FC2ブログ
移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。ホームページもどうぞ hitotukinouen.jimdofree.com
ゼロから始めた移住生活 おっちー家・就農1年目
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
命の授業 にわとり解体WS シーズン6 1308/380日目
2017-11-27-Mon  CATEGORY: 命の授業・鶏解体
2017年11月24日 晴れ 暖かい

本日はにわとり解体WSの6回目

はや6回目。。。
いろいろなことがあったなあ・・・

どういろいろだったのかは

1回目 の 様子
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-105.html
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-106.html
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-107.html

2回目 の 様子
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-111.html

3回目 の 様子
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-131.html

4回目の様子

http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-date-20170909.html

5回目の様子

http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-276.html

本日は出張開催 in 一宮

参加メンバーは
農業大学校同期 陽子ちゃん(家主)
農業大学校同期 ごちょう
ごちょうの友達 はやしさん
二度目の参加 同業大学校同期 けいさん

いつも参加ありがとう
うちの子がベッタリたかちゃん
意外と肉食男子 ぴろき

毎度ありがとう 講師完ちゃん

そしておっちー一家です。

さて一羽目、今回は羽に刃が弾かれないように首の羽を軽くむしります。
鶏の首の羽は比較的簡単に抜けます。
そのときの反応からしても大きな痛みは感じていないようです。

頚動脈が青くみえるなんて聞いたことがあるので、念入りに目視しますが、それらしきものはわかりません。
指で脈をとってみてもわかりづらい・・・

ごめんね ありがとう

思い切って切り込むと血が流れ始めます。
すこし量が少ないような気がしますが、たぶん大丈夫なはず。。。

待ちます。
長く感じます
血から湯気が立っているのが確認できます

1分経過?
2分経過?
3分経過・・・?

あるいは5分経過したでしょうか?

絶命しない(--
覗き込むといまだに瞬きしている・・・

血もその凝固作用によって固まってしまった

これは完全な失敗です。

抑えてくれていた陽子ちゃんが

「もうこれは一思いに首を刎ねてあげよう 可哀想」

と言う。

「わたしがやる」

出刃包丁で首を見事に切断してくれました。

その瞬間、鶏と目が合った気がします。
なんともいえない感情です。

その後、二羽目の解体

次はごちょうが頚動脈を狙います。

このごちょう、変わった名前ですがあだ名です。
あだ名、何がよい? って農業学校に入った初期にきいたら本人が申請してきました。
本名 ゆうご
中国語では ごちょう というそうです。

中国の友達がそう呼んでくれたから、それが良いとのこと。

しかし、いまでもごちょうと呼ぶものはおっちーぐらいです(--
いつみんなとおなじ、ゆうごに戻そうか。
おっちーもタイミングがわからなくなってます。

って関係なかった。

念入りに念入りに頚動脈の位置を探った彼は切り込みます。
思い切った切れ込みです。
一気に流れ出る大量の血液

そのまま一分とたたずに貧血で気を失うように絶命する鶏。

お見事!

その奥の気道まで切ってしまうと流れた血液が詰まり、窒息という苦しい状態になってしまいますが、それを恐れて切れ込みが浅いとまた長引かせて苦しい思いをさせてしまう

加減が難しいなあと感じます。

そのあと完ちゃんに解体のほうを任せて、おっちーとおもにぴろきが取り組んだのが鶏小屋の仕上げです。
今回、陽子ちゃんが鶏を飼育することになり、事前に鶏小屋を作成してくれていてほとんど完成していたのでほんとに仕上げって感じです。

ところでわが子ふたりも連れて行ったのですが、事前にみどりさんから

「暴れまわる二人の面倒を私ひとりで見るのは大変だから、まさのりさんも手伝って」

と要請を受けていました。

おっちーも「今回も完ちゃんがいてくれるし、前回参加してくれているけいさんもいるし、ひろきもいるし、任せちゃうからだいじょうぶさ」

と言っていたのですが、鶏小屋の仕上げに追われてほとんど面倒みず

じゃあ誰が?

たかちゃん
いつもありがとう(--; 
彼女の周りの空間は保育所と化しておりました


さて、ものの考え方とは面白いもので

今日、陽子ちゃんは鶏の首を刎ねました。
出刃包丁で

おっちーはこの陽子ちゃんの行為を優しさであると思うわけです。
一思いに 苦しませたくない

だから、この陽子ちゃんに今日から飼われる鶏は幸せであるとおっちーは思うわけです。
表面的な行動とその内面の思いがこうまで食い違う事象について、不思議さを感じてしまいます。


