FC2ブログ
移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。ホームページもどうぞ hitotukinouen.jimdofree.com
ゼロから始めた移住生活 おっちー家・就農1年目
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本物のカツオ魚粉 1485/561日目
2018-05-26-Sat  CATEGORY: 未分類
2018年5月24日 木曜日

陽と月農園おっちーです
師匠から紹介してもらった熊本県の魚粉屋さん
そこから鰹の魚粉が届きました

圧搾などを行わず、天然のカツオが原料
しかも酸化防止剤も不使用

このへんのすごさは私たちのようなマニア?(笑)にはほんとうに
感涙もののすごさなのです。

おそらく国内でこのような貴重な飼料が入手できるのは、ほかにあるのか? ないのか?

というぐらいすごい。
値段も20kg 4000円と普通の養鶏農家さんが聞いたら呆れて原価計算する気にすらならないという感じでしょうか^-^;

しかしここは拘りたいところです。

一般的には配合飼料という全部ミックスされた完全飼料を購入して鶏に食べさせるのがいちばん、採算がよいといわれています。

値段がやすいし、自分のところで配合する手間もない
しかしやはり気になる部分も多いです。
遺伝子組み換え作物や保存料、添加物に始まり、そのたんぱく質の主成分は豚や鶏の肉や内臓(丸ごと骨も)だそうです。

BSE(狂牛病)問題で牛の内臓を添加するのは禁止されましたが、豚や鶏はよいのだろうか?
いずれ同じことが起こるのではないか。

鶏に鶏を食べさせる共食いはどうなのだろうか?

世界には食人を行う民族もあるそうですが(家族が亡くなると供らいの意味で食す)、その民族に狂牛病に似た病が流行るのも気になるところです。

なんかだいぶ恐ろしい話になりかけたので話を戻すと

まあ、たのしい雛の飼料づくりというわけです


037ED19E-4B03-4076-A924-949595D9950C.jpg 
師匠から分けてもらった無農薬の米糠
自家製の米の研ぎ汁乳酸菌発酵液
糖蜜少々
今回のカツオ魚粉

このカツオ魚粉は酸化防止剤(ようするに殺菌剤)を使用していないので、常温だとカビてだめになります。
微生物(生物)が繁殖できる = 食べ物として安心

という構図なわけですがなにしろ、そういう理由で発酵処理しておかないと常温保存できないわけですね。

発酵とは人間や鶏にとって有用な微生物にそのものを食べてもらい、その微生物に大量繁殖してもらうことで、そのほかの人間や鶏にとって有害となる微生物やカビが付け入る隙をなくす

という肯定です。
米糠はそのような菌がおおく住まうものなのですね。

A240625F-1ABF-4538-BCB2-4E1F75C3AB96.jpg 4CA3CF51-4375-44DE-8269-1C2BDA8A29B5.jpg 
昔ながらの本物を存続させてくれている陽商店に感謝いたします。

7F6AE02B-BDCE-49C8-B9EE-076CE4AA7C6F.jpg

完成したものを樽につめたら、暗所に保管2ヶ月といったところでしょうか?
このような動物性のたんぱく質は雛の成長に激烈な起爆を与え、体躯を大きくし、性成熟もはやめ、産卵時期を早めるそうです。

しかしそれは諸刃の剣
裏返せば老化をはやめ産卵期間をせばめるそうです。

なんだか現代の人間社会の問題をみているような気がして怖いです。

一般的な完全配合飼料では雛の時期はその20%近くを動物性の原料が占め
成鶏では10%ほどを占めるそうですが

陽と月農園では師匠のどんぐり山農園を見習い5~3%ほどにしてみようと思います

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
3年目のプレゼント 1483/559日目
2018-05-26-Sat  CATEGORY: 開墾
2018年5月22日 火曜日

