移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
おっちー 視力トレーニング1カ月終了 1212/327日目
2017-08-24-Thu  CATEGORY: 視力回復
8月24日 木曜日

視力トレーニング 
おっちー
右0.3↑(!)
左0.28↑

みどりさん
1セット
右0.2
左0.19

本日でおっちーの一ヶ月間の視力トレーニング強化月間が終わります。
最終的な成果は明日の朝の視力測定で確定します。

一ヶ月の内2~3日視力トレーニングをさぼった日があったような気がするので、本来ならその分、延長といきたいところですが、当初の目標の一ヶ月で裸眼視力0.3到達をほぼ達成しており、これでよしとしましょう。

感じとしては一日平均1.7回ぐらいのトレーニングを継続したような感触。
最後の2週間ぐらいは指圧マッサージは必要なしと判断して指おい体操や目パチパチ体操などを重点的に行いました。

ちなみに両目での視力も約0.3(乱視がある分、両目だからといってそんなに視力が上がるわけではない(両目だと左右の眼からの情報がズレル乱視現象のおかげでぎゃくに視界がダブってにじむのでしょう)

トレーニングを始める前に0.1の裸眼の状態で0.3の視力に矯正するためにつくった眼鏡は現在の視力回復した眼に装備すると0.7が視えます。ので、この眼鏡はもうすでに車の運転中に装着しても違法ではありませんね。

それから裸眼視力0.3到達で、日常生活でも眼鏡なしでも生活できるのかといわれるとどうも無理です。
パソコン作業などにおいてやはりまだ眼鏡を必要とします。
これはおそらく眼鏡は乱視も矯正してくれるから0.3といえどもかなりよく見えるのではないかと思います。

しかし逆にいえば、裸眼で左右ずれた乱視状態を無理やり、眼鏡で矯正するということは、さらに乱視を酷くするような方向にベクトルを固定した状態といえなくもないかもしれません。

これは0.3の眼鏡を作成するときに店員さんに伝えるべきでした。
乱視も軽度に矯正されるように眼鏡を作ってください

と。乱視矯正もはやり眼に大きな負担を生みだしているに違いないと推察します。

これはたいへん、おおきな勉強になりました。

今後は家の中で眼鏡をかけない生活をしながら視力トレーニングをできる範囲で継続します。

強度近視の人は眼軸が長くなっていて、劇的な視力回復は難しいという情報があります。
まさに眼を酷使していた、以前のあのころ、疲労が蓄積して目に走る鈍い痛みはその眼軸が無理やり引き延ばされていくときの痛みだったのだろうと推測します。

ふつうの人は2.4cmぐらいだそうですが、強度近視の人は2~3mm伸びているそうです。
元来これは治らないというのが医学・世間一般の見方だそうですが、なんとなくおっちーには勝算があります。
これはいわゆる、トンデモ医学に属してしまう根拠も多くなるので、今後の実績のデータを通してのみみなさんに披露できると良いなあと思います。

論より証拠 というような感じです。

しかしあまり性急には治らないのではないかと推測していますので、今後は頑張りすぎず、しかし継続をなるべく絶やさないようにのんびりやります。

そのためのモチベーション維持の意味も兼ねて、当ブログでも定期的に報告させていただきましょう。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
視力回復プログラム 1週間のまとめ 1189/304日目
2017-08-01-Tue  CATEGORY: 視力回復
8月1日 火曜日 曇り

陽と月農園おっちーです

7月25日 火曜日にスタートした視力トレーニングも今日で一週間です。

まずは朝、視力測定。。。

結果は。。。




ゴクリ・・・



右0.17↑
左0.16→


おー

スタートが
右0.1
左0.075

だったわけなので1週間で1.5倍ぐらい良くなりましたね。

これはあと3週間ぐらいで第一の到達地点 日常生活眼鏡いらないLVの0.3までいけそうな感じがしてきました。

最近は全身の血流を促すためにぬるま湯にちょっとでも長く浸かるようにしています。
その前後で視力を測定すると明らかに入浴後に視力が良くなっているのです。

疲れもとれるし一石二鳥ですね

ただなかなか時間がないので、工夫しています。
自分の歯磨きや長男の歯磨き、自分のひげそり、それからセットトレーニングの指圧マッサージなどを浴槽の中でお湯につかりながら、こなして時間をつくってます。
お湯の温度は37度ぐらいかな? いくら入っていても苦しくないぬるさです。

