FC2ブログ
移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。ホームページもどうぞ hitotukinouen.jimdofree.com
ゼロから始めた移住生活 おっちー家・就農1年目
種どろぼう 1431/502日目
2018-03-27-Tue  CATEGORY: 未分類
2018年3月26日 晴れ 暑い

温床のセルトレイに播いたズッキーニの芽がでません。

おかしいなあ と確認してみると

なにかにほじくられたあとがある。。。?

さぐってみると種がない!

なにかに食われたのか?(--;

ということで播きなおししたのが2日前。
今度は食われないようにパオパオでセルトレイを包んでおきました。






 


↑そして今日(--;

またなんかに穴あけられて食われてるがな(--

まいったね ズッキーニの種ってそんなに美味しいのかね。。
ねずみかなんかだろうか。。。




こちら今年からはじめる田んぼです。
がんばろう♪

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
お蔵フェスタ 1430/501日目
2018-03-27-Tue  CATEGORY: なりわい
2018年3月25日 日曜日 晴れ 暑い

本日は千葉県香取郡神崎町 お蔵フェスタ に行ってきました。



寺田本家という酒蔵を中心に発足されたこのお祭りは人口6千人のまちに、5万人の来場者がくるという。 

やがてこれはタイヘンと警察官が出動して交通整理をするまでになりました。




発酵の里 こうざき の名前を全国に知らしめたお祭りです。











すごい 人手ですね
来年は出店したいなあと思いますのでいろいろ視察してきました。
長男・次男も屋台でいろいろ食べて幸せそうでした♪


トラックバック0 コメント0
どんぐり山農園 研修57日目 1428/499日目
2018-03-25-Sun  CATEGORY: どんぐり山農園
2018年3月23日 金曜日 晴れ 昼は暖かい

本日のどんぐり山は!

雛の入雛!

かわいー!
って写真撮り忘れてるんで、なにも読んでるひとに伝わらないでしょうけど(--

いやー 昨日うまれた雛が80羽ですよ

ピヨピヨ かわいいのなんの!

温床にいれてあげました。
最初のうちは35度とか外気温キープしてあげないと寒くて弱ってしまうのだそうです。真夏の暑さですね。

4月10日もおっちーのところも練習でちょっとだけ雛を入れるのでそのとき写真をお見せできると思います。

実際、生の細かな注意点とかも聞けてたいへん勉強になりました。

しかし前日のブランズフィールドでいただいたご飯のとき参加者の方で何人かのかたが差し入れのおかずを作ってきてくださっていたのですが、みごとにベジタリアン食ですね!

主催の中島decoさんがマクロビオティックの方なので当然といえば当然なのですが、おっちーあたり、うっかり卵でも差し入れた日にはヒンシュクだったろうなあ

あぶない あぶない(--;

最近、ガチャガチャの毎日で かつては石橋を叩きすぎて壊すタイプ だったおっちーもかなり、行動先行型に変わってきてしまいました。

いずれこのへんの変化がトラブルを招きそうな気がしますね。

トラックバック0 コメント0
ブラウンズフィールドでジャー村さんのお話とキコリ 1427/498日目
2018-03-24-Sat  CATEGORY: 田んぼ
2018年 3月22日 木曜日 晴れ

本日はなかなか長い一日でしたよ。

農業大学校同期 よーこちゃんの家にいきました 一宮です。
移住仲間の完ちゃんとたかちゃん、ひろきも一緒。

そこで杉の大木を切り倒すお手伝い。
プロのキコリさんがきてロープやクレーンなんかを使いながら安全に望む方向に木を倒すというのをまじかで見せてもらいました。

5本ぐらい倒したかな?
いやー 倒れてくる木に一回つぶされそうになったけど(?笑)、すごい迫力
やっぱり田舎暮らしはスリリングですね。
ジェットコースター必要ないわ やっぱ笑

そのあと夕方からは稲作の勉強会 in いすみ市 ブラウンスフィールド。

中嶋decoさんというおしゃれなマクロビオティック(玄米菜食)と自然回帰的な暮らしを実践するカリスマの本拠地ですね。

本日ここに九州から招かれたのが稲作農家、ジャー村さん。
最近ネットでのオーガニック稲作業界を騒がしている新星です。

無農薬・無施肥の稲作で一反あたり10俵取り(60kg×10だから600kg)を実践できたという農法です。
最高で13俵とのこと。
ジャー村さんは2町分(20反!)の田んぼを手植えと手刈、天日干しでやってるそうです。
すごいですね!

