらいました。

ということで研修日記は終了です。

就労日記になります。

賃金をいただく以上、もちろんその金額分の仕事をしなくてはいけません。
研修生気分では支障がありますので、就労日記となります。
週に一回ほどのペースでの通いになります

本日は梅雨の晴れ間ですので草刈機で草刈を行いました。
畦や通路の草を刈って、それを集めて一箇所に積み上げます。

これは来年腐植して、それを再び畑に播けば、そのまま畑の堆肥になります。

これは大変手間のかかることです。
価格も安く、濃厚にもっと強く効く肥料や堆肥はいくらでもあるのでしょうが、安全性の面から師匠は妥協しません。

草を刈ってそれを軽トラにのせて一箇所に積んで、またそれを来年畑に播く
軽トラ山盛り4台分ほど

環境に負担をかけない農業は、農業者に(身体的)負担をかける農業です(笑

しかしかっこいい♪

a href="http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/img/fc2blog_201806230905155fd.jpg/">

本日の桂さんのどんぐり山ランチ
ほかほか ほくほく ジューシー♪

トラックバック0 コメント0
移住者歓迎会 in 匝瑳 1507/583日目
2018-06-23-Sat  CATEGORY: 自給自足生活
2018年6月16日 土曜日 曇り時々晴れ

陽と月農園おっちーです

本日は今年の移住者歓迎会ですね。

4組の家族をお迎えしました。

総勢30名ちかくの賑やかな会になりました。

うちの子たちもつれていったのですが、このような世代の違う人たちとの交流は彼らにとってもとても貴重な体験になると思います。
たくさんの大人たちにかわいがられ、同年代の移住仲間の子どもたちと駆け回り、ほんとうに親としてほほえましい。

元気に育てよ 子どもたち

とか思ってたら

ありゃ、、、グラスこぼした・・・

おー、料理こぼして回ってる。。。

あ ひとんちのかばん漁ってる・・・

うわー フォークと箸をもって走り回るな

こら 人様の皿から食べ物をとるな

うぁ・・・ 外から昆虫もってきた。。。。

あー・・・あっちで喧嘩はじめて泣き叫んでる

はぁー・・・ふたりしてウンチもらしましたね




ちょっとだけ元気すぎますねー・・・・・
子元気な分だけ親がぐったりするよねー・・・




お料理はみんなもちより
多国籍の料理が並び、楽器演奏が始まったり、たいへん贅沢なランチタイムになりました。






数日前、匝瑳市の里山活動の中心的な役割を果たしてくださっていた移住の大先輩が亡くなりました。
68歳。

数十年前、移住してきて、地域と移住者を繋ぐ役割をしてくださっていた偉大な方でした。

おっちー一家のことも大変気にかけてくださって、なにかにつけては食べ物を持ってきてくださったり、先日は就農祝いに作務衣をいただいたりとお世話になりました。

青木栄作さん、あなたがいたから、SOSA PROJECTがあり
その伝手で私たち一家も匝瑳の地にご縁がありました。

ほんとうにありがとうございました。
またいつかお会いしましょう!


トラックバック0 コメント0
どんぐり山農園 研修 67日目 1502/578日目
2018-06-21-Thu  CATEGORY: どんぐり山農園
2018年6月11日 月曜日 雨

本日のどんぐり山はとても強い雨だったのでハウスにて
ミニトマトの支柱 誘引と芽かきをしました。

この間苗を移植したばかりなのに、実をつけて順調に育っています。
うちより早い!

やはり土の状態によって移植前にすでに勝負は決しているのでしょうね。
すごいなあ・・・

どんぐり山ではトマトは一本立てだそうです。

トマトは脇という脇から必ず側枝が伸びます。
ほっておくとこれは主枝の分身ですからまったく主枝と同じように成長していきます。

感じとしては側枝を10本放っておけば、10倍茂る(実際には側枝からさらに側枝が出るのでもうわけわからん)

ある程、度実に養分を凝縮させなくてはいけないので、整枝が必要になるわけですね

ここがトマト栽培の手のかかるところです。
おっちーも自分のところのトマト整枝しなくちゃ!

