移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
あと3日 低線量被ばくの恐怖
2014-04-28-Mon  CATEGORY: 放射能の隠ぺい・嘘
放射能の話。

現在日本政府は年間20ミリシーベルト以上の被爆が見込まれる地域を一般人の立ち入り禁止としている。
この数値に対して疑問の声があげられているが、もみ消されている。

ことの始まりは20年以上まえのチェルノブイリ原発事故。この事故においてその地、その時の政府は年間5ミリシーベルト以上の被爆地域を強制退去地域にした。そして1ミリシーベルト以上、5ミリシーベルト未満の地域を退去勧告地域としたらしい。(住民は立ち退く場合、政府より資金の援助がある)

そして問題はこの1~5ミリシーベルトの地域に留まった人々の現在の健康状態。甲状腺疾患、循環器疾患を中心として健康を害している人が多い。現場の医師たちはこれを放射線の影響として声をあげて活動している。しかしその事故との科学的根拠、研究データに基づく立証が難しいためにその声はかき消されているのだ。

なぜか? 原子力発電事業者とそれを購入する立場の各国関係者の利権問題のせいだ。原子力発電事業者にしてみれば莫大な開発費をかけて製作され、使用され、これからも売り込んでいかなくてはならない原発が非難され廃れることは許されるべきものではないのだ。政府関係者からしてもそこから生み出される利権を手放すことはできない。またその健康被害を認めることによる莫大な賠償問題も、うやむやにできるならそれにこしたことはない。

日本の場合もこれと全く問題は同じ。もし年間5ミリシーベルト以上の地域を強制退去、1~5ミリシーベルトの地域を退去勧告地域としたら、どうなるだろう。

 いまよりはるかに膨大な地域が人の住むことができない地域になってしまう。賠償費用は莫大になり、反原発の声はますます強まってしまうだろう。彼らにはこれが都合が悪いのだ。
フクシマ原発事故は取り返しのつかない重大事故であってはならない事情があるのだ。

もし万が一、これで5年後10年後、20年後、健康被害が多発してしまってもそのころには責任者の所在をあいまいに逃げればいいのだ。科学的根拠と立証性がないと否定して逃げればいいのだ。日本人はチェルノブイリ原発周辺地域の住民に比べて裕福で栄養状態もいいので、チェルノブイリほどの健康被害はでないんじゃないのか?という無責任な甘い希望的観測で原発の甘い利権にしがみついているのだ。


たった一度しかない人間の命や人生ってそんなに軽いものなのか?


自分や家族の命を守るために政府の安全基準は一度、疑ってかからなければならないと感じた。


参考元 「低線量汚染地域からの報告」 馬場朝子・山内太郎 著


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
37週目 時系列整理その5と6
2014-04-23-Wed  CATEGORY: 不妊治療
推定体重2781g
生まれるまでいよいよ残り一週間

粉ミルク発注。オーストラリア、タスマニアでオーガニック栽培された牧草だけを食べた乳牛から採れたミルク、Bellamy's、6缶で24000円(このうち10000円が送料、、送料が高いんだよなあ)

韓国のセウル号沈没について。
数百人の死者が出そうだが、これだけの乗客が逃げ遅れたのは人災のようだ。
船内アナウンスで脱出を呼び掛ける放送はなく、その場に留まるようとの呼びかけのみが流れていた。
その間に船員は全部、逃げて脱出しちゃったようなのでそれは論外だが、その場に留まるよう呼び掛けるアナウンスに逆らって甲板近くまで移動した乗客が助かった。一度すべてを疑って自分の頭で考えて行動することも、時に大事なのだと感じた。

時系列整理その5

いよいよ臼井医院に通院を始める。
何回かの検査で通院し、その後、勉強会に出席する。
これは全部で2回の臼井先生が主催する高度生殖医療の説明会みたいなもので、これに参加しないと体外受精に進めないという面白い仕組み。
月に1~2回で、しかも大人気でなかなか予約が取れないらしい。
朝から並ばないと予約すらできないとのことで、嫁が朝の7時半から並んだがそれでもキャンセル待ち。(運よくキャンセル出た、ラッキー♪)

指定の日にいってみたら30組ぐらいは、いただろうか
みんなそれは真剣。限られたチャンスと大枚をはたくんだから、そりゃ当然だよなあ

この臼井医院、通う前から分かっていたことだが、予約で通院してるのにすさまじく待つ。2時間ぐらいは当然のように待つ。それだけ流行っているんだろうが、こうなってくると先生も一人ひとりに詳しく治療の説明をしている暇はないのだろう。そういう意味でこういう勉強会でいっぺんに説明しちゃうっていうのは合理的だ。