ちなみに千葉の匝瑳市、SOSA PROJECTのたんぼは数十組の方々が自然農に近い形でおのおのの形態で稲作をやってますが、おそらく平均すると一反あたり250~300kgぐらいの収量ではないかというのがおっちーの印象です。(採ってる方はもちろん、もっと採ってます)

ぜひ、その秘訣を盗みたい! と 匝瑳市から参加した人数9人!(うちの子も数えてるけど)
定員40名だったので約1/4が匝瑳の人ですな。

その1 品種選び
1 銘柄は晩生米を原則とする。ようするになかなか穂に実をつけず、収穫が遅れる品種。10月末あたりまで収穫をひっぱれる品種。ジャー村さんは旭1号。生育期間が長ければ長いほど収量があがる。よって田植えも早ければ早いほど良い。4月に田植えしてもよい。(稲は寒さには耐える)

その2 苗作りにこだわる(苗の出来が結果の7割~8割を決める)
1 必ず畑か田んぼに畝を立てて苗代を作って撒く(高さ3cmもあれば十分)(トレーなどには播かない)
2 1坪の畝に3合の種籾を撒く(超粗植)
3 苗は若苗で必ず植える 播種後45~50日の間に植える。遅れると苗が老化して分けつしない。
4 播種したあとは山土など雑草の種の入っていない土を5mmほど全面にかけて板などで鎮圧しておく(これは雑草が苗代に生えないようにする工夫とのこと。)
4 2月や3月上旬に播種するのならビニールトンネルをかけて保温してあげる。

その3 たんぼの準備の仕方
1 トラクターがあるなら雑草退治も兼ねて田植えの3日前ぐらいにトラクターをかける。(草がおおい田んぼならさらにその10日まえぐらいに一度トラクターをかけて雑草の発芽を促す)
2 トラクターがないなら馬耕でもおなじことができる(馬を飼う?笑)
3 できればトンボなどでなるべくたんぼは平らにしておく(そうしないと草が多く生える部分がでてきたり、管理が均一にできない)
4 収穫がおわったいなわらと畦の草は、秋・冬のあいだに田んぼに戻して、還元しておく。

その4 植え方
1 田植えは条間・株間ともに45cmに1本を植える(ただしこれは田んぼが自然農的に肥えているというのが前提) 土作りが出来ていない田んぼなら30cmとか少なくしないといけない。痩せたたんぼに下手に45cmで植えるとスカスカな田んぼになる。肥えた田んぼなら45cmで植えて株と株の間の風通しをよくすることが重要。葉っぱが風で乾くことによって稲は水を多く求め、根の張りが強靭になる。そして根も茎も太くなり、台風でも倒れない。肥えているたんぼで密植にすると一本一本の根と茎が細くなり台風でなぎ倒される。

その4 管理の仕方
1 草は早めにとって楽をする。
2 収穫のできるだけギリギリまで水はたんぼに必要(稲刈りの支障のない範囲で)

おっちーの疑問点

九州では周りの農家全部 晩生米を植えるのが当然とのことなので、鳥害は軽減されるだろうが、千葉で晩生米を育てると稲が実る時期が自分のところだけ孤立する。鳥害が集中する可能性がある。

ジャー村さんは田植えは早ければ早いほどよいとのことだったが、暖かい九州と千葉を同じに考えてよいのか? 寒い時期に田植えをして、寒さで稲の生長が著しくない状態が保持されるということはいたずらに苗の老化を招き、収量の低下につながらないか?
それとも寒くて地上部の成長が止まっていても、地下部の根の生長は止まらないかもしれない? それが好成績に繋がるのか?

とりあえず、おっちー家 今年ためします♪
ちょうど手元に晩生米 ハッピーヒル が あるのでちょうどよいですね♪




トラックバック0 コメント0
田中佳先生 講演会 1424/495日目
2018-03-24-Sat  CATEGORY: 医療・検診の嘘
3月19日 月曜日 雨

陽と月農園おっちーです。
本日は夜から池袋の「たまにはTsukiでも眺めましょ」
通称 たまつき でお勉強会。

ご高名な現役医師 

田中 佳(よしみ) 先生の講演会です。

田中先生のWEB

いわゆる自然医療的な先生なのです。

みどりさんとそのお母さんの里子さんふたりで行ってもらいましたが
終始わらいっぱなしの楽しい勉強会だったみたいですね。

やっぱりユーモアって大事なんですねえ。

里子おかあさんも

「アンタたちの子育てって変わってると思ってたけど、こういうことだったのねえ。。。」

とお褒め(?)の言葉をいただきました

長かった。。。笑 足掛け3年・・・4年?

