移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
日曜大工その4 1266/343日目
2017-10-18-Wed  CATEGORY: 自給自足生活


2017年10月18日 水曜日

陽と月農園おっちーです。

なんでもひきづり倒して食べたり、めちゃめちゃにしてしまう次男にたいして
先日記事にした我が家の冬の居城、4.5畳の居間にたいして収納をさらに付け加えました








ぐるりと天井付近に収納がふえましたー
床付近がすっきりしました♪

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
忍び寄る冬の気配 1265/342日目
2017-10-17-Tue  CATEGORY: 自給自足生活



2017年10月17日 火曜日

陽と月農園おっちーです。

おっちー家は古民家で、しかも山っぽいところにあるので、冬は死ぬほど寒いです。
2年前、1月に引っ越してそのあまりの寒さに長男とみどりさんが凍傷になったぐらいです(いいすぎか しもやけです)
家の中なのにそんなに寒いの?

と思われるかもしれませんが、古民家は家の中もほぼ外なのです。
通気性がよいので木材も長持ちして、数百年も家が存続するのはよいことなのですが、真冬の寒い日に家の外にいたら、寒いですよね?(当然ですね(--;

だからその次の冬、つまり去年の冬は万全の対策をしたのでした。

それは・・・?

20万円のエアコンを買うのでもなく、まきすとーぶをいれるのでもなく、床暖房を導入するのでもなく

冬場は4.5畳の居室にコタツを持ち込んで一家で篭る という戦法なのです(--;笑

台所の横にあるこの狭い畳の部屋
ガラス張りの戸にはぷちぷちの断熱をはりつけ、しめ切ると意外と暖かい。

こんな安上がりな方法でも凍てつくような寒さをしのげるというのが面白いですね

今年もそんな季節がやってこようとしています。



トラックバック0 コメント0
贈り物 1256/333日目
2017-10-12-Thu  CATEGORY: 自給自足生活
10月8日 日曜日 晴れ

陽と月農園おっちーです



柿の時期ですねー
田舎にはどの家にもだいたい柿の木が植わっています
そしてたわわに実っているのですが、あまり食べる人はいないのですね。
だからカラスにつつかれて終わりです
もったいないことです

都会にいたときはスーパーでよく買ってたなあ

田舎なら子どもを抱っこしながら

ピンポーン

「うちの子が柿だいすきなんですが、すこしとらせてもらえませんか?」

でいくらでももらえます♪

これは移住仲間のひろきとたかちゃんがくれた柿
おいしそう と 食べてみたら渋柿だった らしい(みどりさん談)

熟して渋が抜けるまで気長に待ちますか♪

先日、腰を痛めて動けなくなって療養中の移住仲間 遠山たんたん
彼のたんぼの稲刈りをかわりに依頼をうけてやったお礼に色紙をいただきました



家が散らかり放題なのはいつものことなので気にしないでください(--
3歳と0歳児がいると3分でこうなりますので、いや ほんとに(--

彼は筆文字セラピストを名乗っているのです

子どもたちに素敵な文字を書いてくれました。

かっこいー^-^
これは家宝にいたしましょう





と思ったらサービスで家族全員の名前がはいった色紙もくれました@_@

個人情報なのでアップで写せないのがごめんなさい

彼の色紙は今後、大切な人への贈り物のときなどに活用させていただこうと思います。

興味のある方は

筆文字セラピスト 遠山たんたん

で検索してみてください

http://r.goope.jp/tantan

トラックバック0 コメント0
日曜大工その3 1255/332日目
2017-10-12-Thu  CATEGORY: 自給自足生活
10月7日 土曜日 あめのち曇り

陽と月農園おっちーです
本日はこの間稲刈りした稲の脱穀(穂からモミを取り外して籾米の状態にすること)と思っていたのですが、前日あいにくの大雨に降られてせっかく干していた稲が雨に濡れましたのでできません。

ということで日曜大工です。

部屋に棚を作ることにします
次男の手が届かないところに収納を増やさないと、なんでも食べたり、壊したりするからです。
とにかくこの時期の彼は好奇心旺盛で目に触れるものなんでも、いじくりまわしてふりまわさないと気がすまないのです。

ということで、いつものように廃材をつかって棚を作ります



このような廃材を使います。
たしか移住仲間のかんちゃんがなんかのWSのときに持ってきてくれたのだっけかな
こんな廃材でも痛んだところを切り落とし、カンナをかけると。。。



こんな感じで新品の材に、はや代わりするのですね
すごいなあ



こちらの材は割りと古材って感じの落ち着いた雰囲気だったのでカンナはかけず、そのまま使ってみました。

うーん
我ながらなかなかよい仕事ができました^-^
トラックバック0 コメント0
トマト仕事に瓜仕事 1191/306日目
2017-08-03-Thu  CATEGORY: 自給自足生活
8月3日 曇り 涼しい

なんか8月とは思えないような過ごしやすい日。

陽と月農園 おっちーでございます。

視力トレーニングはなんとか2セット実施。
意地だ

右0.18→
左0.18↑

さて本日は大仕事



沢山とれたミニトマト。
最盛期ですな
この山があと4つあります。
総重量8kg

しかし最盛期ということはこの後、収穫は落ちていきます。
だから保存食にするのです!

一般的に毎年、梅干を家庭で漬けるのを

「梅仕事」

なんていうらしいですが、ではこれはトマト仕事ですね



はい! できあがり!
この1瓶、2Lですから煮詰めて煮詰めて4Lのトマトソースをおっちー家は手に入れた。

天日海塩
玉ねぎ
ニンニク
ミニトマト
オリーブオイル

で、ございます。
シンプルいずベスト

一般的に大玉よりミニトマトのほうが糖度がたかく、味が濃いといわれていますので贅沢なトマトソースです
どんな料理にでも応用できる美味しいトマトソースになりました

加熱殺菌してあるので常温でも1年ぐらい持つはずです。



続いて瓜です

在来種 沼目白瓜

長野県須坂市沼目地区で大切に護られてきた伝統野菜というやつですね。
果肉の柔らかさが絶品です。



約10kgぐらいつけて、8Lの瓶に詰めました。
家庭用なら半年分でしょう。

これが半年もつのかどうかは不明
やってみればわかるでしょう

味付けは適当ですがけっこう美味しくなりました。

天日海塩
自家製しょうゆ
みりん
甜菜糖
たかのつめ
細切り昆布
味噌

と思いつく限りぜんぶ詰め込んだ感じです。

こういうの何浸けっていうんでしょ?
全部漬け?_?

良い仕事ができました!
トラックバック0 コメント0
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.