移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
腐海の森とタケノコ 第1146・260日目
2017-06-18-Sun  CATEGORY: 哲学
6月18日 晴れ

陽と月農園おっちーです
本日は久しぶりのなんの予定もないお休みなので、少し長くなるかもですが、書いてみようと思います。

題して

風の谷のナウシカにみる腐海の森や蟲たちと現代のタケノコの関係

です。

まあ、与太話だと思って広い心で読んでいただけるとありがたいです♪

風の谷のナウシカ について概要をすこし

大戦により、文明が滅んだ数千年後の未来を描いています。
そこは瘴気という毒のガスを出す腐海(ふかい)と呼ばれる森に飲み込まれようとしている世紀末な世界です。

生き残った人類は範囲を拡大する腐海から逃れるようにして集落を作り、しかしそこから漏れ出る瘴気のために、健康を損ないながら暮らしています。

腐海の森には巨大な昆虫たちが生体系をつくり、人類を寄せ付けません。
その中でももっとも巨大で強靭な昆虫が王の蟲と書いて 王蟲(おうむ) と 呼ばれる彼らです。

images.jpg

この蟲はかつて、人類が腐海の森を火の力を用いて焼き払おうとしたとき、数万の大群で押し寄せ、飢餓で力尽きるまで一帯を蹂躙したといわれています。
そしてその亡骸は腐海の木々の苗床になり、はるかに広大な土地がまた瘴気をだす毒の森に飲み込まれたといいます。

やがて主人公の少女 ナウシカ は その腐海の森の地下に偶然、導かれます。
そしてそこが浄化された綺麗な空気と水、そして砂で満たされていることを知ります。それは朽ちて結晶化した腐海の森の植物たちが砕けて降り注いだものです。

そしてその水と砂の中で栽培した腐海の植物は瘴気を出さないことを知るのでした。

汚れているのは森や植物ではなく、土や水
腐海の森はその土と水を清浄化している地球が作りだしたカサブタであり、ろ過機関

そう考えるとわずかに漏れ出す瘴気もそこに巣食う蟲たちも、人間が再びそのろ過機関を侵略し、駆逐しないための自然からの警告(地球にとっての害虫(苦笑)を遠ざけるための侵入防止装置)

人間が汚染した惑星を浄化している腐海の森や蟲たち

そしてそれを疎ましく思い、駆除したい人類

このような構図が描かれています


さて、そこで前置きが長くなりましたが本題です。

4月ごろよりにょきにょきと生えてくる裏山のタケノコを掘りながら、そしてそれをまじまじと見ていました。

DSC01765 (300x400)

これ、風の谷のナウシカの 腐海の虫の象徴 王蟲 に そっくりだ(--;

竹林は一般にやはり迷惑な存在です。
強靭な地下茎を伸ばし範囲を拡大し、撤去もたいへん難しい

いま里山は荒れた竹林で溢れています。

しかし高田造園の高田 宏臣さんや 大地の再生講座で有名な 矢野智徳 さんはその講演会などでこう言います

「竹は除草剤をはじめとする土壌汚染物質や、近隣のコンクリート道路や建造物の影響でかたく閉ざされてしまったその土地を、強靭な根で耕している。

やがて数十年後自らが枯れたあとに腐食し、そこに水と空気の通り道をつくり、微生物や菌糸を呼び込み、土を柔らかくし、そこから生体系を復活させるためにある。

そしてそれが完了すると自ら、自然と消えていく」

そういえば竹林は数十年単位でいっせいに枯れると聞いたことがあります。

これはまさしく、ナウシカの世界で描かれる 腐海の森、そのものです。
そしてその子である、タケノコが王蟲の姿と瓜二つなのもけっして偶然ではないのでしょう。

宮崎駿監督は30年もまえに、そのような痛烈なメッセージをわれわれに投げかけていたんだなあ



その竹を疎ましく思い、除草剤で根を枯らそうとする我々人類もまた、ナウシカの世界で腐海の森を焼き払おうとする人々そのものなのでしょう。

竹だけではなく、一般に厄介とされる、雑草たちもまたすべて同じ構図なような気がします。

人間の側からみれば、やっかいな雑草、害虫たち。

しかし、地球という大きな生命体からみれば、彼らは地球を癒す功労者であり、
残念ながら人類はそれに害をなす存在といわざるえないのかもしれません。

DSC01765 (300x400)

ほりだしたタケノコの目は 赤い 怒りの攻撃色 を 示していました。

彼らが役目を終える数十年後、朽ちていく彼らの目は おだやかな青い色に代わっているのでしょうか?