ときにはメロンやスイカなどのデザートももちこんで浴槽に浸かりながらみんなで食べてます 笑


トラックバック0 コメント0
香取家の農園と視力検査表new 1182.297日目
2017-07-25-Tue  CATEGORY: 視力回復
7月25日 火曜日

陽と月農園おっちーです。

おっちーやみどりさんのような強度近視のばあい、普通の視力検査表だと
0.1の次は0.2になってしまうと、ちょっと不便なので(その間を小刻みに測って回復の効果を実感したい!)
その間を0.01づつ小刻みに測れる視力検査表を自作しましたので公開します。
WEBで観ると巨大な画像でなにがなんだか? かな? 印刷すると良い感じになると思うのですが?
ただWEBにあげて印刷して、正しい大きさに印刷されるのか? 不安もあるのでいっしょに10円玉も等身大で写しておきました。
A4に印刷後、縮尺がただしいかそれで確認してください。




本日より私 おっちー 視力回復強化月間スタートいたします。
まずは視力測定
右0.1
左0.075

トレーニング2セット実施
がんばります!

みどりさんは子育てで消耗しているため、もうちょっと体力の回復を待ってからスタートするそうです


本日は一足はやく就農している地元の先輩農家 香取家の農園に見学にいってきました。

もともとお父さんが偉大な人でたまにリスペクトに行っていたのですが

その息子さん夫婦も去年、農業大学を卒業されて就農されたのですね

お父さんは家も自分で建てちゃった まさに 百姓!

息子さん夫婦も人柄よく頼もしい先輩です。

ついでに視力回復プログラムに勧誘しちゃいました笑

やはり香取家の農園も無農薬野菜のセット販売にて生計をはかろうとしています。
わが陽と月農園よりも一年はやいスタート
目が離せません@_@

トラックバック0 コメント0
視力回復プログラム始動 1180.295日目
2017-07-23-Sun  CATEGORY: 視力回復
陽と月農園おっちーです




JINSめがねにて一本4000円でめがねつくってきました。矯正視力0.3でつくってあります。かけていて目に負担なく、以外とよく見えます。

やはり0.3以上あると家の中での生活で不自由はなさそうです。
意外と車の運転もできちゃいそうですが、そこは法律違反なので!

さあ、あとはいつからプログラム始動しようか

今回のモニター募集で集った人、20人。
現代人は視力で苦労しているようです。



学校ではビニールハウスの建て方研修中です。
たいへんだけど家を建てるよりはぜんぜん簡単ですね。

いずれじぶんで建てたいものです

あとは千葉の幕張の運転免許センターにいってトラクターの大型特殊の免許取得したりしてました。



最近まいにち野菜がよくとれて、消費できなくなってきました。
画面にうつっているしろっぽい茄子は在来種 翡翠茄子です。
大きい文字
ついにとれましたー
もっと美しい翠かとおもいきや、いがいとしろっぽい茄子でした。。。
ふつうの黒茄子より柔らかいのが特徴ですね
トラックバック0 コメント0
視力回復プログラム 1177 292日目
2017-07-20-Thu  CATEGORY: 視力回復

視力回復トレーニングの勧め

概要

一回約10分のセットトレーニングを1日1セット~3セット行うことにより、近視、老眼を改善して視力をあげます

過去の事例

越智雅紀
越智みどり
2015年11月15日~12月14日までの1ヶ月間トレーニング実施

雅紀 0.01 → 0.2
みどり 0.01 → 0.2

まで回復。

老眼、近視などの視力低下はすべて、眼の筋力の低下と、筋肉のコリによる血流の低下を原因とする

視力の良い人と悪い人をサーモグラフィで比べてみたところ、視力の良い人は目の周りが28.6℃もあり、悪い人は13.9℃前後というデータがある。

これにより必要な栄養素などが十分に届かず、視神経や筋肉が委縮し視力は低下していく。

眼鏡・コンタクト、レーシック手術などはこれらの根本原因を改善しないで視力を矯正するので、さらなる負担を眼にかけている。

その結果、視力低下は進んでいくことになる。

たとえば白内障 緑内障 網膜はく離 黄班変性症は近視の合併症である

例・・・緑内障(ゆるやかに失明する疾患)は40歳以上の17人に1人が罹患するが、その内訳をみてみると、視力の良いひとは100人中1~3人に過ぎない。対して視力の悪いひとは5~6人に1人が罹患している。