さて、そのあとは晩御飯を陽子邸でご馳走になり一同、帰路につきました。

翌日、持ち帰ってきた鶏がらはみどりさんが鶏がらスープにしてくれたようです。
前日に「まだガラに首がついたままだけど、どうする? おれが切断しておこうか?」

と確認したら

「だいじょうぶ 切れるから」

との返事。

事実、翌日の夜、おっちーが帰宅すると鶏がらスープは完成していました。

すごいね 陽子ちゃんもそうだったけど、強さと優しさが同居するのは女性としてかっこいいなあと思ってしまいます。
殺した以上は無駄少なく感謝して食べてあげなくてはと彼女も思ってくれているのだと思います。

しかしみどりさんも逞しくなったなあ と 嬉しいような 怖いような笑 (--;





解体に加わってくれたはやしさん




今日は煮炊き番に専念のけいさん



手羽の炭火焼



鶏小屋
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
命の授業 鶏解体ワークショップ シーズン5 1294/366日目
2017-11-11-Sat  CATEGORY: 命の授業・鶏解体
2017年11月10日 晴れ 暖かい

陽と月農園おっちーです。
本日は命の授業 鶏解体ワークショップのシーズン5です。

1回目 の 様子
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-105.html
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-106.html
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-107.html

2回目 の 様子
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-111.html

3回目 の 様子
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-131.html

4回目の様子

http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-date-20170909.html

今回ではや5回目

都会から8人の方がいらっしゃって見学・作業されていきました。

今回は午後から開催。1羽です。

冒頭の畜産の実態・遺伝子組み換え作物や飼料の実態をいつもより、巻きでさらっと流して

「なぜ、わざわざ鶏を解体するのか?」

というところをおっちーや完ちゃんなりの視点でお話しました。

要約すると

「生きるためには感謝して食べる」

に尽きるのですが、やはり実際に行ってみると、それだけでは割り切れないなにかが、われわれの心を葛藤させるものです。
しかしその葛藤を経験することによって、やはり得られるものがあるような気がします

今回も頚動脈を切断するという方法で行います。

おっちーが切断 かんちゃんが抑え役です。

しかし、前回ほど上手くいかず、首の羽に弾かれて何度か切れ込みを入れなおす始末。

どんぐり山の師匠から首の羽は比較的簡単に抜けるから、抜いてから頚動脈を狙ったほうがよいよ というアドバイスを以前もらっていたのだけど、まさしくそのとおりの結果になったのでした。

2~3分抑えていると動かなくなる鶏。

やはり頚動脈をぜんぶ切断できていなかったようで、その後の解体作業のときに足の動脈あたりから出血がありました。(完全に放血できていると解体時にはほぼ出血はない)

頚動脈の切断が不十分だと、絶命はするのでしょうが、おそらく途中で血の凝固作用によって血が固まってしまい、それ以上の放血がすすまないのでしょう。

その後、かんちゃんの指導のもと、参加者のかたにもかわるがわる作業をしていただきました。

その後、炭火焼 やきとり
鶏がらで スープ

はいつもどおりの流れ。好評でした。

最後のお話会で参加者の中で

「今日は見学するだけで、実際の作業に加われなかった」

というご意見がありましたが、そんなことはないと思います。

きょうこの場にいらっしゃって、現場をご覧になっただけでも、それは勇気や胆力のいる、ものだったことでしょう。

おっちーもかんちゃんも心より敬意を表したのでした。

トラックバック0 コメント0
命の授業 にわとり解体WSシーズン4 1228/343日目
2017-09-09-Sat  CATEGORY: 命の授業・鶏解体
9月9日 土曜日 晴れ 日中 ちょっとあつい

陽と月農園 おっちーです。

本日は、にわとり解体WS4回目です

今回は参加したい! と 表明があった方々を集めて開催!

のはずだったのですが、なかなか各関係者のスケジュールがあわず、あってても合わなくなったりして、いいや、とりあえず1人でも来てくれる人がいれば! との開催となったのでした。

参加者は東京の調布市からきてくれた板橋さん
舞台役者さんなのだそうです。

役者・演出の肥やしになってくれればよいのですが♪

いつものように30分ぐらいの座学をしてからスタート!
いつもはドキュメンタリー映画アースリングスをダイジェストですこし流してから座学に入るのですが、なんと今回板橋さんはすでにこれをあらかじめ制覇されたとのことなので、その分、他の話がゆっくり深くできてありがたかったです。

youtubeでみれるアースリングス日本語字幕↓
https://www.youtube.com/watch?v=XoENmrK3FvY

本来なら眼をそむけたい内容を直視されたということに尊敬!
私もこの映画を香取市のトージバの神澤さんに勧められたとき、1人で観る勇気がなく、たまたまきてた移住仲間と家族を道連れにしたなあ(-- (たかちゃん、ひろき、みどりさん ありがとー)


さて今回もにわとりに少しでも苦痛を少なくというコンセプトのもと、おこないます。

いままでは鋭利なナイフで首を一刀のもとに落していましたが、それが本当に苦痛がないのか?