 緑肥のエンバクが無事に発芽してきました
一安心
板でがんばって鎮圧したり、ドラム缶で曲芸しながら鎮圧したりがんばったのが、報われました

B583E32F-BAE0-47B8-8474-3AD4F46A17D0.jpg E0E24288-7AC9-4D8F-ACE7-2716CCA5FA72.jpg 
ネギを定植しました。
管理機で溝をきってネギを植えるわけですが、実際には米糠ボカシを播いたり、有機苦土石灰をまいたり、自家製の灰をまいたり、砕いた炭をまいたり、藁をしいたりとなかなか手間がかかります

ねぎは加湿に弱いので藁をしいて酸素供給量を根に増やしてあげるとよいそうです

906AFC96-5A6E-463A-AC26-C645360A93DF.jpg

かぼちゃがトンネルからはちきれんばかりなので、トンネルをとってあげました
 C5A81FB2-856A-4110-960E-F2223C5B647F.jpg

ついでに畦の草もかってあげて、どうぞかぼちゃさん、しげってください!
 3275E329-08E6-4321-A3BC-BD11FCAD7332.jpg 
そのままの勢いで周辺の土手の草も刈ってあげます。
どうせひろすぎて一度にはとても全部刈れないのでとりあえず夕暮れまでがんばってみましょう

AB86620C-C147-4B69-9200-7DDA2193DEA2.jpg 
すると、、、おや、、、なんだろう
なにか発見できそうな予感がします。

これは。。。まさか。。。

まさか。。。

胸が高鳴ります
夢中で篠竹しげる硬い茂みを草刈機で刈っていきます



6C7082CE-57DE-48D1-B3B7-0EAFD26EA65D.jpg

道だー!!!!
あったのかー!!!!!!
ついに見つけたぞーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

おっちーのお借りしているおうちの敷地は高低差があり、上の畑と下の畑 みたいな感じで篠竹のしげった土手で区切られていました。

ここの行き来が軽トラやトラクターでできないのが大変な苦労でしておっちーも過去に何度となく、命の危険を賭して(半分ほんと)挑んできたのですが、今回ようやくみつけました

その記録の一部はこちら





今回ようやくみつけた先人がつくった上と下の往復路です。

これがあれば重い農業資材も軽トラに積んで運ぶことができる
トラクターも耕運機も楽に上の畑にあげることができる!

ながかった・・・
実に3年の月日が経過。

気分はコロンブスが新大陸を発見したがごとく

ほんとうに長かった
いままでの試行錯誤を思い出しておもわずひとり、涙ぐむおっちー(知らん人がみたら笑えるだろうなあ)


363508AC-67EA-467D-9108-546455158FA4.jpg

その後はりきってそこの道までの道も整備しました。まあ、その手前の道はこれから整備しなくてはいけないんだけど(どんだけひろいんだ ここは m(_ _;; 
7723557E-D3C9-4E6A-9593-5FEC444B9A8F.jpg 
ナスとズッキーニ
匝瑳市の先輩有機農家 カトリケより苗をもらってきたので定植しました♪

予約可能
陽と月農園の野菜

ジャガイモ(6月中旬ごろ?)品種はお客さんが選べるほど大量にないので選べません
キロ350円
 男爵
 トウヤ
 キタアカリ
里芋(10月末ぐらい?)
 土垂れ
サツマイモ(9月はじめ?)
 ベニアズマ
 ベニハルカ
カボチャ(8月中旬?)
 カチワリ(自然農法研究センター種子 固定種)
 奥会津金山赤かぼちゃ(在来種 甘くてオススメ!)
以下作付け中・・・

陽と月農園の栽培原則
・遺伝子組み換え NO!・・・肥料や堆肥に至るまで遺伝子組み換え作物や飼料についてNOします。
・無農薬・・・一切の農薬を使いません。有機JAS認定農薬も使いません。
・薬剤NO・・・抗生物質や添加物、保存料などは自分では使わないのはもちろん、使っていない(もしくは減らす努力をしている)原料を使用します
・堆肥は必要最小限・・・硝酸態窒素の作物への残留や環境への負担を考え最小の堆肥・もしくは自然栽培を目指します。
・在来種・固定種を優先・・・可能な限り、在来種や固定種を使います。しかし美味しい野菜を作りたい、また作業効率の向上による農園作業者の負担軽減を達成し永続的な運営確保のためにF1種もときには利用させていただきます。
・自分の子どもに自信をもって食べさせられる野菜を作ります。