説明会も無事に出席していよいよ本治療開始。

まずは服薬と注射を繰り返しながら(嫁いわく薬漬けの毎日)卵子を育てていく。(この薬がホルモン誘発剤、嫁いわく、気分が悪くなるらしい) 

育てたら卵巣に針をぶっ射して採卵します。(嫁いわくとんでもなく痛いらしい)

うろ覚えだが、採卵前の複数回の通院で10万円ぐらい。採卵で8万円ぐらい。

なんと先生の腕が良かったのか、それとも毎日ヨガやったり、ウォーキングしたり、玄米など食事に気をつけたり、お灸したり、毎日10時過ぎには寝るようにしたのが良かったのか、14個とれた。
そのうちの3つは未熟で使用できなかった。残りの11個を5つは顕微鏡受精、6つを体外受精とした。これで5万円ぐらい。
もうこの辺にくると金銭感覚完璧に狂ってくる。(狂わないとやってられない(泣)

顕微鏡受精は顕微鏡下で卵子に精子を直接注入。体外受精は試験管のなかにいれた卵子に選別した多数の精子をふりかけて自然受精を促す。

一週間後、結果をドキドキしながら聞きにいく。ちなみにこの培養料が6万円ぐらい
胚盤胞という移植できる状態まで育った受精卵は顕微授精で3つ。体外受精で1つ。合計4つの受精卵を手にいれた!

さてこれをこのまま間髪いれずに移植するかと思ったら臼井先生から「身体を休めて子宮の状態を万全にするために一周期あけましょう」とのことで次回にお預け。4つの受精卵は凍結された。これで凍結料が3万円ぐらいかな。んで次の周期までまた通院と内服と注射をしながら、子宮の状態を整えていく。(合わせて何万円かやっぱりかかる。いよいよ1回目の移植! しっかり前もってSEET法も施しました。移植で12万円ぐらい。

1週間後、嫁が結果を聞きにいってきた。

ダメだった。

成功率は30%ぐらいだと言われてる体外受精。

覚悟はしていた。それでもやはりショックだった。

私が仕事から帰ると嫁は少し泣いた。

「お星様になったのかな」

と言って私の分も泣いてくれた。

時系列整理その6

一回目の失敗を乗り越えて二度目に繋ぐ。         
ふたたび、次の周期まで薬をのんで着床の準備を整えて移植に臨む。

中には20回試しても出来ない人もいるらしい。
もしかしたらこのまま、一生かなうことはないのではないか?
お金は果たして続くのか?

そんな恐怖みたいな不安を抱きながらの2回目

結果は初回の日記に繋がります。


望んでも結果が得られない人も少なくない中、幸運だと思う。

まだ得られない人たちに良い風・優しい風が吹くように心より祈ります。

とりあえず、アマルガムによる水銀中毒・金属アレルギー・口腔内電流による自律神経系への狂いは重要項目で確認してほしいと思う。

トラックバック0 コメント0
36週目 銀歯・アマルガム水銀の害2
2014-04-17-Thu  CATEGORY: 歯科の害
赤ちゃんの推定体重2671gと順調。
もうちょっとで生まれるー

アマルガムの水銀中毒の情報を引き続き勉強中。

その害は大きく分けて3つ。

1・・・口腔内で気化した水銀による水銀中毒。消化器系から吸収された場合も身体の各器官に蓄積されて怖いがまだこっちのほうが救いがあるようだ。時間はかかるが何カ月~数年ののち、排出される可能性はある(もっともそれまでに水銀の毒性により発癌したり、重篤な疾病を発病してしまう可能性はあるわけだが) もっとも怖いのは呼吸器から体内に入り込んだ場合で、この場合、容易く脳内に入り込み、しかも入り込んだあとは排出されない。認知症やうつ病、様々な脳の疾病に関係する可能性が高い。

水俣病などの原因になったのはメチル水銀と呼ばれる有機水銀で、アマルガムは無機水銀と呼ばれる性質なので安全という説もある。しかし昨今の研究では水銀はたとえ無機でも有害という報告がある。しかも無機水銀は口腔内や腸内の細菌によって有機化(メチル水銀)されるという研究報告もある。

2・・・アマルガム(水銀を中心とした重金属の化合物)による金属アレルギーの発症
皮膚の発疹や身体の各器官の炎症

3・・・口腔内の金属が口腔内電流や電磁波を集めるアンテナ的な役割を果たし、人体に強力な電流を発生させて自律神経の乱れを引き起こし、身体に様々な不調を発生させる。

歯科で使うアマルガムの水銀は歯科側から言わせれば、安定していて安全な歯科用材料だそうだ。

しかしアマルガム販売している業者のアマルガム使用説明書の内容は以下のものだ。(口の中に毒がある 釣部人裕著より抜粋)

素手で触らないようにすること
充分な換気をして扱う
密閉して熱源からは離して保管
アマルガムを加熱してはいけない(水銀蒸気が発生するため)