視力回復トレーニングによるそれ以外の効能・効果

疲れ目の解消
ドライアイの解消
頭痛の解消
肩や首のこりの解消
眼の周辺の筋肉がほぐれることで目が大きくなる
血行がよくなることで眼の下のクマやしわが消える
脳の血流改善 自律神経やホルモンバランスの改善
快眠

一般に近視や老眼は一度なってしまったら、良くならないというイメージが私達にはありますが、そんなことはないようです。
むしろ逆です。
視力は自然な状態なら放っておいてもどんどん良くなります。
逆に悪くなっていっているということ自体が異常なことなのです。

現代人の生活習慣がそこまで異常になってしまっているということだそうです。

スマホ
TV
パソコン
車の運転
同じ姿勢でのデスクワーク
そして無理に視力を矯正して目に負担をかける眼鏡、コンタクト、レーシックなど

が原因です。

しかし先に出したおっちーとみどりさんのトレーニング1ヶ月間は上記のような習慣を改善しないまま過ごしたものでした。
それでも一ヶ月で左右ともに0.01から0.2まで回復。

このトレーニングはちょっとぐらいの悪習ならものともしないほど視力を回復させることが確認できました。

しかしそのご2年間、なんのケアもせずに過ごした結果左右ともに0.2→0.1まで低下

その一番の原因を分析するとおそらく、眼鏡であろうと推測します。

今回提唱する視力回復プログラムはこのトレーニングを一生継続して視力を維持しようというものではありません。
短期間になるべく日常生活で眼鏡がいらないまで視力を回復させて、あとは少ない労力で視力を維持しようというものです。
一度回復させてしまって眼鏡による強い負担から脱却できれば、あとはトレーニング中に培った自分の眼が発するメッセージをききとることをしながら(痛い、疲れた、休ませて、眼の筋力おちてきてるよー)、たまにほんのすこしケアしてあげればいいのです。


参考文献
「眼は温めれば視力はよくなる」

中川和宏(なかがわ かずひろ)

ビジョングループ創立者 ボルチモア視力眼科アカデミー主任研究員。
1953年 広島県生まれ。 早稲田大学政経学部卒。
国際姉妹都市協会の交換留学で渡米し、アメリカのオプトメトリスト(視力眼科医)と交流を持ち、
行動学派のオプトメトリスト(視力眼科医)の行っているビジョン・セラピーというアメリカで最高の
成績例を誇る治療トレーニングと出会い、初めて日本に紹介し注目を浴びる。
さらに独自に研究、開発された中川式メソッドで大きな話題を呼び、書籍、講演会、セミナー、
テレビ、ラジオ等で活躍中。
1981年にビジョンサロン(2015年屋号変更)を開設、3万人以上のカウンセリング実績を持ち、世界の人の「目と脳を守る」を信念に中川ビジョンセラピーを確立した。
著者に「驚異の視力回復法」三笠書房、「眼の老化は「脳」で止められた!」青春出版社、「一番やさしい視力法」PHP研究所 いずれも10万部以上のベストセラーがあり、国内57冊、海外翻訳出版は19冊に及ぶ。現在ヨーロッパ各地で翻訳が進められている。




おっちーよりお願い

データ収集させていただきますので、まず可能な限りで初期情報をおっちーに送ってください。メール、フェイスブック、ライン、手渡しなんでもかまいません。

1 名前、もしくはニックネームでのデータの公開OK か NG か教えてください。
「~さんは視力これぐらいからスタートしてこれぐらいまで良くなった」
みたいな感じです。


2 公開OKならそれは今回モニターとなったメンバー約20名のみOKか
それとも一般に広くOKか 教えてください

3 名前もしくはニックネーム 教えてください
1と2の質問の回答を順守しながら、フェイスブック、ブログなどでその効果を公表するときにその名前で公開させていただきます。ここを空欄にされますとデータ公開のときにはaさん や bさんなど匿名扱いになります。

4 トレーニングスタート前の裸眼視力 左右を測って教えてください


諸注意

とりあえず一ヶ月間ぐらいの視力の回復の動きをデータにしたいと思っています。できる頻度でよいのでおっちーにトレーニング状況と視力を送ってください。毎日だと喜びますが一週間ごとでもいいし、トレーニングが終わった一ヶ月後に一括でもよいです。