ご注文・ご予約は
当ブログコメント欄
または
フェイスブック 越智 雅紀(おっちー/まっさん)
または
070-2684-3085
または
hitotukinouen@gmail.co
トラックバック0 コメント0
田植え2 1481/557日目
2018-05-26-Sat  CATEGORY: 田んぼ
2018年5月20日 日曜日 晴れ

前回途中になってしまった田植えの続き行いました。

60D0F0A2-1847-45A6-81CB-427B22DEECEB.jpg

これは前回の様子ですね
なすまん、あいきょうさん、里子おかあさん ありがとう
 955C5E94-8342-4166-9B58-454E6367094E.jpg

田んぼをならして草もとってるおっちー(裏方笑)
 ABC1CF45-4E97-4DF9-8FAA-9332F7362D18.jpg

今回は例年きてくれている ねぐ がまた手伝いにきてくれた
右がねぐ ひだりがおっちーです
やばい。。。おっちー 腰痛になりそうな屈み方してますね
膝をまげて腰を落としている右のねぐが正解です。
 D53B7B1A-26EA-48C5-A1DB-3A678FAE9B00.jpg

前日から泊り込んでいるねぐの長男
そしてうちの長男

そしてうちの車の上

車こわれるわ やんちゃいたずら盛りですねー(--;

予約可能
陽と月農園の野菜

ジャガイモ(6月中旬ごろ?)品種はお客さんが選べるほど大量にないので選べません
キロ350円
 男爵
 トウヤ
 キタアカリ
里芋(10月末ぐらい?)
 土垂れ
サツマイモ(9月はじめ?)
 ベニアズマ
 ベニハルカ
カボチャ(8月中旬?)
 カチワリ(自然農法研究センター種子 固定種)
 奥会津金山赤かぼちゃ(在来種 甘くてオススメ!)
以下作付け中・・・

陽と月農園の栽培原則
・遺伝子組み換え NO!・・・肥料や堆肥に至るまで遺伝子組み換え作物や飼料についてNOします。
・無農薬・・・一切の農薬を使いません。有機JAS認定農薬も使いません。
・薬剤NO・・・抗生物質や添加物、保存料などは自分では使わないのはもちろん、使っていない(もしくは減らす努力をしている)原料を使用します
・堆肥は必要最小限・・・硝酸態窒素の作物への残留や環境への負担を考え最小の堆肥・もしくは自然栽培を目指します。
・在来種・固定種を優先・・・可能な限り、在来種や固定種を使います。しかし美味しい野菜を作りたい、また作業効率の向上による農園作業者の負担軽減を達成し永続的な運営確保のためにF1種もときには利用させていただきます。
・自分の子どもに自信をもって食べさせられる野菜を作ります。

ご注文・ご予約は
当ブログコメント欄
または
フェイスブック 越智 雅紀(おっちー/まっさん)
または
070-2684-3085
または
hitotukinouen@gmail.com 
トラックバック0 コメント0
どんぐり山農園研修65日目 1479/555日目
2018-05-26-Sat  CATEGORY: どんぐり山農園
陽と月農園 おっちーです

2018年5月18日 金曜日

本日のどんぐり山は
モロヘイヤの移植とオクラ種まきです。

モロヘイヤはネバネバした葉っぱをつけるアレですね。
健康野菜
どんぐりやまでも夏の野菜セットの定番商品だそうです。
今回の畑は篠竹林のすぐ横。
竹の根っこが強靭にはる場所に定植しました。
やっぱりこういう畑は作業がたいへん
2~3倍ぐらい作業時間がかかりますね。
家庭菜園ならばそれも楽しいけど200も300も定植するとほんとその違いは大きい
はあ くたびれた(--