科学的・論理的かつわかりやすい + ユーモア

最強ですね 田中先生に感謝です

おっちーはお家で子どもたちのお守りでしたがいつかお会いしてみたいものです♪
トラックバック0 コメント0
移住希望者来訪 1423/494日目
2018-03-19-Mon  CATEGORY: 自給自足生活
2018年3月18日 日曜日 晴れ

みどりさんは風邪で寝込んで3日目、子どもたちもいまいち体調不良
なかなか低空飛行な日々です。

本日は朝から移住仲間と3年前にお借りした畑の整備

あ、先日の失敗を省みて、腕時計かいました
はい 一歩前進

さて畑をお返しするためにみんなで綺麗にしました。

お昼はそのまま、近くの名物店へ。

匝瑳市 イルジラソーレ

たいへんおおきな大きなピザセットがランチタイム 1080円

都会だったら2500円とかするね これは

これに前菜サラダ デザート しょくごのドリンク付

ここはおっちーのランキング3本の指に入るね♪



 

帰ったらまえにかき集めて保管してあった落ち葉(これはイチョウ)を軽トラに載せて空いたところに積み上げました。

 

イチョウは発酵分解しづらいらしい
コメヌカをまぶして分解をたすける。
ブルーシートをかぶせて養生しときました。
いつ堆肥になるかなあ

新規就農 最初は堆肥に困りますね
もっと計画的に堆肥仕込んでおけばよかったんだな(--




近所で木を切っていたので、もらえるか頼んだら

「どうぞ どうぞ! ありがたい!」

ということでもらってきました。
炭焼きし放題ですね
そのまえに薪割りしないとなあ

薪割り機導入するか。。。

そのあと、夕方いらっしゃったのは前回の移住者セミナーで匝瑳市に興味を持ってくれた方です。
奥様と娘さんをつれていらっしゃいましたね。

30分ぐらい周辺を案内してお見送りしました。

ご縁がありますように♪

トラックバック0 コメント2
どんぐり山農園 研修56日目 1421/492日目
2018-03-17-Sat  CATEGORY: どんぐり山農園
陽と月農園 おっちーです。

2018年3月16日 金曜日 一日雨 午後より冷え込む

本日のどんぐり山は

小松菜収穫
支柱、トンネルネット回収
にわとり餌やり
緑肥播種
イナワラをカッターで切断

です。

緑肥は1反の畑に
緑肥用エンバクを播きました。 麦の仲間ですね。
ばら撒きしてトラクターで浅く耕転 その後ろについてる鎮圧ローラーで軽く鎮圧 です。
1反あたり7-8kgぐらいが適正ではないかとのこと。
あまり素に播くとあとで茎が太くなってすき込むのが大変だそうです。

5月下旬ぐらいにはすき込む予定だそうです。
これでまた畑が良い循環に乗って秋作に備えられますね♪

イナワラをカッターで切断!
カッターといってもエンジン式の裁断機のことですね。

これを雛舎の敷料にするのだそうです。

この間、自家用で鶏を育てている方のお宅の鶏小屋を見せてもらいました。

糞くさくてびっくりしました(--;;

どんぐり山の師匠の鶏舎とは大違い。

違いの一つはこの敷料のあるなし ではないかと思います。

落ちた糞がこの敷料に吸われることによって腐敗しません。
発酵します。

悪臭が発生しません。

雛舎のイナワラは軽トラ3杯分ぐらい作りました。

エンジンカッター 便利だなあ!

トラックバック0 コメント0
ジャガイモの植え付け 完了 1420/491日目
2018-03-17-Sat  CATEGORY:
2018年3月15日 木曜日 晴れ

陽と月農園おっちーです。

本日も晴天
一週間前の大雨の影響はもうなく、畑もしっかり乾いてきました。

みどりさんは体調不良
まあ おっちーが体調を崩し、その後 みどりさんへ移行

いつもの黄金パターンですな(--;

天気の良い日だったので、みどりさんと下の子は畑で日向ぼっこです。
ジャガイモを植えていると畑をお借りしている地主さんがきて、余った種芋をくださったので、予定より多くジャガイモは植わりました。

1列目 男爵 マルチあり
2列目 男爵 マルチあり
3列目 きたあかり マルチあり
4列目 とうや マルチあり
5列目 いただいた種芋 赤と白 マルチあり
6列目 いただいた種芋 白 マルチなし
7列目 家で去年とったジャガイモ いろいろ マルチなし
8列目 家で去年とったジャガイモ いろいろ と いただいた種芋 白 のミックス植え マルチなし


