FC2ブログ
移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。ホームページもどうぞ hitotukinouen.jimdofree.com
ゼロから始めた移住生活 おっちー家
野犬の襲撃
2020-07-06-Mon  CATEGORY: にわとり育成
陽と月農園おっちーです。

いきなりですが、先日 にわとりが一羽、野犬に食われました。

最近、にわとりの環境改善のため、昼間は鶏舎から出して外で遊ばせていたのですが、夕方、やけににわとりが騒がしい。。。
なんだなんだ、そろそろ鶏舎に戻すかと家の裏に様子見に行ったら、あたりに散乱する大量の羽

そしてにげまどううちのにわとりたち

そのうちの一羽の首根っこを絞め殺してだらりとさせたまま、逃げ去る犬

です(--;

あわてて棒切れもって追いかけまわしましたが、茂みに逃げ込まれ見失う。

残るはあたり一面に痛々しい大量のもげた羽の散乱

逃げまどい、積み上げたワラの資材の中や刈った草の山に頭だけ突っ込んで死んだふりをしているにわとりたち多数
(あー 頭かくして尻隠さずってホントなんだなーT_T)

軽く阿鼻叫喚の地獄絵図です。
ちょっとこの尋常じゃない羽根の量 4-5羽は殺られたのかと青くなるおっちー。

嫁のみどりさんやこどもたちを呼んで散らばったにわとりたちを鶏舎に戻す。

点呼するが4羽足りない。

散々探すと100mぐらい先の茂みのなかで死んだふりをして動かないのが一羽
鶏舎に戻してもピクリとも動かないがよほど怖い思いをしたのだろう。

残り3羽たりない。

まあ一羽は犬が喰えて逃げたのを見ているので、ほぼ諦めている。

残りの2羽も食われてしまったのか
やがて暗くなってきたのでその日の捜索を打ち切り

翌日の朝行ってみると鶏舎の前で固まっている2羽発見。
致命傷はないが、1羽はお尻の羽がぜんぶなくなっている
痛々しいがぶじでよかった

いちおう、あたりにはネットで柵を作ってあったのだが、まあ獣が本気だしたら、そりゃ無力ですよね・・・。
ほんとに獣害防ぐならやっぱり鉄の柵やら、電気柵の導入が必要ですか(資材費やら設置、管理の手間がなあ・・・(--;

かなりショッキングな事件でしたが、こどもたちもそうだったみたいで翌日、保育園の先生に報告したみたいです。

いわく

「先生、うちのにわとり、犬に100羽たべられちゃった!!!」

だそうで。

翌日、お迎えに行った際に血相をかえた先生に心配されました。

100羽じゃねーし 1羽だし(--; そもそもうちのにわとりぜんぶあわせても100羽いねーし(--;

まあ子どもたちにはそれぐらいショッキングな出来事だったのでしょう。

上の子は6歳で多感なので余計ですね。


しかしこうなったらせっかくなので「弱肉強食」について授業しました。

人間界にいると見えずらい法則ですが、自然界では毎日のように繰り返されている出来事であること
そこに善も悪もないと思うこと。
たとえば昨日おっちー家で食べたジャガイモを掘り上げた際に、土の中にいたミミズも大量に死んでいること。

今回の犬もただ食事をしただけであること。
しかしおっちーにとっては野犬の存在は好ましくないので、次にまたにわとりを狙って現れたら撃退するだろうこと。

そして現代において強いとは

肉体的に強いこと
自分で情報を探し、自分の頭で考えられること


このふたつが絶対必要であると思うこと。 とくに後者が重要であると思うこと等々

6歳の子にどこまで伝わったかなー





スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
雛 移動 1494/570日目
2018-06-04-Mon  CATEGORY: にわとり育成
2018年6月3日 日曜日 晴れ

陽と月農園おっちーです。

風邪でダウン中もやることはやっておりました。

 
たんぼの草とりと苗の補植。
草取りはどんなにきつくても適期にやらないとあとで10倍きつくなって帰ってきます。(経験済み)