師匠は今月から一ヶ月ごとに一年、東京まで教室に通うそうです。

関野さんという有名な自然栽培農家の方の

「無肥料自然栽培教室」

だそうです。
死ぬほど忙しそうで365日休みなくはたらいてる師匠が年12日も農園を空けれるのか?(--;

しかしたいへん興味深い教室 おっちーも師匠からその内容のご相伴に預かる予定です♪ 

2384A057-CCF5-45BD-B61E-D42D02017F06.jpg

桂さんのどんぐり山ランチ
おいしー♪
卵はどんぐり山の名古屋コーチン
苺だってどんぐり山の畑でとれた苺です。

 57B99DB6-F6D4-4E38-8FD8-92550D55B38A.jpg

午後のおやつはその苺のソースをつかったゼリー♪ 

予約可能
陽と月農園の野菜

ジャガイモ(6月中旬ごろ?)品種はお客さんが選べるほど大量にないので選べません
キロ350円
 男爵
 トウヤ
 キタアカリ
里芋(10月末ぐらい?)
 土垂れ
サツマイモ(9月はじめ?)
 ベニアズマ
 ベニハルカ
カボチャ(8月中旬?)
 カチワリ(自然農法研究センター種子 固定種)
 奥会津金山赤かぼちゃ(在来種 甘くてオススメ!)
以下作付け中・・・

陽と月農園の栽培原則
・遺伝子組み換え NO!・・・肥料や堆肥に至るまで遺伝子組み換え作物や飼料についてNOします。
・無農薬・・・一切の農薬を使いません。有機JAS認定農薬も使いません。
・薬剤NO・・・抗生物質や添加物、保存料などは自分では使わないのはもちろん、使っていない(もしくは減らす努力をしている)原料を使用します
・堆肥は必要最小限・・・硝酸態窒素の作物への残留や環境への負担を考え最小の堆肥・もしくは自然栽培を目指します。
・在来種・固定種を優先・・・可能な限り、在来種や固定種を使います。しかし美味しい野菜を作りたい、また作業効率の向上による農園作業者の負担軽減を達成し永続的な運営確保のためにF1種もときには利用させていただきます。
・自分の子どもに自信をもって食べさせられる野菜を作ります。

ご注文・ご予約は
当ブログコメント欄
または
フェイスブック 越智 雅紀(おっちー/まっさん)
または
070-2684-3085
または
hitotukinouen@gmail.com 
トラックバック0 コメント0
日々の風景 1477/553日目
2018-05-26-Sat  CATEGORY: 育児
陽と月農園おっちーです。
なんか疲れた。。。
この日記を書いている現在、5月も終わろうとしてる月末ですが3月はじめぐらいから続いている春の植え付けも終盤に差し掛かっている。

終わりが見えてしまうと逆にどっと疲れが出てくるものだ。
人はメンタルの生き物ですね

しかし実際の疲労もたしかに蓄積していて、ここ2週間ぐらい足がだるくてだるくて夜もなかなか眠れない
疲労物質が体内に蓄積しているのを感じる。
常に体がおもだるい
みどりさんもそんな感じ

ぼちぼちやりましょう ぼちぼち(--

今日は5月16日 水曜日の日記

ブログ

うちの猫さん
右はもう15歳ぐらいになるんじゃないか
ファスティング効果でまだまだ元気だが年齢的に考えていつそのときがきてもおかしくない。
健やかでいておくれ

 C7EC7C9C-2780-45CD-8758-84EABAE6E395.jpg

うちの子たち
仲がよい
 あ

みどりさんが長男の保育園の遠足のためにつくった初のお弁当
いそがしい毎日の中、こんなかわいいお弁当。
ウィンナーにはゴマで目をつけてある。
彼女らしい丁寧な仕事 
嬉しいだろうなあ 長男も幸せものだ

しかし・・・

疲れた・・・(--


トラックバック0 コメント0
今年も田植え 1474/550日目
2018-05-14-Mon  CATEGORY: 田んぼ
2018年5月13日 日曜日 曇りのち雨

田植えでーす
朝も五時半から起きだして裏山で竹を切ってきました。

 
こんなぐらいの長さにきって


鉈で細くして


 

割って
 
こんな感じ



昨日から泊まってた、非電化工房仲間のなすまんが起きてきたので火をおこして貰って
竹を火であぶる
折り曲げる



骨組みをつくる
なすまんにビス止めをおねがいして
完成!