本日は雨足が強まってきたので午前中のみで終了!
トラックバック0 コメント0
みやもと山の結婚式 1501/577日目
2018-06-13-Wed  CATEGORY: 自給自足生活
2018年6月10日 日曜日 雨

本日は匝瑳で1000年つづく農家 みやもと山での結婚披露パーティに出席してきました。
ご自宅に100人のゲストを招いてのパーティ

ちょっと普通のお家ではまねできない芸当ですね。

都市にもたくさんのファンをもつ農家さんなので、招きたいゲストはとても100人では追いつかなかったようです。その貴重な100人のなかに(実質はみどりさんとおっちーだから二人か)いれていただきまして大変光栄です。


 

花嫁手作りの名札
椿の葉でしょうか? おしゃれです。

でてくるお料理もオーガニックなもので美味しいものばかり
食にこだわるみやもと山が招いた御飯屋さんのケータリングサービス。

本当の贅沢とはなにか というところを考えさせられ
ほんとうに贅沢な時間を過ごさせていただきました。

このような場に二人の子どもも出席させてあげられ、親としてほんとうに誇らしい。


有機米を生産するみやもと山のウエディングケーキならぬ
ウェディングライス

花婿がほおばるは、通常の数十倍もあるオニギリ

こんな幸せなパーティが子どもたち二人が出席する最初の結婚式です。
親としてこんなにうれしいことはありません。

最近、たくさんの方に出会い、強く思うことがあります。

幼いころ、幸せな家庭に育った子どもは大人になってからも、世界や家族などの形式について肯定的に見るようになる。

幼いころ、悲しい想いをして家庭をみながら育った子どもは大人になってからも、世界や家族などを否定的に見るようになる。

世界は希望に満ちて美しいのか? それとも救いようがないのか? 人間とは醜いのか? それとも美しいのか?

私たち人間は、神の俯瞰的視点ではなく、自らの過去の体験にもとづいてそれを判断している。

なんともやるせない想いを感じることもあります。

トラックバック0 コメント0
きじのタマゴ 1498/574日目
2018-06-13-Wed  CATEGORY: 陽と月農園
2018年6月7日 木曜日 晴れ

陽と月農園おっちーです。


家の近くの耕作放棄地 正式(?)にお借りすることにしました。


ここ数年借り手がいないということ。

前の借り手の方が牧草を播いていたのでいまでも大量の牧草が茂る。


以前除草剤をまいているのを見ているので、それよりはおっちーが草刈機で管理したほうがいろいろ環境のためにもよさそうです。(以前からたまに刈っていたのですが、今回ついにお礼の品や報酬などをもっていらっしゃってしまったので、御気使い無用にするためにお借りすることにしました)


前年除草剤を播いていたのとおもうので、あと2年ぐらいは畑をこのまま休ませたのちに作付けできればなあと思っています。


ということで今日も草刈していたのですが、キジの巣を見つけてしまいました。

無傷だが見晴らしがよくなってしまったのでまた温めに親鳥はきてくれるでしょうか?


周りを枯れ草などでおおって目隠ししてあげましたが、どうなるか?

キジには申し訳ないことをしました。
トラックバック0 コメント0
雛 移動 1494/570日目
2018-06-04-Mon  CATEGORY: にわとり育成
2018年6月3日 日曜日 晴れ

陽と月農園おっちーです。

風邪でダウン中もやることはやっておりました。

 
たんぼの草とりと苗の補植。
草取りはどんなにきつくても適期にやらないとあとで10倍きつくなって帰ってきます。(経験済み)

3年前の草との死闘はこちら

 
大きくなってきた雛を成鶏舎に移動しました。
敷料として落ち葉、もみがら、藁を敷いてあげたら大喜びで掘りかえして食べたり、飛び回ったりしてます。

 
こたつみたいだけど寝床つくってあげました。

 
腐葉土と雑草を投げ込んであげたところ
大喜びで群がってきます



夜中、ちゃんと寝床で寝ているかチェックしにいったら
とんでもないところで群がって寝てました

ひよこ丼

ですな


予約可能
陽と月農園の野菜

ジャガイモ(6月中旬ごろ?)品種はお客さんが選べるほど大量にないので選べません
キロ350円
 男爵
 トウヤ
 キタアカリ
里芋(10月末ぐらい?)
 土垂れ
サツマイモ(9月はじめ?)
 ベニアズマ
 ベニハルカ
カボチャ(8月中旬?)
 カチワリ(自然農法研究センター種子 固定種)
 奥会津金山赤かぼちゃ(在来種 甘くてオススメ!)
以下作付け中・・・

陽と月農園の栽培原則
・遺伝子組み換え NO!・・・肥料や堆肥に至るまで遺伝子組み換え作物や飼料についてNOします。
・無農薬・・・一切の農薬を使いません。有機JAS認定農薬も使いません。
・薬剤NO・・・抗生物質や添加物、保存料などは自分では使わないのはもちろん、使っていない(もしくは減らす努力をしている)原料を使用します
・堆肥は必要最小限・・・硝酸態窒素の作物への残留や環境への負担を考え最小の堆肥・もしくは自然栽培を目指します。
・在来種・固定種を優先・・・可能な限り、在来種や固定種を使います。しかし美味しい野菜を作りたい、また作業効率の向上による農園作業者の負担軽減を達成し永続的な運営確保のためにF1種もときには利用させていただきます。
・自分の子どもに自信をもって食べさせられる野菜を作ります。