もちろん一ヶ月経過後も思いだしたときに報告などあるとありがたいです。

多忙でトレーニングが出来なかった日数なども教えていただけるとより正確なデータ収集ができて嬉しいです。

一例

8月11日 2セット実施 右0.1 左0.2
8月12日 実施せず




視力検査はインターネットなどで用紙を印刷すれば誰でもできます。
モチベーション維持のための視力検査は朝もしくは午前中行うことをお勧めします。夜に測ると疲労による視力低下で数字が悪くでますのでモチベーションが下がります。

また目に力をこめて細めることによって、検査の成績を上げることができますが、これはおすすめしません。
通常生活においてつねに目を細めながら生活はできないからです。
求めるのが通常生活での快適な裸眼生活であるのなら、通常生活に即した状態での視力検査をおすすめします

また余談ですが、同じような理由で「目に負担のかけない適正な眼鏡やコンタクト」を作成するときにも、眼を細めた状態で測ったデータにもとずくレンズは危険だと感じます。

印刷は以下のサイトでできます。
印刷するときはブラウザによって正常な大きさに印刷されないときがあります。いずれの表もA4に印刷したときに大きな余白がたくさんあるようだと縮小印刷されているときがありますので注意してください。不安な方は印刷後、スマホなどで写真撮影しておっちーに送信してください。確認します

印刷環境をお持ちでない方はおっちーが手渡し、もしくは郵便にて送付も可能ですのでご相談ください

「視力回復のアイポータル」 内


3m用 0.2以上の方用(0.2~1.5まで対応)

http://eyeportal.jp/images/landolt-c.jpg


3m用 0.1以下の方用(0.05~0.1まで対応)

http://eyeportal.jp/images/landolt-L.jpg


0.05以下の方用(0.01~0.05まで対応)
(ご自分で検索するときは「強度近視 視力検査表」をキーワードにするとでてきます)

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=640x10000:format=jpg/path/se5528a11be771c14/image/i2321c732f459b1d1/version/1397871651/0-1%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%88%E7%92%B0-%E7%9B%B4%E5%BE%847-5%EF%BD%83%EF%BD%8D.jpg

この強度近視用の視力検査表は
自分から検査表に近付いていくことによって検査します。

4.5mで見られれば→0.09
4.0m→0.08
3.5m→0.07
3.0m→0.06
2.5m→0.05
2.0m→0.04
1.5m→0.03
1.0m→0.02
0.5m→0.01

7月27日追記

おっちーやみどりさんのような強度近視のばあい、普通の視力検査表だと
0.1の次は0.2になってしまうと、ちょっと不便なので(その間を小刻みに測って回復の効果を実感したい!)
その間を0.01づつ小刻みに測れる視力検査表を自作しましたので公開します。
WEBで観ると巨大な画像でなにがなんだか? かな? 印刷すると良い感じになると思うのですが?
ただWEBにあげて印刷して、正しい大きさに印刷されるのか? 不安もあるのでいっしょに10円玉も等身大で写しておきました。
A4に印刷後、縮尺がただしいかそれで確認してください。
もちろん、素人のおっちーがランドルド環の法則に基づいて定規とコンパスで作ったものです。
誤差があります。公的な視力検査証明などには使用できません。

3m用 0.1~0.2を0.01間隔で測れる視力検査表

scan0007.jpg



視力回復トレーニングの方法

このトレーニングは参考文献のトレーニングを参考にしながら、さらに付け加えました。
結果、参考文献が提唱するトレーニングの3~4倍程度ボリューミーになってますをご了承ください。

1 眼のぱちぱち体操

ぎゅっとつぶる 10数える
眼球だけ動かして上をぐーっとみる 10数える
正面にもどしてぎゅっとつぶる 10数える
眼球だけ動かして下をぐーっとみる 10数える
正面にもどしてぎゅっとつぶる 10数える

そのまま、下 右 左 右上 右下 左下 左上 というふうに 間に ぎゅっとつぶるを挟みながら繰り返す

2 指おいかけ体操

眼の前に(20cmほどの距離)に指をもってきて、右・左交互を1回として眼球を動かす。
首や顔は動かさず、眼球の動きだけでそれを追う。
1往復1秒ぐらいのスピードで20回行う