これでたんぼに格子状の線をつけます。
その格子が苗をうえる目印です

 
苗床の稲ちゃんたちをみどりさんに削り取ってもらって(ちょっと小さい。。。だいじょぶか。。。)
よっしゃ田んぼいくぞー
たんぼでいつもありがとう 田んぼ助っ人愛敬さんと合流(昨日は田部ちゃんのたんぼ手伝ってたな笑)




使い勝手は悪くない感じ

 
しかし  水が深いところは線が消えてしまう感じ。
水をしっかり抜いておかないとダメなのねー
しかし格子状につけた場合、田植えが早い

長い糸でラインをとって一列うえたらその糸を動かしていく方法だと、一番遅い人にみんなが合わせて植えていくことになるが、この方法だと各人が自分の最速のテンポでうえていけるので3倍ぐらいははやいような気がするなあ

苗がもうすこし大きくて
水をしっかり落として線が消えないようにすれば

「田植え無双」みたいな感じでとんでもない速度で終わりそうな予感がする

手伝いにきてくれていた里子おかあさんとみどりさんが作ってくれたランチを食べながら

あー 幸せ!
うちのお袋のみよ子さんが送ってきた田植え日定番のチーズケーキのデザート付き
(これもほんとうに旨い)

雨が2時ぐらいに本格的に降ってきたので終了
6割ぐらいが終わりました。
しかし今夜は豪雨の予想
いったいどれぐらいの苗が流されずに生き残るか。。。笑

 
ちなみにこれは試作品
とんがった先端だとたんぼに埋まって押せなくなってしまうのでダメだった。
水上スキーみたいな感じで滑らせることができないとね



予約可能

ジャガイモ(6月中旬ごろ?)品種はお客さんが選べるほど大量にないので選べません
 男爵
 トウヤ
 キタアカリ
里芋(10月末ぐらい?)
 土垂れ
サツマイモ(9月はじめ?)
 ベニアズマ
 ベニハルカ
カボチャ(8月中旬?)
 カチワリ(自然農法研究センター種子 固定種)
 奥会津金山赤かぼちゃ(在来種 甘くてオススメ!)
以下作付け中・・・

陽と月農園の栽培原則
・遺伝子組み換え NO!・・・肥料や堆肥に至るまで遺伝子組み換え作物や飼料についてNOします。
・無農薬・・・一切の農薬を使いません。有機JAS認定農薬も使いません。
・薬剤NO・・・抗生物質や添加物、保存料などは自分では使わないのはもちろん、使わない(もしくは減らす努力をしている)原料を使用します
・堆肥は必要最小限・・・硝酸態窒素の作物への残留や環境への負担を考え最小の堆肥・もしくは自然栽培を目指します。
・在来種・固定種を優先・・・可能な限り、在来種や固定種を使います。しかし美味しい野菜を作りたい、また作業効率の向上による農園作業者の負担軽減を達成し永続的な運営確保のためにF1種もときには利用させていただきます。
・自分の子どもに自信をもって食べさせられる野菜を作ります。

ご注文・ご予約は
070-2684-3085
または
hitotukinouen@gmail.com 
トラックバック0 コメント0
どんぐり山農園 研修64日目 1472/548日目
2018-05-14-Mon  CATEGORY: 未分類
2018年5月11日 晴れ