について疑問が湧いてきましたので、オーソドックスな手段に戻りまして、頸動脈を切るという方法で行います。
そのへんの詳細についてはこちら

http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-137.html

そして

1回目 の 様子
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-105.html
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-106.html
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-107.html

2回目 の 様子
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-111.html

3回目 の 様子
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-131.html

さて前回は5月開催だったようなので4ヶ月あいだが開いたようですね。

なのでかんぜんにおっちー びびりに戻ってます。

とりあえず朝も、はよから起きて、包丁を念入りに研ぎます。
求められるのはカミソリのような切れ味。
切られたことも気がつかないほどの切れ味。

念入りに念入りに研ぎます。
手元にあったボケナス(でっかくなりすぎたお化けナス)で入念に試し切りを行います。

いける! これでいこう!

にわとりの顎の下のもっとも羽が少ないところを狙って、切りこみます。
今回は引き切りじゃなくて、押し切り
深く切ると気道も傷つけてしまい窒息死という苦しい思いをにわとりにさせるので、頸動脈だけを切らなくてはいけません。

ほんとうにこの瞬間がもっとも高いハードルであり

「こんなWSやめときゃよかった」

と思う瞬間です。

今日みたいに周りに進行を望む同志がいなかったら、「今日は止めとくか」と、とりやめるかもしれません(--

しかしもちろんやります。

長引かせてもにわとりが気のどくです。

思いきって鋭く包丁を動かすとなんの抵抗もなく皮と肉、そして頸動脈が切られたのか血が溢れだします。
にわとりに眼隠しをしてそのまま、待ちます。

一分ぐらいするとにわとりがビクンビクンとなんどか動きます。
これが死後の筋反射なのか、それとも最後の苦痛なのかはわかりません。

動かなくなります。

眼隠しをとってみると眼にはすでに生気がなく、事切れているのが確認できます。
とりあえずは上手くいったようで一同ほっとします。

ここからはいつもの手順

IMG_20170909_161912.jpg

講師の完ちゃんと板橋さんが切り分けていきます

IMG_20170909_162051.jpg

切り分けていきます
気がつくとお昼の時間です。

今日は田んぼの稲刈りの日です
sosa projectで田んぼを借りている人たちの稲刈りの日なのです。
そこに移動販売のトノカフェがカレーを売りに来ているのでみんなで移動してそこでたべまーす

IMG_20170909_123308.jpg

良いですね 稲刈り

IMG_20170909_123313.jpg

なんというか原風景
ステキです

IMG_20170909_130934.jpg

カレーは

沖縄ラフテー甘酒カレー
タイ風ココナッツレッドカレー
ラム肉のカレー

の3種食べ放題です。
どれも美味しいけどレッドカレーが絶品です。

午後からもう一羽しめます。
次は希望により板橋さんにやってもらいました。
罪悪感を振り切って上手に頸動脈を切ってくれました。

IMG_20170909_160644.jpg

そして夕方みんなで試食

板橋さんの「ちきしょう でもうまいなあ」

という言葉が印象的でした。

生き物の命、大切にこれからもいただきます と言って帰っていかれました


そしてもうひとつの今日の名言は一羽目の頸動脈を切って、事切れた鶏を宙づりにするために、みんな泣きそうになりながら震える手でにわとりの脚を縛っているときのおっちー家の長男(3歳)の一言


「わ~! お肉おいしそー!!!」



すげーな このひと すげーな! この状況で食欲あるのアンタだけや(--


そしておっちーの食欲は夜になっても回復せず、晩御飯ぬきということになったのでした。






トラックバック0 コメント0
にわとりのとさつの方法 第1107・221日目
2017-05-12-Fri  CATEGORY: 命の授業・鶏解体
5月12日のブログ 25℃ぐらい 晴れ

どうも陽と月農園 おっちーです

今日得た伝え聞いた情報はまったく盲点でした。

命の授業 にわとり解体ワークショップでは鶏に可能なかぎり苦痛のないとさつを目指しております。
生きたまま頸動脈を切られて血抜きされるのは残酷ではないか
苦しいのではないか

そう考えておりました。

しかし、頸動脈を切られて血が噴き出した瞬間、血圧は急激に低下し、あっというまに意識は混濁
眠るように気絶するというのです。
ニワトリは暴れることなく絶命するそうです。

しかしその際、傷が深すぎると奥の方にある気道などに血が流れ込んで苦しんで暴れるというのです。

前回の解体のときに首のない鶏がバタバタと暴れ、走り出した話をしました。
あれは苦しんでいたのではないか?