ご注文・ご予約は
当ブログコメント欄
または
フェイスブック 越智 雅紀(おっちー/まっさん)
または
070-2684-3085
または
hitotukinouen@gmail.com

トラックバック0 コメント0
治癒の病 1491/567日目
2018-06-04-Mon  CATEGORY: 育児
2018年5月31日 木曜日

はい、おっちー家
風邪の巣窟と化しておりました

先週の金曜日ぐらいから下の子が咳と鼻水 発熱
日曜日の夜からおっちーが頭痛、咳と発熱、全身の痛み
日曜の夜からみどりさん、頭痛・全身の痛み、咳と鼻水

火曜日ぐらいから上の子 咳と鼻水

ということで、大人も死ぬほどつらいのに、子どもたちが保育園にいけないので家で面倒をみなくてはいけない。しかも子どもたちは意外と元気で家で暴れまわっている(--

そして下の子が咳と喉の痛みで夜、眠れず、泣き叫び、みんな眠れず体力はおちボロボロという黄金パターンですな

おっちーは38度台の熱と咳が三日三晩つづき、3日断食。ここ数年では、いちばんの苦しみにのた打ち回ったのでした。

おっちー家が採用する病に対する考え方は 浄化 です。

野菜などの植物で考えてみるとわかりやすいのですが、余計な肥料を与えすぎると野菜は病気になったり、腐ったりします。
これは野菜の細胞内に特定の成分が増えすぎて、それを分解するために微生物が入り込んだ状態と考えます。微生物はそれぞれ何を分解するのが得意なのかによって、自分が得意とする成分を分解(食べてくれます)

人体も同じことで、疲労がたまって肝臓の働きが弱ると、肝臓で分解が追いつかなくなった廃物や食品添加物などが体の中の細胞内や細胞膜に蓄積していきます。
それは細胞の新陳代謝(生まれ変わり)にともなって、定期的に血中に放出され、血液にも混ざります。

この状態になったときにその特定の成分(化学物質など)を分解するために細菌やウィルス感染が起こると考えます。

おっちー家にとってそういうわけで、風邪は「優しくて、愛に満ち溢れているんだけど、それを素直に表現できなくて言葉を荒げる不良少年」のようなものです

だから薬で咳を押さえ込んだり、鼻水を止めたり、熱を下げたり、抗生物質で菌を殺したりしようとは思わないわけですが、今回の不良少年、ちょっとオイタが過ぎるんですけど。

暴れすぎだろう

という感じでのた打ち回ってました(--

治癒が完了間際だなあと思うのは 濃い鼻水が次から次に出てくるようになったらです。
分解の終わった物質がウィルスの死骸などとともに出てきていると思うようにしています。

それにともなって足のおもだるさなども軽快していきます。

今回農家として就農してから、お茶休憩の時間をいうのを設けてから、けっこう市販のお菓子とかを買い込んできて食べるようになっていました。(がんばってるからいいだろー みたいな感じで@_@

これがけっこういけなかったんだなあと反省いたしました。
みどりさんもここ数年おさまっていた手のササクレがここ最近復活したそうです。

食生活ほんとうに大事 効果覿面だなあと反省いたします。



トラックバック0 コメント0
どんぐり山農園 研修66日目 1486/562日目
2018-06-04-Mon  CATEGORY: どんぐり山農園
2018年5月25日 金曜日 晴れ

陽と月農園おっちーです。

本日のどんぐり山研修はきゅうりのアーチ支柱建てですね
これは30mに及ぶ人が中に入れるぐらいの大きさの支柱です。

まっすぐ歪まないように建てるのは長年の経験ですね。

もちろん地這いでもきゅうりはできるのですが、農業としてそれをやった場合、収穫の手間がかかりすぎて大変なのだそうです。

見事な支柱が出来上がりました


・・・・



その見事な支柱の写真をみせろよ という感じでしょうが
例によって撮りわすれました
もうしわけございません m(_ _)m

ダメダメだー(--


 
桂さんのオーガニックどんぐり山ランチ!
東京青山のオープンカフェとかで出てきそうなランチ@_@


 
どんぐり山の無肥料・不耕起栽培のナスですね
師匠の農園はいつだって新しい取り組みの連続です。

おっちーも見習って精進いたします♪

しかし最近からだがおもい
足がダルイ

体よ あとすこしもってくれ。。。
春の植え付けも終盤だ!

トラックバック0 コメント0
<< 2018/06 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2018 ゼロから始めた移住生活 おっちー家・就農1年目. all rights reserved.