同じ要領で

上・下交互
右斜め上・左斜め下
左斜め上・右斜め下

と行う。

注意点・・・指は眼で追える範囲ぎりぎり隅まで動かして行うことによって、それを追う眼球のトレーニング効果を高めることできる

3 肩まわし体操

後ろ回し50回肩をぐるぐると回す
その際、反対側の手の指3本ぐらいを(人さし、中指、薬指使用)右の鎖骨下にグッと強く挿しこんだ状態で行う。

左肩もおなじように行う

注意点

この体操は鎖骨の下を大動脈、大静脈、神経、リンパ管が走っていることに起因します。
現代人はデスクワークなどで手を前に作業するので猫背が多い。すると鎖骨が次第に下に落っこちてきて上記の大切な管たちを圧迫するようになります。
すると首から上の血流が滞ることになるそうです。これは意外と致命的な万病を人体にもたらすようです。それを矯正するためには回していないほうの手を鎖骨の下にめり込ませながら、肩を後ろにぐるぐる回すのが有効なようです。
これを解消するための運動です。
第一関節ぐらいは普通に埋没します
鎖骨の下がガチガチでまったく指が入らないという人は要注意です



4 指圧マッサージ体操

別図のように各10秒づつ押していきます。
指を腹を使ってぐーっとじわじわ押してください

この押す場所は東洋医学のいわゆるツボです。
血流や電気信号などの通り道のようです。
押して特に痛い部分があれば、それは特に状態の悪い場所だと思われますので念入りに。逆に痛くなければ省略しても良いかもしれません。

ツボの位置はここであっているのか、最初のうちはイラストとにらめっこで大変だと思うかもしれませんが、アバウトにやってもらってかまわないと思います。

正しい位置はイラストよりも自分の身体が教えてくれます。
押して痛い、気持ち良いところがツボです。ちょっとぐらいずれていてもかまいません
あなたの身体が教えてくれている、そこをおしてください。

ここでご紹介するツボは一般的に眼に関連して効くとされているものを集めました。しかしまた東洋医学などが教えるように、すべての,器官や臓器はおたがいに繋がり、互いに影響しあっています。どこかひとつが滞れば、それに連動してほかも不調になると教えています。

暇なときに身体の全身を押してみて、とくに痛いところが見つかれば、独自にご自分のトレーニングに加えてください。

視力回復にとっても必ず効果があるはずです。



顔のマッサージ

図では顔の半分のみ数字をふってツボを表していますが、左右対称にツボがありますので、両手で左右同時に指圧してください。眼の周辺が多いですが眼球(メンタマ)は押さないように注意して。

③は眉頭 ④は指二本つかって2点を指圧 ⑤は眉尻 ⑥はさらにその外
⑦は指二本つかって2点を指圧 ⑧はその下の頬 ⑨は頬骨の窪みの部分に深く

⑩は小鼻の横 ⑪は耳たぶをつまむ(つまんで下に伸ばしても良い)
⑫は耳と顎の骨の窪み深く ⑬は顎の骨の窪み深く
⑭はいわゆるこめかみ(うめぼし)
⑮は眉毛のさらに一段上


kao2.jpg




首と肩のマッサージ

①と②は生え際あたりにあります
③からはとりあえず押してみて痛いところ、気持ち良いところがツボです。
押しながらだいたいでよいので探してください
肩のツボを押す時は一方の肩ごとに行ってください


kubikata_20170720104828a48.jpg



手と腕のマッサージ

こちらも肩のツボとおなじように片手づつ行ってください(指圧するために手に力がはいると腕の筋肉が硬くなってツボが遠くなるため、左右同時には押しづらいため)

①は手の親指と人差し指の間です。(両生類でいう水かきの部分)
②肘よりちょっと先 筋肉の割れ目部分(押してみるとすごく痛いのですぐわかります)
③ひじ関節の皺の周辺です(痛いのでわかります)

脚と足裏のマッサージ

④脚のスネからちょっと外側 骨と筋肉の間ふかく
⑤外側のくるぶしのちょっと上
⑥スネの内側 ふくらはぎとの間ふかく
⑦内側のくるぶしのちょっと上
⑧足裏人差し指と中指両方の付け根部分


udeasi_20170720104842eeb.jpg




ちょっと分かりづらいので、ツボの正式な名前を書いておきます。
不安なかたはネットで調べるかおっちーに聞いてください
指圧の力に自信のある人は左右の足同時に行ってもかまいません。
自信のない方は片足づつ両手をつかって力をこめて行ってください。(脚のツボは顔のツボにくらべれば押すのに力が必要です)