本日のどんぐり山研修は除草作業や畝の片付けなどです。

いろいろあって一週間、あいだがあいてしまったので2週間分の疑問で師匠を質問攻めにしておりました。

野菜の販売価格のこともたくさんきいてとても参考になりました。

いくらで売るかちょっとづつ考えていかなくては。

参考にするのは
オルターなどのオーガニック野菜の価格
どんぐり山農園の価格
地元匝瑳の有機農家の価格

です。

とりあえず、師匠の価格以上の値段をつけるのはやめようというのが、おおきなガイドラインです。

師匠の価格もたいへん安くてみんなびっくりするぐらいなので、まあそれより低いというてもそんなに幅はないのですが(--;

師匠はそんなの拘らなくてよいと言ってくれていますが、初年度からこの匠の技術と知識、労働から作り出されるプレミアム野菜の値段を超える価格をつけることは間近で学ばせていただいている弟子の身としてはどうしてもできません。


桂さん特製のどんぐり山ランチ!
どれも絶品!
ご馳走様でした@_@
トラックバック0 コメント0
成鶏舎補修 1471/547日目
2018-05-14-Mon  CATEGORY: にわとり育成
2018年5月10日 木曜日 雨

本日はスキマだらけの成鶏舎を補修しますよ
先代が残してくれた成鶏舎。
雨漏りやスキマを直して雛ちゃんたちを移動できるようにします

 

いつもありがとう
うちの子も大好き たかちゃんひろきのコンビがお手伝いにきてくれました。
一室ぜんぶ任せて見事に補修してくれました。

 
こちらもいつもありがとう 完ちゃん
ひとりで一室ぜんぶ直してくれました


雨のしとしと降る肌寒い日だったので、休憩時間はひさしぶりに火鉢に火をいれました。
これが意外とよく、ちょっと季節ちがいになってしまったみどりさんシェフの冷やし中華も美味しく食べれました。

その後は暖かい部屋でみんなでマッタリ。
なんかもう今日はこのままこれで終わりでいいんじゃね というマッタリ感(火鉢おそるべし)

午後もやりました!
雨漏りも一部なおしてもらってほんとうにたすかったー!



予約可能

ジャガイモ(6月中旬ごろ?)品種はお客さんが選べるほど大量にないので選べません
 男爵
 トウヤ
 キタアカリ
里芋(10月末ぐらい?)
 土垂れ
サツマイモ(9月はじめ?)
 ベニアズマ
 ベニハルカ
カボチャ(8月中旬?)
 カチワリ(自然農法研究センター種子 固定種)
 奥会津金山赤かぼちゃ(在来種 甘くてオススメ!)
以下作付け中・・・

陽と月農園の栽培原則
・遺伝子組み換え NO!・・・肥料や堆肥に至るまで遺伝子組み換え作物や飼料についてNOします。
・無農薬・・・一切の農薬を使いません。有機JAS認定農薬も使いません。
・薬剤NO・・・抗生物質や添加物、保存料などは自分では使わないのはもちろん、使わない(もしくは減らす努力をしている)原料を使用します
・堆肥は必要最小限・・・硝酸態窒素の作物への残留や環境への負担を考え最小の堆肥・もしくは自然栽培を目指します。
・在来種・固定種を優先・・・可能な限り、在来種や固定種を使います。しかし美味しい野菜を作りたい、また作業効率の向上による農園作業者の負担軽減を達成し永続的な運営確保のためにF1種もときには利用させていただきます。
・自分の子どもに自信をもって食べさせられる野菜を作ります。

ご注文・ご予約は
070-2684-3085
または
hitotukinouen@gmail.com

トラックバック0 コメント0
陽と月農園 野菜売ります 1466/542日目
2018-05-08-Tue  CATEGORY: 陽と月農園
2018年5月5日 土曜日

陽と月農園 おっちーです。
最近、作付けも順調なので売るときのことも考えねばいけません

ということで欲しい人募集します
値段はちょっと考え中です。(デリケートな部分ですよねえ 生活もかかってるしね お互いに笑)