3年前の草との死闘はこちら

 
大きくなってきた雛を成鶏舎に移動しました。
敷料として落ち葉、もみがら、藁を敷いてあげたら大喜びで掘りかえして食べたり、飛び回ったりしてます。

 
こたつみたいだけど寝床つくってあげました。

 
腐葉土と雑草を投げ込んであげたところ
大喜びで群がってきます



夜中、ちゃんと寝床で寝ているかチェックしにいったら
とんでもないところで群がって寝てました

ひよこ丼

ですな


予約可能
陽と月農園の野菜

ジャガイモ(6月中旬ごろ?)品種はお客さんが選べるほど大量にないので選べません
キロ350円
 男爵
 トウヤ
 キタアカリ
里芋(10月末ぐらい?)
 土垂れ
サツマイモ(9月はじめ?)
 ベニアズマ
 ベニハルカ
カボチャ(8月中旬?)
 カチワリ(自然農法研究センター種子 固定種)
 奥会津金山赤かぼちゃ(在来種 甘くてオススメ!)
以下作付け中・・・

陽と月農園の栽培原則
・遺伝子組み換え NO!・・・肥料や堆肥に至るまで遺伝子組み換え作物や飼料についてNOします。
・無農薬・・・一切の農薬を使いません。有機JAS認定農薬も使いません。
・薬剤NO・・・抗生物質や添加物、保存料などは自分では使わないのはもちろん、使っていない(もしくは減らす努力をしている)原料を使用します
・堆肥は必要最小限・・・硝酸態窒素の作物への残留や環境への負担を考え最小の堆肥・もしくは自然栽培を目指します。
・在来種・固定種を優先・・・可能な限り、在来種や固定種を使います。しかし美味しい野菜を作りたい、また作業効率の向上による農園作業者の負担軽減を達成し永続的な運営確保のためにF1種もときには利用させていただきます。
・自分の子どもに自信をもって食べさせられる野菜を作ります。



ご注文・ご予約は
当ブログコメント欄
または
フェイスブック 越智 雅紀(おっちー/まっさん)
または
070-2684-3085
または
hitotukinouen@gmail.com

トラックバック0 コメント0
成鶏舎補修 1471/547日目
2018-05-14-Mon  CATEGORY: にわとり育成
2018年5月10日 木曜日 雨

本日はスキマだらけの成鶏舎を補修しますよ
先代が残してくれた成鶏舎。
雨漏りやスキマを直して雛ちゃんたちを移動できるようにします

 

いつもありがとう
うちの子も大好き たかちゃんひろきのコンビがお手伝いにきてくれました。
一室ぜんぶ任せて見事に補修してくれました。

 
こちらもいつもありがとう 完ちゃん
ひとりで一室ぜんぶ直してくれました


雨のしとしと降る肌寒い日だったので、休憩時間はひさしぶりに火鉢に火をいれました。
これが意外とよく、ちょっと季節ちがいになってしまったみどりさんシェフの冷やし中華も美味しく食べれました。

その後は暖かい部屋でみんなでマッタリ。
なんかもう今日はこのままこれで終わりでいいんじゃね というマッタリ感(火鉢おそるべし)

午後もやりました!
雨漏りも一部なおしてもらってほんとうにたすかったー!



予約可能

ジャガイモ(6月中旬ごろ?)品種はお客さんが選べるほど大量にないので選べません
 男爵
 トウヤ
 キタアカリ
里芋(10月末ぐらい?)
 土垂れ
サツマイモ(9月はじめ?)
 ベニアズマ
 ベニハルカ
カボチャ(8月中旬?)
 カチワリ(自然農法研究センター種子 固定種)
 奥会津金山赤かぼちゃ(在来種 甘くてオススメ!)
以下作付け中・・・