手・腕のツボ

① 合谷
② 手三里
③ 曲池

脚・足のツボ

④足三里
⑤こんろん・けんしょう(正確にはこの二つは隣り合った別のツボです)
⑥ちくひん
⑦三陰交
⑧足裏 眼のツボ




5 もう一度 指おいかけ体操 1セット



6 顎と首を伸ばす体操

まず、首を右回り1回、左回り1回とぐるっとゆっくりまわす
上記を各5回、くりかえす

次に上を向いて、後頭部が首の後ろにつくぐらいのイメージで強く反らせる。余裕があればその状態でアゴをさらに反らせ、天に向けて伸ばす。10数える


その他

ここまでで慣れると10分で行うことができます。
1日1~3セット 無理のない範囲でやってみてください
各メニューは順不同なので好きな時に好きなメニューをばらばらにやっても大丈夫です。

指圧体操などはコリや血流改善の意味合いが強いので、眼が疲労している夜や夕方に行うのがより効果的なのかもしれません。

トレーニングの目的は

眼の筋力を鍛えること
眼の疲れやコリをほぐすこと
です。

どちらも重要ですが、視力回復のための根本的な治療となるのは筋力トレーニングのほうだと思われます。
時間があって多くトレーニングができる日には筋力トレーニングのほうを重点的に増やしてみるとよいかもしれません。(眼のパチパチ体操と指おい体操)

もちろん、生活習慣上の問題で毎日の眼の負担が強く、コリや疲れ目などがひどい方は指圧体操の割合を増やすなど工夫してください。

飲酒や喫煙、添加物の多い食生活、化学物質のとりこみが多い方などは、指圧マッサージに肝臓のツボを追加するなど工夫してみてください。

肝臓は解毒や新陳代謝(身体の再生)を司っている器官です。
上記の嗜好習慣は肝臓の解毒仕事を増やしますので、そのぶん再生のほうの仕事がおろそかになりがちになるそうです。
眼の筋力増強、血流改善などに肝臓の働きの活発化も重要だと思われますので肝臓のケアも余裕があれば追加してみてください。




日常生活での注意事項

百円均一で売ってる無数の穴があいている黒いサングラスみたいな眼鏡を家などで過ごすときにつけていただくことをお勧めします。
これにより血流改善、視力回復に大きな効果が期待できます。

またいぜんつかっていて、度が合わなくなって交換した古い眼鏡などがもし、あったら引っ張り出してくるといいかもしれません。
度が弱い眼鏡はそれだけ眼への負担を軽減でき、視力回復トレーニングで良くなった視力が再び低下するのを軽減してくれます。

また少し出費できるのであれば、以下のようなシュミレーションもお勧めです。

強度近視0.1以下の方向け 眼鏡のレンズ交換をうまく利用する方法

格安眼鏡販売店で眼鏡を購入[5000円で眼鏡を購入でき、購入後半年以内なら無料でレンズの度数交換保証が2回までついているJins眼鏡などが良い]

その際、視力を0.3~0.4前後に合わせた、ぎりぎり日常生活できるLVの度の弱い眼鏡を作成する

なるべく黒いサングラス眼鏡や度の弱い眼鏡、裸眼にて過ごしながら、眼のトレーニングを行う。

トレーニングにて視力が順調に回復してきたら(0.15~0.2前後?)、無料レンズ保証を使って、ふたたび、良くなった眼に合わせてふたたび、0.3~0.4前後に合わせたレンズに交換してもらう。

再びトレーニングを行いながら生活し、裸眼視力0.3前後を目指す。
裸眼視力0.3以上に到達したら、日常生活において眼鏡をなくしながらトレーニングを続ける(ここまで50~60日を目標)

どうじに2回目のレンズ交換を行い視力0.7に合わせたレンズに交換してもらう
この眼鏡は車の運転専用眼鏡として使用する。

その後トレーニングを継続し、裸眼視力0.7到達を目指し完全な眼鏡からの離脱をおこなう(ここまでトレーニング開始から80~90日を目標)

その後はトレーニングの頻度、量を落しながらも、総合的な眼や血流のケアを行いながら、快適な裸眼生活を行ってください




車の運転時の注意点

注意していただきたいのは、視力は一日のうちでも大きく変化します。
朝起きてすぐは良いですし、一日の終わりには悪くなります。
ですので、視力0.7ぎりぎりの時期の夕方や夜の車の運転には十分注意してください。疲労による視力低下で0.7を下回っていることがあります。
暗がりの中ですし、そのようなときは無理せず強度に矯正した以前の眼鏡を使用するなど安全に気を配ってください。
トラックバック0 コメント0
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.