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
風邪引きました 第1116・230日目
2017-05-22-Mon  CATEGORY: 哲学
2017年5月21日 日曜日 晴れ

どうも 陽と月農園 おっちーです

午前中、自分の畑をやって午後は移住仲間の家に用事があっていってきました

畑をみせてもらったけど、見事な自然栽培の畑。

日ごろの愚痴などをついつい聞いてもらい晩御飯までもらって帰ってきました。

農繁期に入り、最近睡眠時間が足りていない感じ

と思ったら喉が痛くなってきた 風邪だなあ

と帰ってぐったり就寝

ジャガイモの草取りと落花生の種まき

やらなきゃなあ・・・
体よ、あしたは動け。。。



トラックバック0 コメント0
孫に甘いね おばあちゃん! 第1099・213日目
2017-05-05-Fri  CATEGORY: 哲学
5月4日のブログ

どうも陽月農園 おっちー です
現在 農園のロゴを考案中です。
陽月という名前からすでにだいたいのイメージはできちゃいますよね

もうすこしイメージが固まったらデザイナーに発注したいと思います。



さて、これはここのところ恒例のタケノコ。
今年はもう何本ほったのだろう 100はいくね 軽く(--
掘り方も熟練してきてこれだけ掘って30分ぐらい。
しかもふつーの平クワ

だれか竹掘りクワ ゆずって(--
お礼はタケノコで。。。笑



これは晩御飯のユーリンチー
ただしイノシシ肉バージョン
まー べらぼうに美味しい!

さて、本日はブログタイトルのちょっと不思議な話

数日前のブログで原付崖からダイブ その後、猫飛び出し2連続の話を書いた
そのときのブログはこちら
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-116.html
その続編?


本日 原付で道を走行してました。すると

ガチャン ガラガラガラ!!

突然の異音と減速する原付

なんだなんだ すごい 音したぞ びびった@_@;

路肩に寄せて確認すると最近、伸びきってジャラジャラと異音をさせていた原付のチェーンがいよいよ外れて走行不能に陥ったようです。

なんてこった!
いいかげん、修理に持ち込まないといけないとは思っていたが。。。それまで持たなかったかー

どうしよう どうしよう どこか修理に持ち込まないと。。。近くに都合よく店があるといいんだけど、、、しかしそんな都合よくあるわけが。。。キョロキョロキョ・・・!

目の前に

「オートショップ ○○」の看板・・・

・・・

あったー! 信じられないほど、都合良く目の前にあったー!

いやいや

しかしGWまっただ中にあって店が果たして都合よく開いているのか。。。

「いらっしゃいませー」

開いてるー! GWなのに都合よく営業してるー!

修理お願いします!

「はーい 預ります 後日直ったら連絡しますねー」

たすかった。。。

しかしここは家から50km離れた千葉のおゆみの市。。。

ここからいったいどうやって帰ったらいいんだ・・・

なんてね!

今日は都合良く嫁のみどりさんの運転する我が家の車が併走してたんだったー!

というわけで乗って帰ってきました。

もうね

いたれり つくせり

 ってこのことかと。

たぶんね これもおれが生まれる3週間まえに亡くなったという 守護霊になったんじゃないかという おばあちゃんからの警告ね

いつまでも原付を修理に持ち込まない孫に痺れをきらし

「危ないからさっさと修理せんか!」

とチェーンを外しておいて

しかし

修理店と帰りの足は用意しておいてくれるという。。。笑

ありがたや ありがたや m(_ _)m

そういえばおれのおふくろのみよ子さんから

「あなたが中学のころね、 塾から帰ってくる30分前になると かならず 自転車のガラガラという音がしたんだよねー それでおもてを見るともちろんだれもいないんだけどね。それから30分後にあなたが帰ってくるのよ」