という仮説が浮上したわけです。

もちろん、最先端の現代科学において、脳を失った肉体が苦痛を感じるなんてナンセンスなのは承知しております。
しかし1000年後の最先端科学からみれば、現代の科学は残念ながら時代遅れの化石のようなものでしょう。

そもそも、首を刎ねられた肉体が走ったり、とび跳ねたりしたりすること自体、ナンセンスのような気がします。
走ったり、とび跳ねたりする動作はいろいろな筋肉などが繊細に連携しあいながら実現するち密なプログラミングのように感じます。

そういえば科学の粋を集めた歩行するロボットを初めて造ったとき人類は熱狂しましたね

ただの死後の筋反射でそのような複雑な動きがほんとうに実現するのか?

あらゆる可能性は考慮して頭にいれておく必要があります。

「これで正しい」と思い込んだ瞬間から、成長は止まり、闇が広がりはじめるように思います。


トラックバック0 コメント0
命の授業 ニワトリ解体ワークショップ 3rdシーズン第1101・215日目
2017-05-06-Sat  CATEGORY: 命の授業・鶏解体
2017年5月6日のブログ

どうも陽と月農園 おっちー です。
今回の 命の授業 ニワトリ解体ワークショップは参加希望者の強い要望により、急遽の開催となりました

しかしその日の早朝、めざめたおっちーが窓からいえの外をみると
なんと2匹の犬が我が家のにわとりを追い回しているではありませんか

うぉー なにしとんじゃー!!

一目散に逃げていく犬

ニワトリは庭においてある、コンバインのキャタピラの隙間に首から体半分押し込んで動けなくなってました。
よっぽど必死だったのだろう
転々と千切られた羽が落ちている(--

あー チキントラクターにいれていたニワトリです。
ネットを破られていました。
やはりネットじゃなくて金網にしなきゃいけないんだなあ。。。(_ _;;
どこかで金網さがしてこなくては。。。

軽傷 よかった。。。

1回目 の 様子
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-105.html
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-106.html
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-107.html

2回目 の 様子
http://toromakiharumaki.blog.fc2.com/blog-entry-111.html

本日の参加者は4名 + 見学2名 それから おっちー と 講師のかんちゃん みどりさんと長男です。

まずは座学にて畜産の実態とその飼料の問題をみんなで考えました。
やはり飼料の遺伝子組み換え作物の実態についてはみなさん、初耳の方が多く、驚きの声が聞かれていました。

なにを信じるかはその人その人の問題です。
しかし、意図的に隠ぺいされ、マスコミが口を閉ざすのであれば、それはフェアではありません。
国民ひとりひとりがまずは情報を知る権利があり、そしてあとは個々人が判断すればよいのだと思います。

意図的に知らされていない現状について私は問題であると感じています。

さていよいよ、実技の時間です。

今回からカリキュラムに

とさつ対象となるニワトリの選定方法

を追加しました。

自給自足 の 観点から 卵の産みの良い個体 は 残すべきでしょう。

産みのよい個体はお尻をみると産道が広い そして小刻みに動いています。

今回はそれに伴い3羽選定しましたが、やはり解体時、体内に卵の元を蓄えておらず、この選定方法が間違いないことを確認できました。

午前中 1羽目
私おっちーとかんちゃんでとさつ 実演
罪悪感はあります 躊躇もあります。

今回、参加者の方とも話して、押しながら引くという動作がとても大切だという結論にいたり、それに伴って実行しました。

圧巻だったのは午後、2羽目をとさつしてくれた 参加者のひとり けいすけさん で

見事一刀のもと、切断していました。
ニワトリは切られたことに気づいていないようで、切断後、30秒ぐらいは動いていました。

3羽目をとさつしてくれた 参加者のひとり ちーばさん に 至っては
切断後うっかりニワトリの胴体を押さえていたおっちーが手を離してしまうと

ニワトリは激しく走り出し、その後、数回1mぐらいの大ジャンプをして、その後もバタバタと動いていました。(首がないのに(--;
まったく手をつけられないその奔走ぶりに一同、茫然。

おっちーは一瞬、本気で

「このニワトリ このまま生き続ける?
首から上がなくて食事はどうやってあげればいいの?」

って思うほどでしたよ。いやー ほんとあれには一同びっくりした

1分ほどで動かなくなりました。

講師のかんちゃんの解体は的確さを増し、そのアドバイスもみんなの好評を得ていました。
七輪での焼とり試食と鶏ガラのスープ
それから希望者には残ったお肉も持ちかえっていただきました。

参加者の方からは

「こんな貴重な体験ができて、ほんとうに有意義だった」

という声もきかれ、かんちゃんと二人、感慨深く顔を見合わせたのでした。

我が家は 必要な分だけのお肉を 必要な分だけ 無駄にせず 食べ
そして感謝し 祈る

を実行してまいります。









トラックバック0 コメント0
<< 2018/10 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2018 ゼロから始めた移住生活 おっちー家・就農1年目. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。