移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
380日目 地方で仕事を創る塾 最終合宿
2015-05-15-Fri  CATEGORY: 非電化工房 地方で仕事を創る塾
非電化工房の地方で仕事を創る塾 もついに5月4・5・6日で最終日を迎える。

はやいなあ、、、さみしー。。。

3日に千葉の実家にみどりさんと我が子を預けて4日の早朝に非電化工房へと向かう。
GWで道の混雑が予想されたため、ぜったいに遅刻しないように朝の6時に出発。

眠いがこれで13時15分の開講にはぜったい間に合うだろう。

途中ちょっと休憩したりして12時15分到着。
らくしょー♪

すこし車で仮眠~♪





目が覚めたら13:25(開講過ぎてる)



結局ちこく(_ _;;;

転がるように非電化工房にかけこんで合宿開始(申し訳ありませんでした!)


今回は三日間をつかって、自分が卒業後、3万円ビジネスを行うにあたっての本気モデルを完成させる。


月3万円ビジネスについておさらい。

非電化工房の藤村靖之先生が

「月に2日間の労働で3万円を儲けるためのビジネスは容易であり、それをかけもちすることによって自分の余暇時間や自給するための時間を増やし、人間的な交流のなかで、地域で豊かに愉しく暮らす」

として出版された同名の本も存在する、スモールビジネスと新しいライフスタイルを提唱した概念。

企業戦士のように働きすぎないことによって、実現するのは自由時間をつかっての食べ物やエネルギーの自給。
田舎なら家もタダ同然! 毎月10万円以下での生活が可能
するとますます労働のための時間が減って、自分の時間を大切にしながら豊かに暮らせる。

ワーキング・プアって聞いたことありますよね?

現代に広がる

「毎日、ストレスで身を削りながら働けど働けど、我が暮らし一向に豊かにならず・・・」

みたいな感じでしょうか。

1日の半分ちかくを労働にとられ、家には寝に帰っているだけ

なのに収入の多くは生活費に消えていき、手元にはほとんど残らない

みたいな。

「なんかおかしいなあ・・・、これ誰かの罠にハマってるとしか思えない」

みたいな?(みたいな? 腹立つなあ・・・(なら書くな>自分))



ちなみに藤村靖之さんのプロフィールをwikipediaより

藤村 靖之(ふじむら やすゆき、昭和19年(1944年)- )は、日本の発明家。福岡県立修猷館高等学校卒業、大阪大学大学院基礎工学科修了の工学博士。日本大学工学部客員教授。NPO法人那須希望の砦理事長。専門は非電化による環境技術の開発。
大学院修了後、小松製作所で研究者として勤務するが、1984年に息子がアレルギー喘息にかかったのをきっかけに会社「カンキョー」を興し、空気清浄器「クリアベール」を発明した。非電化工房、発明工房、発明起業塾、地方で仕事を創る塾などを主宰し、科学技術庁長官賞、発明功労賞などを受賞。

引用おわり



さて、そんなこんなで、もう1日目は光の速さであっというまに過ぎ


二日目、本気モデルの発表会


私は「孤立した労働者のための晩御飯ワークショップ」を考えた。

経験ある方も多いと思うが、ひとりものの労働者が仕事のあとに家にかえって、晩御飯を調理するというのは、モチベーション的にかなりきついものがある。

お弁当や外食が必然的に増えるが、心のどこかで「もっと健康的な食生活がしたい」と望んでいる人たちが、いるに違いない。

ということで、会員になってもらい、その日の午前中までに夜ごはんをどうするか私に申告。

注文をうけた分を夜、私の家でいっしょにつくる(仕事でが長引いて作るのに間に合わなければ食べるだけでもいいじゃない!)

