移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
どんぐり山農園 研修13日目 1222/337日目
2017-09-04-Mon  CATEGORY: どんぐり山農園
陽と月農園 おっちー です

9月3日 日曜日 晴れ すこし暑い

視力トレーニング
おっちー 0.5セット(笑)
右0.34↑
左0.32→

みどりさん 1セット
右0.24↑
左0.24↑

本日はどんぐり山の研修 13 日目です。

ちょっと暑いけどまあまあ作業しやすい
台風がすぎて久々の晴れ間ですね。

草を刈って、それを堆肥にするために積んだり、野菜の株のちかくに置いたり
という一日でした。

体力的にはかなりきつい部類なのだけど、なにか瞑想に近いようなそんな作業時間なのですね

そんな崇高な時間のなか、おっちーがどんな境地に辿りついたのか一部ごしょうかいしましょう。

「百姓は体力仕事だなあ。どんぐり山の師匠もそうだけど、決してボディビルダーのような筋肉隆々というわけではないのだけど、おそるべきパワーとスタミナを備えている」

「これを昔から連綿とやってきたのだなあ」

「そういえば、学校の歴史の授業で 飢饉で百姓一揆 なんていうのがあったな」

「いぜんは「農民がクワや尖った竹を持ってへっぴり腰で戦い、刀や槍をもった侍にあしらわれる」 みたいな イメージだったけど、ほんとうは違うんじゃ。。。?」

「百姓のパワー すげーぞ。そのひとたちが飢え死にの背水の陣で押し寄せてくるってさぞ、侍のほうが怖かっただろうなあ。。。こっちのほうが真実かもしれないな」

というような崇高(?)な推理をしてました!(なんのこっちゃ)

夕方から小松菜・チンゲン菜・べかな などの葉物野菜を80mの畝に播きました。
そのあと半円の支柱をたてて、防虫ネットをはります。
まだ残暑のこるこの時期にこれだけの葉物をまく農家というのはなかなかいないそうです。

その妙技 会得したい@_@
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
たんぼのおだづくり 1221/336日目
2017-09-04-Mon  CATEGORY: 未分類
9月2日 土曜日 雨のち曇り

陽と月農園 おっちーです

視力トレーニング
おっちー 実施できず!
右0.33→
左0.32↑

みどりさん 1セット
右0.23↑
左0.23↑

今日は朝から大忙し
家の草かって
たんぼの草かって

午後からたんぼに刈った稲を干すための 「おだ」 を作りました。
ようするに竹でつくる洗濯もの干しの あれ ですね。
地方によっていろいろ呼び名かわります。
匝瑳では 「おだ」 です。
数百キロの稲が干されるわけだから、頑丈につくらないと 風でふかれて倒れて悲惨なことになりますよ。

1年目は楽しんで 山で竹をきりだし、たのしんで おだ を 作っていたのですが
移住3年目ともなると時間的都合でかなり苦しくなってきました(--;
とにかく時間がないー・・・

鉄のパイプとか買ってきて組んじゃえば早いし、毎年竹切りだしてこなくていいし 楽だなあ

来年あたりから それにしちゃおうかな。。。

風情と情緒ないけどねー。。。

花より団子 って 感じでしょうか。。。

花 も 大切にしたいんですけどねー。。。



う~~~む 笑
トラックバック0 コメント0
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.