移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
ゼロから始めた移住生活 おっちー家・就農1年目
夏の畑の開墾 1514/590日目
2018-07-01-Sun  CATEGORY: 開墾
2018年6月24日 日曜日 晴れ

本日は家の敷地の畑の開墾ですな。

ナスやらオクラやらを育てるのに手持ちの準備していたスペースがなくなりました。

まあ農家としてお借りした畑はまだスペースが十分あるのですが、こちらは家から車で5分。

果菜類は毎日の収穫と剪定などが必要になるのでなるべく、手元においておきたい。

ということで手付かずだった場所を開墾するのですが、またここがすごい
かつて2年前に一番最初に開墾したときは一面が篠竹と真竹(!)すら蔓延っていた場所です。

あれからたまに草刈などの手入れはしていたのですが、ここ1ヶ月ぐらい油断していたらまた、ジャングル
全部草を刈り、草を一箇所に集め、トラクターをかける
トラクターで無理なところは手作業で掘って竹の根を除く

正味4日ぐらいは費やしております
しかし強靭に深く蔓延る竹の根をすべて除くのは土台不可能。
いずれまた竹の芽が顔を出すでしょう。

そして畑の端っこに溝を掘っていきます。
そこに集めておいた草や竹や木の枝をいれます。

これは空気や水の通りをよくするためのもので、草や竹の枝をいれるのは土砂に埋まらないようにするためと、微生物が土中に蔓延るのを助けるためです。

現代のナウシカ(ジブリ映画)と称される高田造園の高田さんの気脈・水脈理論ですね。♪

これを行うことによって、土の中に酸素と水の通り道ができ、土が蘇っていくそうです♪

5946AF5B-7161-4544-A9B8-B480DB9BA8C0.jpg


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
3年目のプレゼント 1483/559日目
2018-05-26-Sat  CATEGORY: 開墾
2018年5月22日 火曜日

 緑肥のエンバクが無事に発芽してきました
一安心
板でがんばって鎮圧したり、ドラム缶で曲芸しながら鎮圧したりがんばったのが、報われました

B583E32F-BAE0-47B8-8474-3AD4F46A17D0.jpg E0E24288-7AC9-4D8F-ACE7-2716CCA5FA72.jpg 
ネギを定植しました。
管理機で溝をきってネギを植えるわけですが、実際には米糠ボカシを播いたり、有機苦土石灰をまいたり、自家製の灰をまいたり、砕いた炭をまいたり、藁をしいたりとなかなか手間がかかります

ねぎは加湿に弱いので藁をしいて酸素供給量を根に増やしてあげるとよいそうです

906AFC96-5A6E-463A-AC26-C645360A93DF.jpg

かぼちゃがトンネルからはちきれんばかりなので、トンネルをとってあげました
 C5A81FB2-856A-4110-960E-F2223C5B647F.jpg

ついでに畦の草もかってあげて、どうぞかぼちゃさん、しげってください!
 3275E329-08E6-4321-A3BC-BD11FCAD7332.jpg 
そのままの勢いで周辺の土手の草も刈ってあげます。
どうせひろすぎて一度にはとても全部刈れないのでとりあえず夕暮れまでがんばってみましょう

AB86620C-C147-4B69-9200-7DDA2193DEA2.jpg 
すると、、、おや、、、なんだろう
なにか発見できそうな予感がします。

これは。。。まさか。。。

まさか。。。

胸が高鳴ります
夢中で篠竹しげる硬い茂みを草刈機で刈っていきます



6C7082CE-57DE-48D1-B3B7-0EAFD26EA65D.jpg

道だー!!!!
あったのかー!!!!!!
ついに見つけたぞーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

おっちーのお借りしているおうちの敷地は高低差があり、上の畑と下の畑 みたいな感じで篠竹のしげった土手で区切られていました。

ここの行き来が軽トラやトラクターでできないのが大変な苦労でしておっちーも過去に何度となく、命の危険を賭して(半分ほんと)挑んできたのですが、今回ようやくみつけました

その記録の一部はこちら





今回ようやくみつけた先人がつくった上と下の往復路です。

これがあれば重い農業資材も軽トラに積んで運ぶことができる
トラクターも耕運機も楽に上の畑にあげることができる!

ながかった・・・
実に3年の月日が経過。

気分はコロンブスが新大陸を発見したがごとく

ほんとうに長かった
いままでの試行錯誤を思い出しておもわずひとり、涙ぐむおっちー(知らん人がみたら笑えるだろうなあ)


363508AC-67EA-467D-9108-546455158FA4.jpg

その後はりきってそこの道までの道も整備しました。まあ、その手前の道はこれから整備しなくてはいけないんだけど(どんだけひろいんだ ここは m(_ _;; 
7723557E-D3C9-4E6A-9593-5FEC444B9A8F.jpg 
ナスとズッキーニ
匝瑳市の先輩有機農家 カトリケより苗をもらってきたので定植しました♪

予約可能
陽と月農園の野菜

ジャガイモ(6月中旬ごろ?)品種はお客さんが選べるほど大量にないので選べません
キロ350円
 男爵
 トウヤ
 キタアカリ
里芋(10月末ぐらい?)
 土垂れ
サツマイモ(9月はじめ?)
 ベニアズマ
 ベニハルカ
カボチャ(8月中旬?)
 カチワリ(自然農法研究センター種子 固定種)
 奥会津金山赤かぼちゃ(在来種 甘くてオススメ!)
以下作付け中・・・

陽と月農園の栽培原則
・遺伝子組み換え NO!・・・肥料や堆肥に至るまで遺伝子組み換え作物や飼料についてNOします。
・無農薬・・・一切の農薬を使いません。有機JAS認定農薬も使いません。
・薬剤NO・・・抗生物質や添加物、保存料などは自分では使わないのはもちろん、使っていない(もしくは減らす努力をしている)原料を使用します
・堆肥は必要最小限・・・硝酸態窒素の作物への残留や環境への負担を考え最小の堆肥・もしくは自然栽培を目指します。
・在来種・固定種を優先・・・可能な限り、在来種や固定種を使います。しかし美味しい野菜を作りたい、また作業効率の向上による農園作業者の負担軽減を達成し永続的な運営確保のためにF1種もときには利用させていただきます。
・自分の子どもに自信をもって食べさせられる野菜を作ります。



ご注文・ご予約は
当ブログコメント欄
または
フェイスブック 越智 雅紀(おっちー/まっさん)
または
070-2684-3085
または
hitotukinouen@gmail.co
トラックバック0 コメント0
<< 2018/07 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2018 ゼロから始めた移住生活 おっちー家・就農1年目. all rights reserved.