通信科の参加者の方に

「かまどで炊いた美味しい銀シャリが食べ放題にしてはどうか」

「調味料のレパートリーが多く、塩ひとつとっても10種類以上そろえるなどこだわってみてはどうか」

「毎回新鮮な魚を揃えてみんなで捌いて食べてはどうか」

などアドバイスを事前にもらっていたので、それも添えて発表!



しかし


2日目の夜の交流会のときにみんなと話していて、卒業後すぐにできるのか? これ?? と疑問に思い
お題を変更!

こんどは

「携帯電話・スマートフォンの維持費節約アドバイザー」


とした。(得意分野なのです)

実は1ヶ月前から塾の同期生に被験者になってもらい、アドバイスとコンサルを実施。
夫婦で毎月約16000円だった通信費を毎月約5000円にすることに成功。

これはイケルかも!?

あとこれは余談だが、今回自分の移住にあたって、ガス料金を安いガス会社さがして契約したら、八潮にいたときに比べてガスの立方単価なんと半額。

八潮の業者、どんだけぼったくりだったんだよ

知ってるのと知らないのとじゃほんと大きな違いだよなあ



このように依頼者の支出を見直し、減らす生活をアドバイスする。

するとみんなから意見があって



じゃあいっそのこと、生活の支出を減らす全般アドバイザーすれば?



じゃあいっそのこと、支出を減らした先にある、働きすぎない生活(田舎でのんびりスローライフ)を支援するアドバイザーにしちゃえば?

はい、いただきました!

本気モデルできたー!


ということで3日目

発表すると・・・

藤村先生から

「いっそのこと移住希望者の相談にのって、移住者をあつめ、村を創ってしまえば良い」とのご提案が。。。@_@;



いや・・・先生、まさしく寝耳に水とはこのことで、私にはそんなだいそれたことはとても。。。



先生「この案件に協力したい方いますか?」



いや、先生、いるわけな・・・。



同期生「はーい」

とチラホラ・・・



えー! いるのかよ!?@_@;



しかし先生、やっぱり私には見当もつかない話でとてもじゃないですが。。。



藤村先生「それを実現するにはね・・・・(スラスラ)・・・で、あってこうであって(スラスラ)・・・・。だから、なになにであって・・・・(スラスラ)」



いや、藤村先生だからこそ、そうやって簡単におっしゃいますけど・・・え? ふんふん なるほど!・・・はいはい!!・・・そうか そこから始めていけばいいわけですね!!お?・・・あれ?・・・・・・・。


えーと。。。。


先生、私、なんとか出来そうな気がしてきました!(爆)



ということで


まっさんはこれから村を創ります!!!(いま自分でも書いててビックリするな ほんとかよ これ)


とりあえず、やるからにはがんばるぞー!


ちなみに2日目の夜の交流会はみんな、名残惜しくて午前1時まで続いた。

先生が初回の合宿の初日におっしゃった通り、みんな素晴らしい「仲間」になることができた。

たった4回、会っただけなのにみんな、ずいぶん前からの戦友のように感じる。

これからも定期的な交流を誓い合ったのでした。



この合宿で得たもの

ワクワクするような視野(まるで急に世界が10倍ぐらいに広がったような?)

深い智慧

人生の師

仲間




まさしく・・・その価値




プライスレス!(台無し)



ごめんなさいm(_ _)m




とりあえず、どうしても最後に書いておきたいのは。。。


4ヶ月まえにこの合宿への参加を決めた自分、でかした! よくやった!!  天才!!!