ということでリストを載せます。

ジャガイモ(6月中旬ごろ?)品種はお客さんが選べるほど大量にないので選べません
 男爵
 トウヤ
 キタアカリ
里芋(10月末ぐらい?)
 土垂れ
サツマイモ(9月はじめ?)
 ベニアズマ
 ベニハルカ
カボチャ(8月中旬?)
 カチワリ(自然農法研究センター種子 固定種)
 奥会津金山赤かぼちゃ(在来種 甘くてオススメ!)
以下作付け中・・・

陽と月農園の栽培原則
・遺伝子組み換え NO!・・・肥料や堆肥に至るまで遺伝子組み換え作物や飼料についてNOします。
・無農薬・・・一切の農薬を使いません。有機JAS認定農薬も使いません。
・堆肥は必要最小限・・・硝酸態窒素の作物への残留や環境への負担を考え最小の堆肥・もしくは自然栽培を目指します。
・在来種・固定種を優先・・・可能な限り、在来種や固定種を使います。しかし美味しい野菜を作りたい、また作業効率の向上による農園作業者の負担軽減を達成し永続的な運営確保のためにF1種もときには利用させていただきます。
・自分の子どもに自信をもって食べさせられる野菜を作ります。

ご注文・ご予約は
070-2684-3085
または
hitotukinouen@gmail.com

よろしくお願いします♪
トラックバック0 コメント0
ショウガ定植 1464/540日目
2018-05-08-Tue  CATEGORY: 陽と月農園
2018年5月3日 木曜日

陽と月農園おっちーです
本日の定植はショウガですね

あいかわらず写真撮り忘れてるダメっぷりです。

家の温床の中に鉢植えをおいて、その中にショウガをごそっと密集させて土をかぶせておいておいたのです。
それが一ヶ月前
おとといぐらいに土の中を確認してみるとショウガが芽を出していましたね。

なぜこんなことをやるのか?
新米農家のおっちーの考えを述べます。

1 雑草対策・・・ショウガはたいへん高温を好む野菜でしかも、土の中に植えても芽を出すまでに一ヶ月ほどかかるスロースターターです。去年もそれで発芽ころには一面雑草に飲まれていてそのまま全滅。黒マルチをつかえばショウガの発芽までの時間は稼いでくれますが、やはりマルチの外側(とくに際の部分)はどうしても草が出てしまいます。

マルチ周辺が草に飲まれるとマルチの両脇のすそ部分は草の根がびっしりと突き破って固定されてしまい、そのマルチをはがす時にマルチが破れて使い捨てになってしまいます。(できればなんどか再利用して環境とお財布に優しくいきたい)

ということであらかじめ温床の中で発芽させてから植えることによって雑草との競争に勝てるようにしてあげます。

最初はまだ5月のはじめで涼しい日もあるので、黒マルチで地温をあげてあげます。
一ヶ月後ぐらいにはマルチをはがせればよいなあと思ってます。(そのころ雑草の根にマルチがやられていなければ)

ショウガは種ショウガの上に子どものショウガが増えますので、その後は管理機で土寄せすることによって子ショウガを太らせると同時に草も同時に抑えたい

2 種ショウガを裁断していっぱい植えたい・・・ショウガはごろっとした大きな塊から芽を出します。しかしどこから芽が出るのかは事前には解らないロシアンルーレットみたいなやつです。
ジャガイモみたいに「だいたいココからでるだろう」と検討つけて裁断して植えても「あたるも八卦・あたらぬも八卦」みたいなことになってしまいます。
だから分割するまえに発芽させて、そのうえで裁断するのがよいわけですね

前置きながくなりましたね
3kgぐらいのショウガを植えましたか(150片ぐらいね)

ここは森のすぐ脇の日陰になりやすい場所なので、ショウガなどの夏の直射日光を嫌う野菜にはちょうどよい場所だと思いたいです。

土の中で育つ野菜ほど農薬使用量がトップクラスとなりますので(土壌消毒という作業が必要になるため)、そういう野菜こそ有機・無農薬で作れたら喜んでくれる人がいるのではないかとがんばります。


トラックバック0 コメント0
<< 2018/05 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2018 ゼロから始めた移住生活 おっちー家・就農1年目. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。