移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
15週目 悪阻で泣く
2013-11-24-Sun  CATEGORY: 不妊治療
ある夜、仕事から帰宅するなり、嫁が泣きだした。
「きもちわるくて・・・ぜんぜん良くならない・・・」と泣きだした。

なんと泣くほど気持ち悪いらしい。
人生、生きてきて気持ち悪くて泣くってなかなかないな。
いくら妊娠中はホルモンバランスが崩れて情緒が不安定になるとはいえ・・・嫁の心境、推して知った。
最近監査が近く、毎日帰宅が遅かったのも問題あるのかもしれない。

妊婦健診に葛飾赤十字産院にいってきた。
入院室がどうなってるのか知りたくて見舞客を装って、病室前の廊下をウロウロ。

受診そのものは問題なく順調そのもの。

11月19日。ようやく監査が終了
結果は散々だったがなにはともあれようやく終わった。
つかれたー
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
13週目 超音波診断
2013-11-09-Sat  CATEGORY: 不妊治療
13週だから、全工程の3分の1ぐらい消化したかな?

嫁の体調は相変わらず最悪、四六時中気持ち悪く、最近は骨盤や大腿骨頸部あたりが痛いらしい(大きくなってきている子宮に骨盤や大腿骨が影響を受けている?)

常に「うぇっ!」とやっている。
胎児が育つっていうのは大変なことだなぁ・・・

これは将来子供が大きくなって「このくそばばあ!」なんて言おうものなら、それはぶん殴られても仕方ないLVなのだなあ、と妙に納得(笑)

11月6日 新橋の慈恵医大に超音波スクーリングにいってきた。
かなり待たされて診察が始まる。
ひさしぶりにみたわが子はだいぶ大きくなっていた(7cm)
そして飛び跳ねていた!
これはびびった。まだこれぐらいの子って身動きせずに縮こまっているイメージしかなかったのだが、海老なのか?ってぐらい跳ねまくっていてDr含めみんなで笑った(笑)
これは、あれか? 男の子なら命名「海老蔵」とかにして欲しいアピールなのかと思った(笑)

同時に腹が決まった気がした。
たとえ障害があろうと、こんなに元気な命、親として育てていかなければならないと感じた。

いよいよDrが首の後ろの厚みに着眼しはじめると(ダウン症などの兆候がわかる)、なんども写真を撮ったり角度を変えたりと長い長い。
こっちも「あれ、まさか。。。」って感じ。おそらく異常があった所見なのだろう。。。「ちょっと待っててくださいね」と引っ込んだと思ったらもう一人先生を連れてきた(より年配の部長みたいな雰囲気)

こっちは嫌な予感MAX・・・まじですか・・・。

ところが一転「異常なしですね」の診断。

うわー びびったー!! なんだよ! よかったー!!

若い先生への短い指導の内容なので、よくわからなかったが、写真の撮り方に問題があって厚みがあるように見えていたって感じなのか。

とりあえず、よかった。
よかったなあ > 海老蔵







トラックバック0 コメント0
<< 2013/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.