やっぱり台無し


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
377日目 移住後のバタバタ 田んぼ
2015-05-12-Tue  CATEGORY: 田んぼ
菊芋の植え付けと並行して進めたのは引っ越しの片づけと田んぼの整備。

10年ぐらい人が住んでいなかったお家なので、中も外もかなり凄いことになってた。
床、壁、天井、窓、押し入れの中、すべて拭いていく。
庭も一面、30cmぐらいびっちり深く根を張った雑草が茂っていて、クワで「畑でも作るの?」というLVで開墾していく。

家の中では台所の収納扉を開けた時はみどりさんが悲鳴をあげていた。

私は訪問ヘルパー時代、虫と虫の死骸と虫の幼虫がいたるところを這っているお宅とかを開拓するのはしょっちゅうだったので耐性ができているらしい。このぐらいなら虫汚染レベル、中の上ってところかなあ♪

なんて調子に乗って天袋に足をかけて胸からよじ登ったときに

にぶく「ボキッ」って(--

痛い・・・1年ぐらいまえ仕事でも、肋骨を骨折したが、懐かしい感じ・・・・まずいパターン

あのときも最初の打撲のあと、何日かして、伸びをした拍子に

「ボキ!」って音がしてすさまじく痛くなってきたんだよなあ。3か月いじょう痛かったな。ひどい時は自力での寝返りができなかった(笑

んで、今回も案の定、二日後ぐらいに仰向けに寝て、肋骨に負荷をかけたときに再び

「ボキッ」って(--

畑耕して骨が疲労してもろくなってたのもあるのかなあ。

それはそうと5月の田植えにむけて整備、整備ー

畔からなんどか水が抜けて水位が下がってしまい、こうさかさんたちに塞いでもらったり、自分で塞いだりと手入れをするのだが、全体的に浸み出しているようでなかなか厳しいところ。

20150512054617055.jpg

↑ こんなふうに水位がさがってしまったり、草もぼうぼう。土も偏っていて高いところ低いところがある。

20150512054740273.jpg

↑ ちかくの農家さんに機械でかき混ぜてもらい、大まかな雑草をとったあと、今度は手作業で雑草をとった。

そのあと、トンボという道具で土をならした。たんぼお隣さんの愛敬さんに親切に教えてもらいながら、楽しい作業!(肋骨さえまともなら!)

途中から楽しすぎて長靴が脱げてしまい、素足で田んぼを駆け回ってた

みどりさんのおかあさんも来てくれて、我が子の面倒や草取りにも参加してくれた 感謝!

んでこのころ、下血@_@;

便器真赤でびびったー。。。

まさしく

「なんじゃこりゃー!!!」

瞬時に脳内でいろいろぐるぐると考える

やばい、、、最悪、大腸がん? おれ、我が子の成長を見届けられないの!?

引っ越し前後で食生活もめちゃくちゃだったからなあ。

「田舎に引っ越したらもうあんまり食べられないから!」

と社会毒にまみれた外食などを繰り返してた(--;

しっかし移住後もそこまでド田舎ではないので、外食するところはいっぱいあるし、忙しさにかまけてついつい(--;

出血は5日間ぐらい続いた。
ある人から乳酸菌を積極的にとって腸内細菌バランスを整えるように言われたのでそうしてたら止まった。(自家製の乳酸菌培養液とか)

そして小麦(パンとか麺とか粉物とか)を控える食生活をしていた。

血が止まったので調子にのって、ラーメン食べに行ったら(大馬鹿)、その日の夕方、また出血した(--;
小麦こええ・・・・。





20150512055232634.jpg

↑たんぼのちかくの道の駅の看板娘

トラックバック0 コメント4
376日目 移住後のバタバタ 菊芋植え付け
2015-05-11-Mon  CATEGORY:
ということで家はめちゃくちゃなままだが、畑に菊芋を植え付けていくことにする。
3反のうち、2反ほどにありま夫妻と植えていく。

ひたすらクワを入れて、菊芋を投入し土をかぶせていく作業。
これがなかなか終わらない。

長さは100m
幅は50mぐらいあるか?

