移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
育苗電熱温床作成 1398/469日目
2018-02-22-Thu  CATEGORY:
2018年2月22日 木曜日

陽と月農園おっちーです。
最近、陽と月農園で取り組んでいたのが温床づくりです。

落ち葉を使っての踏み込み温床も興味があったのですが、あいにく適当な場所がなく、家の前における電熱の温床をつくりました。
ふつう、まだ寒いこの時期に夏野菜の種を播いても発芽しませんし、よしんば発芽しても寒さで枯れてしまいます。

そこをカバーしてくれるのが温床ですね。
これにより本来であれば8月に実る夏の果菜類が5月や6月に収穫できたりするわけですね。
プロの農家さんはこうやって、普通では出荷できない時期に野菜を出荷することによって付加価値を高めているわけです。

さあ、それでは作っていきましょう

例によって材木はすべて廃材です。

強調文

外枠となる角材の真ん中に穴をライン上に空けていきます。
角のみ大活躍 みどりさん大活躍



繋げて底板を打ち付けます。



外枠となる角材のうえに立てる平材を準備します。



角のみで開けたラインに、はめ込んでいきます。



保温するためや防虫のためのネットを張るためにトンネルがけをする必要があります。
それを固定するためのシステムをつくります。

台風で倒壊したパイプビニールハウスの骨組みをもらってきてあったので、それを適当な長さにディスクグラインダーでカットします。



それを外枠に固定していきます。



はい こんな感じ
今回、夜間の密閉保温性を高めるために2重トンネルとするため、2重に固定器具も設置しています。



断熱材となるモミガラを敷き詰めます。



おなじく断熱材となる発砲スチロールをそのうえに敷き詰めます。



その上からさらに土を敷いていきます。



はい こんな感じ



そこに農業資材店で買ってきた電気で発熱する線(電熱線)を配置します。




その上からさらに土をかけていきます。
土は雑草や虫が中から発生すると厄介なので、炭焼き釜の外側を覆っていた土を持ってきました。
数百度で熱せられた土なので、雑草の種も虫の卵もすべて焼き尽くされています

しかしちょうど炭焼き中だったため、数百度で熱せられた状態です。
熱くて触れないし、このまま敷き詰めたら電熱線壊しそうということで冷ましながら。。。
みどりさんが、ウチワであおいでいますが、焼け石に水です。。。笑

ちなみに電熱線の上下は不燃材である土でサンドイッチしています。
間違ってもモミガラやスチロールに直接接触させてはいけません(最悪火事の可能性)



完成!

あー けっこうかかった
たいへんだったー

これで種まき 育苗の準備が整いました♪

場所が見つかれば落ち葉での発酵熱を利用した踏み込み温床もチャレンジしてみたいものです♪

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
学校の日直と小松菜播種 1326/398日目
2017-12-14-Thu  CATEGORY:
2017年12月12日 火曜日 晴れ

陽と月農園おっちーです。
本日も学校の日直で一日詰め仕事。

トンネルをかけて小松菜を播種しました。
学校のハウスで栽培していた小松菜が収穫適期寸前。

わかどりを持って帰っておひたしにしましたが、みどりさんが絶賛してくれました。

こんなに美味しい小松菜を食べたのは初めてとのこと

ハウスでは前年までの肥料残渣がかなり溜まっているに違いないと無肥料で夏野菜を栽培しました。後半収穫がおわってからは草を生やして肥料を抜くことに専念しました。(草ぼうぼうハウスだとみんなに怒られた。。。笑(--;

それでだいぶ残渣肥料がぬけて、小松菜栽培に偶然ちょうどよいぐらいになったのかもしれません。
エグミもなく甘く、柔らかい(生の状態だとちょっと持ったぐらいでパキパキ折れてしまう)

ビギナーズラック万歳♪
トラックバック0 コメント0
トンネル掛け 1321/393日目
2017-12-09-Sat  CATEGORY:
2017年12月7日 木曜日 晴れ 寒い

本日は家の畑のトンネル掛け
先日どんぐり山の師匠にもらった支柱を試し切りならぬ、ためし使いというところです。

にんにく、たまねぎ、スナックエンドウを寒さや霜から守ります



手伝ってくれたみどりさんと「なんか農家っぽいねー」と笑う。
トラックバック0 コメント0
エンドウ移植 1300/372日目
2017-11-19-Sun  CATEGORY:

2017年11月16日 木曜日 晴れ

こんにちわ 陽と月農園おっちーです。

本日で長男誕生から1300日らしいです。
はやい・・・これからもともにすごせる時間を大切に過ごしてまいります

本日はエンドウ豆の苗の移植です。
銘柄は 

ツタンカーメンのエンドウ
赤花キヌサヤ
スナックエンドウ

です。

ソラマメも植えたかったのですが、こちらは発芽にばらつき、さらに時間がかかっていまだ生育中途。

ついでにホームセンターに駆け込んで、品切れ直前のたまねぎの苗も追加で移植しました。

去年は太った玉ねぎ、一個も収穫できずだったので、今年は「お願いしますm(_ _)m」って感じです。

まったくやせ地なので、どんぐり山農園でもらってきた「ほとんど植物性無添加・nonGMO自家製完熟鶏糞」(長いな)をすき込んだので期待しております。


トラックバック0 コメント0
最後のサツマイモ収穫 1299/371日目
2017-11-19-Sun  CATEGORY:


2017年11月15日 水曜日 小雨のち曇れ 肌寒い

陽と月農園おっちーです。
朝晩がめっきり冷え込んできました。
最低気温5度なんて日も出てきましたね。

本日は学校に植えてあったサツマイモの最後の収穫をしました。
これで今年のサツマイモの収穫はほぼ終了かなあ

いよいよサツマイモの貯蔵穴の製作にかからなくてはなあと思います。
ところで5月・6月と芋苗を自分で作ってはできた分から小分けにしながら、畑に移植していました。
銘柄は・・・ベニアズマ・ベニハルカ・シルクスィート・あんのう芋・パープルスィート・なると金時です。

混ざってわけがわからなくなりました(--

あんのう芋とパープルスィートだけは他と色などが違うので判別できるのですが、他の4種、見分けがつきません(--
まあ、植えてるとき、「結局食べるんだから、混ざったってまあ、だいじょうぶ♪」

なんて甘いこと考えてましたが(サツマイモだけに)、いやいや違う。

それぞれの銘柄によって畑からほりあげて保存期間が違います。
たとえば、ベニアズマはほりあげてまあ、年内には糖度が増し、食べごろになりますが、ベニハルカは年明けの極寒の1月・2月あたりまで置いておかないと糖度が乗らないといいます。

もう一緒くたに埋めて1月以降食べるしかないか
これは失敗 来年の作付けのときには気をつけよう(--


ところで11月24日 金曜日ですが、千葉県一宮で出張・命の授業にわとり解体ワークショップ行います。
興味のある方はご連絡ください
トラックバック0 コメント0
<< 2018/02 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


Copyright © 2018 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.