んで植え付けが終わった瞬間、手押し耕運機が壊れましたよ(--;
ギア変換レバーの付け根部分が折れてギア変わらなくなりましたよ



変わらなくなりましたよ(T_T
トラックバック0 コメント0
時間を守る 1419/490日目
2018-03-15-Thu  CATEGORY: 未分類
2018年3月14日 晴れ 暖かい

今日も昨日に引き続き大変あたたかい天気
春爛漫

きょうも前回作業小屋づくりを手伝いにいった山Pのところで小屋づくり
大きなパイプハウス数棟も順調に仕上がってきていました。

ここ千葉県花見川区で有機で葉物野菜で勝負だそうです。

なかぬけしておっちーは柏市へ。
農業大学校同期のけいすけさんの呼びかけで漬物工場で使っていた大きな大きな水槽(40kgもある)を総入れ替えするので13時に工場にとりにいくことになっていたのです。

しかしおっちーは10分遅刻(--;

けいさんに本気で怒られました(--;;;;

「おっちーのためをおもっていうけど、おれは今後おっちーにはこういう話は振らない。生業関係での付き合いもしない。なぜなら時間も守れないやつは信用できないから。今回この話をもらったのはおれのすげーお世話になってる人からのご好意だったわけ。その人にも迷惑かけたし、おれの顔もつぶれた」

なんつーか非の打ち所のないお叱りとはこういうことをいうんですね

そうだ おっちーは最近時間を守れていなかった。
とくに子どもが生まれてからは忙しさを理由にぜんぜん守れていなかった


時間を守る


小学校で教わったな そういえば ひさしぶりに小学生時代を思い出したな。


小学校で止まってるのか。。。(--;;;;


「おっちーのことは面白くて人間的には好きだから、交友関係は続けるけど、商売の話はもうしない」


とありがたいフォローまでいただいて(ほんと「人を叱る」とかいうお手本の本とかに載せときたいわ)帰ってきました。(水槽はちゃっかりもらった(--;;


もしおっちーがけいすけさんの立場なら


「ああ、うん、だいじょうぶ、次からは気をつけてね」


と言いながらも、もう次はない


みたいな感じで済ませちゃうかもな 波風たてず


反省しきりな一日でした。


とりあえず腕時計買おう(--;;;


ということで、陽と月農園は水槽を得た代償に今後の取引先を1つ失いました。

しかし、貴重な貴重な教訓を得ました
けいすけさんに感謝


あ 山Pの小屋は完成しなかった@_@;
かなりよいところまで行きました!

トラックバック0 コメント0
じゃがいも始動! 1418/489日目
2018-03-14-Wed  CATEGORY: 未分類
2018年3月14日 火曜日 晴れ 暖かい 春

陽と月農園おっちーです
今日は待ちに待ったジャガイモうえつけ
3月の第一週としたいところが、大雨だなんだで畑に入れずようやく!

しかしよい天気です。



 

お借りしたこちらの畑
神社のすぐ隣にあって神聖な雰囲気が漂います。
4aぐらいです400平米ね。
数年なにもつくっていなかったそうです。
持ち主の方がたまに落ち葉を撒いて管理されていたので土が柔らかいとおもう。
ありがたいことです。

 

草退治もかねてみどりさんが、耕運機がけ
これもお世話になってる農家さんからのいただきもの
ありがたいことです。
 

じゃがいも。切って乾かしました。丁寧に灰をぬってあります。みどりさんの見事な仕事です。
しかし切ってから一週間ぐらい経ってしまいましたが、じゃっかんしなび始めてるような印象
切って2~3日で定植が理想なんですね。

コメヌカボカシを撒いて、畝をつくってマルチを張って


 


 

畝はこんな感じで耕運機で溝を両側に掘っていってつくりました。
人力の鍬でやるよりはぜんぜん体に負担がありません。


 

保育園帰りの長男がお手伝い
手伝いたい盛りなのです。
いつまでやってくれるんだろうなあ

良い天気だったので、次男は車でよく寝てくれていました。



きっといまが一番良い時期なのだろうな
そのうち、農家としての修羅場が待っているような気がする(--;

まあ、それでもいま、この幸せに感謝しましょう。

しかしみどりさんと話したのは、しっかり管理されていた畑での植え付けのなんと楽なこと
去年までの草だらけの家の畑での定植に比べたらほんと天国なようです。

農家の方の根気とその技術に感謝です。


トラックバック0 コメント0
<< 2018/03 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2018 ゼロから始めた移住生活 おっちー家・就農1年目. all rights reserved.