その幅50mに20列ぐらいの菊芋の列を作るわけだから・・

試しに計算。

1mぐらい掘るのに7回ぐらいクワを入れるので100m進むためには700回のクワを入れる必要があって、それを20回繰り返すと・・・。

えーと・・・。

計算やーめた 気が遠くなる!(泣)


以下、作業中に頭に浮かんだこと

お百姓さんはエライなあ。
大昔から永い間、こうやって世界に食べ物を提供してきたんだな。

お百姓さんはイチバンえらいし根気強いのかもしれないな
やっぱり食べ物を作りだす人がいちばんエライんじゃないだろうか

すごいな お百姓さん。

しかしこんなこといつもやってたら、これはお百姓さんもからだ壊すな。

人の分まで作物を作るってほんとうに大変なんだな

農薬や化学肥料なんてなんで使うんだろ!? なんて安易に考えていた自分に反省!

等々

それでもクワをふるっていると、だんだんと雑念が消えてきて、頭がからっぽになってきて

そう、 まるで瞑想しているような?

なにか不思議な感じ。身体は疲労していくのに、脳は解放されていくような・・・?

 20150511090936896.jpg


20150511090416838.jpg


というわけで完了!
結局なんだかんだ1週間近くかかってしまった。
途中、ありま夫妻のお家にお邪魔してココナッツカレーを御馳走になったりした!
うちらと年も近いし、子供も年が近いので話したいことがたくさんある!
やっぱり関心があることが共通しているので、とても勉強になった。

なんと古民家を買い取って自分たちで半年がかりでステキにリフォームしてしまったとのこと。

ほんとうにステキで嫁のみどりさんと羨ましいことしきりだった。

そのセルフリノベーション日記


20150511090816361.jpg


やったー!!

トラックバック0 コメント2
374日目 移住直後のバタバタ
2015-05-09-Sat  CATEGORY:
引っ越し直後からのキーワードは

畑の整備

お家の大掃除( de 肋骨骨折)

田んぼの整備

下血(笑)

です

まずどうしても書きたい話題は

ありがたいことに「減速して自由に生きる」の高坂さんから

「菊芋を一反(300坪)の土地で栽培して買い取ってもらう」

というお話をいただいたこと。

誰が買い取ってくれるの? というと

LSL の田村さんという方です。こうさかさんの経営するオーガニックバー たまつき のお客さんで自然派なビジネスを企画する方のようです。

一反の畑はどうするの? っていうと

こうさかさんのお知り合いの方が3反の畑を無償で貸してくださるとのこと


・・・。


こうさかさん ありがとう! 師匠と呼ばせてもらいます!


我が家はたまつきに足を向けて眠れませんな!

菊芋は血糖値を下げてくれるインシュリンと同じような働きをする「イヌリン」という物質をとても多く含むのです。

血糖値をあげやすい食生活を続ける現代人の「インシュリン分泌で疲弊した膵臓」を休ませてくれるのではないでしょうか?(お酒飲みにも休肝日って必要でしょう? でもすい臓は休膵日を設けてもらえない可哀想な臓器の一つなのです)

さて貸してもらえる3反の畑は2~3年ほど、休耕地で背丈2mの草が生い茂る荒れ地となっていた。

3反、約1000坪の畑といわれても実感がない。。。
しかし実際にその場に立ってみるとすさまじく広い。
目安はサッカーグラウンドと同じぐらいだと思っていただければよい。

こうさかさんがブログで声をかけてくれて

東京から5人の助っ人を連れてきてくれた!

そしてその畑を使う、もうひとつの家族ありま夫妻も加えて、汗と泥にまみれながら開拓してくださったのです

高坂さん ありま夫妻 そしてお顔も知らない5人の助っ人、五十嵐さん/本田さん/碓氷さん/石井さん/加納さん

本当にありがとう! 
いつか恩返しさせてください!