業者向け安全データシート
・アマルガムの分類の名称・・・毒物
・アマルガムの有害性・・・吸入すると有害
・アマルガムを吸入した場合・・・鼻をかみ、うがいをして安静にする。
・アマルガムを飲み込んだ場合・・・指をのどに差し込んで吐き出させ、ただちに医師の診断をうける
・アマルガムが漏れたとき・・・風下の人をただちに退避させる 漏洩場所の立ち入りをただちに禁止する
作業の際は必ず保護具(防護マスク・防護メガネ・ゴム手袋)を着用し、風上で作業する
皮膚から吸収されて中毒を起こすこともあるとされ、廃棄・輸送時には「毒物および劇物取り締まり法」の毒物に準じて行うようにと規定。アマルガムは「毒物および劇物指定令第一条、第17号の水銀化合物を含有する製材に該当し毒物および劇物取締法第2条、第一項に規定されている毒物である。

抜粋終わり



・・・。



こんなもん人の口の中にいれてたんだ(笑)
施工側が扱うのに防護マスクや防護メガネ、ゴム手袋が必要なのに、それをユーザー側の口腔粘膜に入れちゃうんだ(笑)
口の中に一生、ゴム手袋入れて過ごせってことかな(笑)
気道に常に防護マスク仕込んで暮せってことかな(笑)




そりゃ無理だ




youtubeの動画を一つ紹介する。

歯科用アマルガムを消しゴムで数回こすって何が起こるかを実験しているようだ。
水銀蒸気が立ち上っているのが視認できる。
アマルガムが気化する温度はわずか70度だそうだ。
熱いお茶とか飲んだら容易く達しそうだよな。

http://www.youtube.com/watch?v=9ylnQ-T7oiA

さらに口の中に取り付けられて数年経過したアマルガムの重量を計測してみると、その50%以上の質量が失われているそうだ。(溶けてなくなったということ。口の中で溶けた水銀はどこに消えたのか・・・?)

アマルガムを装着した人の口のなかの空気中の水銀濃度を計測したところ、もしそこが人が作業する工場内であったなら、「水銀高濃度のために操業停止」の処分がくだるほどのものだったとのこと。


ほんと「どこの国の毒ガス製造時の話?」って思ったら日本人の約70%の口の中にあると言われてる金属の話でした
トラックバック0 コメント0
35週目 銀歯アマルガム水銀の害
2014-04-13-Sun  CATEGORY: 歯科の害
順調なこの頃だったが事態急展開。

最近、生まれてくる子供のためになればと歯の健康について調べていたが、歯科材料(詰め物)について不味いものがあるらしい。銀の詰め物(通称アマルガム)。水銀化合物で詰めると口腔内で常に溶けだし、水銀中毒になる。つい最近まで日本でもよく使われていて現在でも日本人の70%ほどの口腔内に存在する。欧州とかではいち早く使用が禁止されたが、日本や米国ではその後も使い続けられた。

思い出したのだ。約8年ほど前、26歳ぐらいのときに成人してから初めて歯科に通い、いくつもの歯を治療して、いくつもの詰め物や被せものをしたこと。その直後から始まった上腕まで染まる酷い肌荒れ(掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)というらしい) 頻度の高い口内炎。帯電体質。鼻づまり(おそらく副鼻腔炎) 食生活をいくら改善しても好転しない高中性脂肪、高コレステロール。原因不明の高血圧。精子無力症。精液中の白血球の異常増殖。血中ALP(アルカリホスファターゼ)の高値。

この辺全部水銀中毒の症状に当てはまるらしい。

嫁はというと、帯電体質、頻脈と動悸、掌蹠膿疱症、子宮内膜症、不眠あたりとおもいあたる。

水銀は身体のあらゆる部分に作用する(弱いところに出るらしい)のでこれ以外症状は千差万別らしいが、キーワードは「原因不明」「生まれ持った体質による」不調・症状は実は水銀中毒による可能性がある。
どうか気になる方は読んでみてください。

「口の中に毒がある」 釣部人裕 著
「本当に怖い歯の詰め物」 田中 信男 著

さてどうしたらいいのかと探してみると近場の松戸にその水銀除去のスペシャリストの歯科を見つけた。
新松戸のおおはし歯科クリニック。
除去一か所につき1万円也。
たか・・・おそらく私と嫁で合わせて20か所ぐらいあるぞ。。。20万円・・・
さらに除去したあとを代わりの無害な詰め物に詰め替えなきゃいけないのでそれでまた費用が・・・いくらかかるんだろ。。。