孫が帰ってくるから、そろそろご飯の準備をしなさい

みたいなアラーム設定だったの おばあちゃん。。。(-~-)

おばあちゃん ありがとう!(どうしよう 実はぜんぜん別人の守護霊だったら気を悪くするだろうな そのときは許して m(_ _)m

しかしほんと忙しさを理由に大事なこと後回しにしたらいかんなあ
気をつけよう。。。

トラックバック0 コメント0
ほんとなんなの!? 1076・200日目
2017-04-21-Fri  CATEGORY: 哲学
4月21日の日記

陽月農園 園主 おっちー です。
なんか不思議なことありましたー

えー
まず朝、原付で登校中、急カーブですべって後輪が完全に制御不能に。
なんとかぎりぎり立て直したけど、あやうく事故りそうになったわけです。
まあそれはそれで終わったわけですが、、、

そして夕方帰宅後、宅急便を出すためにもう一度、21時ごろ真っ暗な夜道を原付で外にでます。
うちの前は結構な坂になっていて、その坂の途中で原付ストップ

あれ、いかんいかん、ローギアに入っていなかったらしい
よいしょ ガチャンと ギアをローにいれてアクセル始動!


ぶぉーん!!!!!

いきなり急発進してハンドル操作を誤り、そのまま、いえのまえの3m下の畑に原付ごとダイブ

気がつくと真っ暗な中、草むらに原付と仲良く横たわっていたわけです。

あー 夜空の星がきれいだあ・・・

って感動してる場合か!

死ぬかとおもったわー
なんとか原付ふくめ無傷だわー

と飛んでった靴の片方を探し出し、草むらから原付とぼろぼろになりながら脱出
そしてなんとか気を取り直して走っていたわけです。

やれやれ 死ぬかと思ったぜ・・・

すると30秒もしないうちにすぐ前を一匹の猫が突然、飛び出してくる!
ぎゃー!! 急ブレーキ!

間一髪、接触を免れ、いったいなんなんだ きょうは どうなってるんだ。。。

と再び走り出す。

するとまた30秒もしないうちに またさっきとは違う猫がいきなり飛び出してくる!!!
ぎゃー!!! 
間一髪! うぉー・・・いいかげん、さっきから心臓がバクバクだ
ほんとなんなの ほんとどうなってんの(--;

その後、考えていた。
おそらく最近ちょっといろいろなことに油断していた。

だから木に登って4mのところから落下して手を捻挫したり
原付で事故りそうになったり
現実に転落したわけだ。

私に守護霊だかなんだかのありがたい存在がいたとして

「ちょっと アンタ ほんと気をつけなさいよ 死ぬよ」(私が生まれる1カ月まえに亡くなったというおばあちゃん想定)

という警告を猫の姿を借りてしてくれたに違いない

ありがたや ありがたやm(_ _)m

今後すべてのことに十分注意いたします。。。

ちなみに なんとか っていう法則があるそうだ

それは1件の取り返しのつかない重大事故の陰には

30件の軽微な事故があるそうだ

そしてその30件の軽微な事故の陰には

300件のヒヤリハットがあるのだそうだ

軽微な事故に遭遇したときは
1/30の確率のロシアンルーレットを回し、その結果、幸いにも死を回避したのだなと猛反省と幸運に感謝しなくてはいけないのですね。

みなさんも十分お気をつけて日々をお過ごしくださいね



トラックバック0 コメント0
259日目 ハチドリの一滴
2015-01-15-Thu  CATEGORY: 哲学
職場でインフルエンザが流行っている。

ちょうど一年前を思い出す。(虎舞竜みたいなスタートです)

(無意味・有害な)インフルエンザ予防接種を律儀に受けた末にインフルエンザにかかり、病院にいって「タミフル」を処方されてしっかり内服したという愚行・・・

しかし逆に考えると

「たった一年で人間ずいぶん変わるものだ」
と嫁と笑いあっている。


今年はインフルエンザ予防接種も拒否した。

んで職場で10人ぐらいインフルエンザかかって自分もかかったぞー(予防接種していないのは私だけだったけど、みんな感染してんじゃん(--;