陽と月農園の栽培原則
・遺伝子組み換え NO!・・・肥料や堆肥に至るまで遺伝子組み換え作物や飼料についてNOします。
・無農薬・・・一切の農薬を使いません。有機JAS認定農薬も使いません。
・薬剤NO・・・抗生物質や添加物、保存料などは自分では使わないのはもちろん、使わない(もしくは減らす努力をしている)原料を使用します
・堆肥は必要最小限・・・硝酸態窒素の作物への残留や環境への負担を考え最小の堆肥・もしくは自然栽培を目指します。
・在来種・固定種を優先・・・可能な限り、在来種や固定種を使います。しかし美味しい野菜を作りたい、また作業効率の向上による農園作業者の負担軽減を達成し永続的な運営確保のためにF1種もときには利用させていただきます。
・自分の子どもに自信をもって食べさせられる野菜を作ります。

ご注文・ご予約は
070-2684-3085
または
hitotukinouen@gmail.com

トラックバック0 コメント0
初生雛 1446/517日目
2018-04-15-Sun  CATEGORY: にわとり育成
2018年4月10日 晴れ 暖かい

本日は初生雛を導入しました。


 

カワイイです
本日生まれたばかりの雛たち
ピヨピヨ にぎやかです


子どもも大喜び
彼らの快適温度は35度
これをキープするのが務めです。
しばらく夜は見回りの毎日です

トラックバック0 コメント0
育雛舎 完成! 1445/516日目
2018-04-10-Tue  CATEGORY: にわとり育成
2018年4月9日 晴れ 暖かい

陽と月農園おっちーです

本日は雛舎完成!
なんだかんだで述べ半月ぐらいかかった(--
あー ながかった。。。

お借りしているお宅に大きな大きな犬小屋みたいのがあったので、そこを改造して作りました。

雛を狙うイタチに進入されないように500円玉硬貨が入るスキマもないように塞ぐのがタイヘンだった。しかも今回はそれよりさらにシビアにネズミの入る隙間すらすべてなくした。

この小屋、どうも先代がフリーハンドで作ったようで、すべてが歪んで(?)いる。
何も図らず即興で作ったのだろう。
だから必然的にそのスキマを塞ぐのも、自然の曲線に合わせて材を切り出していかなくてはならない。これがとんでもなくタイヘンだった

北海道のおばちゃんの家にこの間いったときに、おばちゃん一人で車庫と家の一部を素人大工で作っているのを見て

「建築ってこんなに自由でいいんだ!」

と勇気をもらったものだが、

逆に今回は

なるべく規格をあわせてまっすぐ作っておくとあとの管理が楽なのだ

と今回の雛舎改造で学んだ。

たいへん有意義で勉強になりました。




画像では見えないが、一面すべてに目の細かい金網を張った




 
扉もすべて目の細かい金網で覆い、その周囲のスキマもすべて材で塞いだ
   
天井にも進入されないようにすべて塞いだ

 
野犬などの大型獣は鉄格子のようにならぶ、パイプが行く手を阻む
イタチなどの小型の獣は目の細かい金網が防ぐ

そしてここはおっちーたちが寝ている部屋から直線距離にして2m
異変があればすぐに飛んでいける

 
育雛箱
赤外線電球を4基仕込んで寒さ対策をした。
初生雛の快適温度は36度
暖かくしてあげなくてはいけない


 
火災には気をつけましょう
雨の当たらないところにコンセント設置

そして大元には漏電ブレーカーを設置


 
雛が寝る育雛箱の真下には数日前に落ち葉温床を仕込んだ
落ち葉とコメヌカ、そして適度な水を踏み固めた
本日の地温は55度 温床が熱を出し始めている。


 
全体にも落ち葉を敷き詰め、モミガラを敷く



ということで、この小屋の床は落ち葉や藁、モミガラを敷き詰めて50cmも上がった
人が入ると天井に頭がぶつかるが仕方ない(--;

完成した瞬間、みどりさんと握手をくみかわした。

やったぜ!!!!

トラックバック0 コメント0
<< 2021/04 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2021 ゼロから始めた移住生活 おっちー家. all rights reserved.