まだ水銀中毒と決まったわけではないのだが、まずは検査はするべきだろう。これだけ疑わしいのだから。
しかし妊娠する前にこの情報は仕入れておくべきだったなあ。。。水銀は胎盤をとおして胎児にも移行する。
(そもそも受精の段階で細胞分裂に悪影響を及ぼす可能性があった)
自閉症患者の脳内で水銀濃度が高値を示す研究結果があるとかないとか。。。

このアマルガム、ほとんど情報が世に広まってないのも政府とかメディアとかから隠蔽されてたんだろうなあ・・・保険診療を許可してきた歯科物質がさまざまな病気を引き起こしてたなんて認めたら、何百万人規模の訴訟問題になるだろうしな。。。
あー 情報弱者だったな・・・完璧に。くやしー
トラックバック0 コメント0
33周目 時系列整理4
2014-04-03-Thu  CATEGORY: 不妊治療
嫁はつわりリターンで苦しめられてる。

出産は5月1日予定。

健診で推定体重2400kg
ちょっと標準よりでっかいらしい。

超音波で先生がみていく


頭の大きさを測りながら

「うん、ちょっと標準より大きいね」

(あー 前回にも言ってたな、それ)


腹囲を測りながら

「うん、お腹周りもちょっと標準より大きいですね」

(えー お腹まわりも大きいんだ)


足の長さを測りながら

「うん、足の長さは標準だね」

(そこは標準なのかよ!!!)


それでは前回の続きだが、やはり現代で生きる限り情報強者でいたいと思う。

我が家のそれぞれの分野のパラメータはどうだろうか

食の安全について・・・添加物や調味料、保存料、農薬、ポストハーベスト、遺伝子組み換えなどの広く浅い知識を有しており、情報弱者ではないと自負。

環境への理解・・・合成界面活性剤の人体への有害性と家庭からの排除、放射能汚染について、あらゆる電磁波の有害性とそれの出来る限りの排除と、広く浅い知識があり、情報弱者ではないと自負。

携帯電話や家電について・・・二人合わせてスマートフォンを月数百円で運用している我が家は、これに関しては間違いなく情報強者。
家電についても購入前の入念なリサーチができるので弱者ではない。

人体の健康な運用について・・・虫歯がなくては困る歯医者(虫歯をなくせるのになくそうとしない既得権益)について最近情報を入手し、それを回避するための情報も仕入れつつあり、歯の健康については弱者から脱しつつある。
いままでは弱者だったので現在の歯の状態は散々だが、ここから盛り返していきたいと思う。

その他、粗食への理解や塩分量やたんぱく質、糖尿病や腎臓病などの知識など、このへんは介護職という特性もあり弱者ではないがまだまだ知識が浅く狭い。今後の課題。

投資や資産運用について・・・これは弱者。銀行に預けてるだけ。なんの運用もできていない。今後の課題。

精神衛生について・・・これは弱者ではないが、強者でもない。心理学や精神分析、自己啓発などは今後もすこしずつ知識を仕入れて、生き方を磨いていかなくてはいけない。


時系列整理その4

さて手術から2カ月もたつとどうにか回復。ほんと歩行者用信号が青のうちに渡りきれず赤になっちゃう恐怖ってこの上ない貴重な体験だったなあ。

ということであっというまに2013年も4月。
高度生殖医療を受けるにあたって病院選びはとても重要だった。

重視したのは
1・・・通いやすい場所にあること
2・・・実績があり口コミがよいこと
3・・・費用が高価過ぎないこと
4・・・SEET法を導入していること

おもにネットでじっくり情報を集めた結果、葛飾亀有にある臼井医院にきまった。
大学病院などではなく個人医院だが評判もいいし実績もある。
費用も高すぎない。
立地も新宿やらに比べて近いし通いやすい。

ちなみにSEET法とは、凍結した胚(受精した卵子がすこし育ったものを凍結したもの)を子宮に移植するときに、その移植日の数日まえに、子宮内に『試験管のなかで卵子を培養して使い終わった培養液』を注入することによって、子宮内に「もうすぐ卵子がくるから着床の準備をしなきゃ」と錯覚させ着床率をあげる技術・・・だったとおもう。
効果のほどはじつは賛否両論だったが、いろいろ情報を集めた結果、信憑性があったので、ぜひとも取り入れたかった。

そしてもう一つ思い切った。

なんとこの臼井医院に通うためだけに千葉の流山から東京の葛飾区に引っ越しした(笑)
ほんとこのためだけに引っ越ししたのだ。
前のところより狭くて、家賃は高くて、職場までいままでの2倍以上通勤時間がかかるところに引っ越した。

しかし長い人生のなかで一度ぐらい、妊活のためだけにいろいろなものを犠牲するのも一興かなと思ったのだ。
そしてこれが良い笑い話に変わることを願って。

そしてどんな結果になるにせよ、後悔しないためにも出来る限りのことをしておきたくて。






トラックバック0 コメント0
<< 2014/04 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.