おつかれさまでした! 当事者の我が家が行けなくてごめんなさい(←退職前の仕事が忙しくぜんぶお任せしてしまった)

詳しくは高坂さんのブログ たまにはTSUKIでも眺めましょ の4月16日を読んでいただくとして

参加者の方のメールとのことを以下転載

加納さんが帰宅後、メッセージをくださった。

今日は知識豊富な皆さんの話し聞いたり
実際草を刈ったりお宅訪問したり、、、
とっても学ぶ事の多い良い日でした!
疲れも心地よい疲れで、
頭でっかちな脳の疲労に体の疲れが少し追いついた気がします(笑)
脳の筋肉痛より体の筋肉痛のが遥かに心地よいですね。
体力使ってダイエットにもなるし、
作物育つし、自然の豊かさに感動も出来るし、、、万農ですね。
正直、私は今まで政治経済に大変疎く、
いろんな不安に気づき抱えながらも
都会の消費社会を普通に楽しんでいたタイプの人間なので
多くを語る事は出来ないのですが、
昨日の作業をしてみて改めて、
放射能を気にせず出来たらどんなに素晴らしい事か、、、
という当たり前の事が当たり前じゃない現状を実感しました。

転載おわり

さあ、我が家が引っ越しで手が離せないとき、たくさんの方のお手伝いで休耕地は「荒野」から「平野」にLVUPしました。

次回は100kgの菊芋の種イモの植え付けについて!


image1.jpg
↑ビフォー

image2.jpg
↑ビフォー


image1 (1)
↑アフター
トラックバック0 コメント0
366日目 つまりは1歳!
2015-05-01-Fri  CATEGORY: 田んぼ
2014年5月1日に誕生した我が子は早1歳になった。

仰向けで泣くことしかできなかった我が子が早、伝え歩きしてるよ。
写真を見返すと顔も全然別人だなあ

365分の6570日を消化(18歳で親元を離れると仮定した場合)

寂しい。。。

この一年、たくさんの幸せを我が家にもたらせてくれてありがとう!


さて告知です。

来る2015年5月10日

なんの日だか覚えていますか?
なんだろう? ってそこのあなた

1年でもっとも重要な日ですよ!



我が家の田植えです(知るか! って突っ込んだあなた、ありがとう!笑)



ということで一緒に田植えしてくれる方募集です。
対象はこのブログみてくださっている方どなたでも!

電車で来るなら八日市場駅、車で来るなら八日市場ふれあいパークまで迎えに行きます。

田植えなんてなにが楽しいの? ってあなたに面白いお話を。

この近辺で田んぼを借りている人には東京から通ってきている人がたくさんいます。
その中には弁護士さんが3人もいたり、IT関係の仕事についている人もいるし、それこそ介護士の人もいるし、ふつーのサラリーマンの人もいるし、たくさんの人がわざわざ週末、東京のほうからこんな田舎のほうまで通っているわけです。

先日、この弁護士さんのひとりにお話をきいたのだけど、「癒される」のだそうです。

ストレス社会のトラブルを一手に引き受けるお仕事柄、頷けるところがあります。

ここからはまっさんの勝手な想像です。

私達、人類は海から生まれて陸に上がり、土に足をつけて生活してきました。
土は私達の命を育む土壌です。(私達って自分が死んでそのまま放置しとくとやがて土になるのけっこう忘れがちじゃありません?)

都会は私達と土を引き離しました。

家の中には石油原料でつくった化学的な壁に囲まれ、電気配線の電磁波に囲まれて、うまれたときからそうだから、それが当たり前だと生活しています。

外に出ればアスファルトの上で生活しています。

ずっとそうだから忘れてしまっただけで、そんな生活のすべてがすこしずつストレスなのかもしれません。

自然と田んぼの土に囲まれて、おひさまを浴びながら、虫や鳥の声を聞きながら、汗をながして、脳みそはリラックス解放させて、身体を動かす。

その後のおひるごはんや晩御飯は5つ星ホテルのディナー並みなのを保証いたします。(もしかしたらそれ以上!)
その日の夜の眠りは近年まれに見る至副のひと時であることでしょう!

もしかしたら最高の贅沢ができるかもしれませんよ!

トラックバック0 コメント0
<< 2015/05 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.