予防接種して感染した人たちは「予防接種したから重症化しなかった」と頑なに信じていた・・・
洗脳って怖いなあとつくづく思う。

私、予防接種してないけど重症化もしてませんよー
家にも持ち帰ったみたいで、嫁も感染したみたいだけど、重症化してませんよー(もちろん予防接種未接種)

生後8カ月のわが子にも感染してしまったのは可哀想だった。ごめんな。

しかし慎重に経過は観察したけど3日ぐらいで元気になりました。
インフルエンザは風邪の一種なんで、病院もタミフルも必要ないわけです。

この子は39度7分まで熱があがったけど、ウィルスにたいして人体の正常な防御機能を働かせているわけなので、もちろんその邪魔をするだけの解熱鎮痛薬や咳止め薬や鼻水を止める薬なども論外。
脱水には注意しながら経過をみました。
3日目ぐらいから元気に暴れまわってました。

素人的発想だけど、インフルエンザ脳症とかって安易な解熱剤使用で体の中の菌を殺しきれなくなって、脳まで菌が回ってしまうんじゃないの?

いくつかの感染症で重症化する「細菌性髄膜炎」とかも同じ原理なんじゃないだろうか。。。

さらにトンデモ発想してみようかな。。。

トンデモ発想開始

発熱は正常な免疫機能の現れだ。

「予防接種した人は発熱の程度が低い」

とほんとかどうかしらんけど喧伝されている。(重症化しないらしい)

さて、ここでインフルエンザワクチンには人体の免疫を低下させる「免疫抑制剤」が添加されている事実。

あ、だから免疫が弱められているから、十分に発熱できないんじゃないだろうか
これを重症化しないと言ってしまって良いのか?
十分に発熱できないってことは菌を殺しきれないんじゃないの?
発熱が高くなって重症化はしないけど、完治まで長引くとか?
だから完治させるためにあの悪名だかき殺人薬「タミフル」の力を借りざる得ないなんてね?
インフルエンザワクチン売ってる会社もタミフル売ってる会社も儲かるナイスな連携プレー

トンデモ発想おわり

なんて仕組みじゃないといいけどなあ。



さて、本題へ。

洗脳された人々へ社会毒の話を少しすると

「そんなこと言ってたらこの世界で生きていけないよ(笑)」

「食べるものなくなっちゃうよ笑」

で一笑されてしまう。

環境汚染の話にしたってそうだ。
これはちょっと前の自分がそうだった。

自分一人が気をつけても微々たるものだ。なにが変わるというのか?

それについて最近、非電化工房の藤村靖之博士の本に書いてあったアメリカインディアンに伝わる言い伝えがすっと心に収まった。

山が大火事
たくさんの動物たちが焼け出されて住処を失おうとしている

そんな中で一羽のハチドリが麓の川で水を口に含み、それを燃え盛る火の上に落としている。
他の動物たちは笑う

「あいつは何をやっているんだ。あんなことで火が消えるとでも思っているのか。馬鹿じゃないのか(笑)」

ハチドリは言う

「私は私が今できる唯一のことをやっているだけです」

この伝承は私達に

「あなたはハチドリか? それともそれを笑うだけの動物たちか?」

と問うている。

私はどうせならハチドリになろうと決意した。
私にそう決意させたのはわが子という存在だ。

彼にこの利権に狂った汚染された世界で生きていって欲しくない。
そして将来彼とともに歩み、彼が大切に想う人々にもその犠牲者であってほしくない。

私みたいな人間にこんなふうに思わせてくれた、わが子という存在はほんとうに凄いものだと思う。

私は結局、わが子が可愛くて仕方がないんだ。この子のためになにかをしたくて仕方がない、ようするにただの親ばかものなのだ笑


ここで数字遊びをしてみます。

ハチドリ一羽が口に含む水を1ccと仮定してみます。
微々たるものです。一瞬で蒸発してなくなります。

しかしそれが70億羽集まると・・・70億ccの水になります。
これは700万リットルという量になります。

これだけあると山火事、消せそうじゃないですか?

社会毒にまみれた製品を選ばないというのは私達にできる立派な活動です。
私達が選ばなければ、そのような凶悪な製品を作っている企業は滅びます。
これにぶら下がって甘い汁を吸っている利権者たちも滅びます。

企業は無知な消費者を食い物にし、馬鹿にするのを辞めて、本当に消費者のためになる製品を作り始めるでしょう(そうしないと企業として生き残れないのだから)

ヤマザキパンがいかに有害か知っていますか。 その社長は自分はおろか、家族にも食べさせない。

マクドナルドがいかに有害か知っていますか。 マクドナルド社内にて自社フードは食べ過ぎないように と緘口令がしかれている。

味の素調味料(グルタミン酸ナトリウム)の危険性はどうでしょう? 中東で野犬を殺すために食べ物に混ぜられる。「ほんだし・だしの素、カレー、パン、スナック菓子、レトルト食品、カップラーメン」 原材料のところに「調味料(アミノ酸等)」と名前をカモフラージュして入っている。入っていない食品を探すほうが難しい。

遺伝子組み換え食品の危険性はどうでしょう。それを食べ続けさせられた豚がどうなったか知っていますか。それをたべさせられ続けたラットの異形を知っていますか。それを食べた害虫やその害虫を食べた益虫の末路を知っていますか?
製品を買う時、原材料欄に「遺伝子組み換えでない」との記載がなければ、それは遺伝子組み換えです。

しかし、すこし探せば利益だけを求めず、ほんとうに消費者のためになるものを作っている中小企業や個人生産者はたくさんいることがわかります。

大企業の利益を損ねる人人なので、TVやメディアではほとんど紹介されません。

そのように真に努力して我々を救おうとしている人を探そうともしないで我々は

「まともな製品はないのだから仕方ない」

などと勝手に嘆いて現状を許しています。

残念ながら我々の大半は「ハチドリを笑う動物」以下なのでしょう。
自分たちや地球を壊す社会毒にまみれた製品を選び続け、山火事にガソリンを注いでいるのだから。

そしてその増長させた山火事で犠牲になるのは、いつもなんの罪もない愛する子供たちです。
無知と無関心が子供たちを焼いています。

しかしその結果の説明を受ける我々は

「遺伝的なものだから」

「体質だから」

「防ぎ様のないものだから」

「原因不明だから」

「みんなかかるものだから」

「国民の3人に1人はかかるから」

そのような責任不在の説明に納得させられ、本当の原因を探ろうともしない。

すこし自分で調べれば、すぐに辿りつける真実なのに。

私も自分の無知が原因でわが子を重大な危険にさらした大ぜいの親のひとりです。。



ここでもうひとつの考え方を記します。
以前のブログで紹介した「減速して自由に生きる」の著者の髙坂 勝さんが書いていました。


だれかが考えを変革するとき
心の中に杯をもっていると考えるそうです。

その杯が気付きや納得できる情報で満たされたとき、人は考えを変革する。

たとえば髙坂さんは昔、飲食店で「my箸」を持参している人を見かけた
最初は「潔癖症の人なのかな」
その程度だった。
しかしその後も別の場面で何度か見かけた。
流行っているのだろうか?
ついに髙坂さんは自分で検索してみた

すると中国やインドネシアなどで割り箸を作るために森林伐採がすすみ、砂漠化が広がっている事実を知った。
緑が減って空気が汚れ、また黄砂などが深刻な環境被害を引き起こしている。多くの動植物を絶滅に追いやっている事実を知った。
外国でつくられた割り箸は漂白剤と防腐剤で高濃度に汚染されて、健康被害を作り出していることも知った。

そして髙坂さんは「my箸」を持ち歩くようになった。
出会ったひとや見かけた人たちが自分の杯にすこしずつ、シズクを満たしてくれたおかげだという。

髙坂さんはこの世の中をよくしたいと活動する活動家だが、ある人にその活動を理解してもらおうとするとき、その人がたとえ、理解してくれなくても落胆しないという。

その人の杯に一滴のシズクを落せたことに満足するという。

私も見習おう。





トラックバック0 コメント0
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.