移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
田んぼ整備 続編 1381/452日目
2018-02-06-Tue  CATEGORY: 田んぼ
2018年2月5日 月曜日 晴れ

本日は田んぼ整備の続きでーす。



前回、前々回とみどりさんとの土木治水工事の末、水が溜まったかと思われた田んぼですが、ご覧のとおり、画面右側の一部しか水が溜まりません。

これは田んぼに無数の穴が開いているからなのです
この穴はカエルやザリガニが開けたものです。
そこに水は吸い込まれ、地盤の下に抜けていってしまう。
彼らはその穴の奥で冬眠しているわけですね。

普通はトラクターで耕してこの穴をつぶしてから水を張るわけです。
おっちーは現在トラクターを探しているところでもっていないので、人力でつぶしていきます。

しかしこの穴をつぶすということは中に入っている生物を殺すということです。

スコップで掘り返してもう一度埋め戻すわけですが、こうすることによって中に閉じ込められた生物は窒息、圧迫されて生きてはいれないでしょう。地表近くにほうりだされたら、変温動物である彼らは活動できず死ぬでしょう。

実際、なんどもカエルやザリガニを目にしました。
埋め戻してあげましたが、彼らはきっと死んでしまうでしょう。

トラクターでやったらこんなこともきっと気がつかなかったなあ。

そういえば前にベジタリアンという生き方を考えたときに

ベジタリアン=殺生しない生き方

だと思い込んでいました。

しかしそれはおっちーの思い込みだったのだと気がつきました。

ベジタリアンになったとしても、きっとその作物を育てるためのたくさんの命の犠牲は避けられないのですね。

そうではなくてベジタリアンというのは、現在の動物虐待に近い畜産を減らせることにあるのかもしれないなあとおっちーは感じました。

大変勉強になった瞬間でした。






お昼すぎまで作業して半分ぐらいの面積が水で満たされました。



こちらは先日のブログで書いた道を塞ぐ倒木の様子。
よくここ車で通過できたな
完全に道を塞いでいるじゃないか(--;

チェンソーですべて解体しときました。



こちらは地元の方から、切って良いよ と いってもらった クヌギの木。コナラだったかな?_

とにかくシイタケ栽培の原木になります。

手を合わせてから切らせていただきました。



このまま数週間乾燥させて、シイタケ菌を打ち込みます。

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
2018年 たんぼ始動 1357/428日目
2018-01-12-Fri  CATEGORY: 田んぼ
2018年1月12日 金曜日 晴れ

陽と月農園おっちーです。
本日は早くも今年度のたんぼ始動!

今年は農家として就農して右も左もわからず、右往左往するのは確実!
みどりさんとも自家用の田んぼなんてやってる暇あるのか?

いや、ない。

でも田んぼやりたい。。。

ってことで去年の3畝を2畝に減らしてトライ!
もう泣きべそ稲作が確定したようなものですが、やはりたんぼが好きなのです。
まあ、最悪やりきれなければ、諦めればよいです。(それも断腸の死ぬおもいだなあ(--;

たんぼの場所が変わりました。
あたらしい場所 あたらしい田んぼ ここもまた谷津田になっててすばらしい美しいたんぼ。

さっそく冬期湛水(冬のうちからたんぼに水を貯める)を実現すべく湧き水のところから水路をこしらえます。
土地の勾配的に微妙な感じだけど、水が流れてくれるだろうか?



みどりさんと作業



めざす田んぼは手前側ではなく奥側です。
かなりの距離があります



いいかんじ
水が流れてきてくれます。



やったー!
水路開通!

この間 一時間ほど。これぐらいで済んでよかった。
1歳の次男がすやすや車で昼寝中に終わりました

このあと、ほかの作業に時間を割けそうです
みどりさんとふたりでなかなか良い仕事できました。

あとは数日経ってから訪れてみることにしましょう
水田全体に水は貯まってくれるでしょうか?


トラックバック0 コメント0
最後の脱穀と田んぼの片付け 1305/377日目
2017-11-25-Sat  CATEGORY: 田んぼ
2017年11月21日 火曜日 晴れ

本日は天気と人手の都合がついたので急遽 脱穀です。

ここ何日か晴れが続いています。
そしてみどりさんのお母さんの里子さんが我が家に滞在して、子守もしてくれます。

今日しかない! GO!

まずはこちらの写真をどうぞ





みどりさんも逞しくなりました。







脱穀はこちらの母娘の息のあった作業で





田んぼもきれいに片付きました♪





トラックバック0 コメント0
遅い遅い最後の稲刈りと次男の誕生日 1295/367日目
2017-11-14-Tue  CATEGORY: 田んぼ
2017年11月11日 土曜日 雨のち晴れ時々くもり

陽と月農園おっちーです

今日はようやく今年最後の稲刈りです。

参加メンバーは

まいどありがとう たんぼ助っ人 あいきょうさん
非電化工房同期 なすまん
田植えに参加してくれた 10年前の職場同僚 あき さん
みどりさんのお母さん 里子さん
おっちーのおふくろ みよ子さん
非電化工房同期 ねぐ 親子
みどりさん
おっちー

という感じです。

多い・・・笑

ということで残った区画1.5畝ほどはあっというまに刈り尽されました。
もうそれはあっという間

血に飢えた野獣に蹂躙される草食動物のごとくでした 笑

雨もたいしたことなく、お日様もみえたのでよい稲刈りでした。

いつも里子さんが早起きして持ってきてくれるお昼ご飯
をたべながら見るたんぼは至福のひと時です。

収穫したのは

伊勢神宮の神の奉納米のたんぼでコシヒカリから突然うまれた神の米、イセヒカリ
自然栽培の開祖 福岡正信先生が育成開発した ハッピーヒル(うるち)とハッピーヒル(もち)
古代米 黒米

いつも感じるのですが、田んぼ作業は清清しく、どこか懐かしく、ときに神々しい思いに駆られる作業なのです。

この無農薬で無肥料の自然の恵みに感謝するとき、人は大自然への敬意を感じづずにはおれません。

農薬や化学肥料の恩恵にあずかる現代においては薄れつつある感覚のような気がします。

それが太古の昔、人々が大自然を神として信仰していたときの記憶。
自分はたくさんの存在に生かされているという感覚なのでしょうか?

田んぼの作業の時間は実はそんな崇高な思いを抱きつつ過ぎていくのでした(ほんとかいな 笑)












夕食はちかくのご飯屋さんで。
昨日が次男の誕生日だったのでお祝い会となりました。
たんぼのメンバーも来てくれて幸せそうな次男

おめでとう!

その日そのまま我が家に宿泊は
里子さん、みよこさん、なすまん ねぐ親子 という賑やかな夜でした

トラックバック0 コメント0
台風の爪あとと倒れなかった稲 1279/356日目
2017-11-02-Thu  CATEGORY: 田んぼ
2017年10月31日 火曜日 晴れ

陽と月農園おっちーです。

たんぼの稲は台風の強風で倒れた稲と倒れなかった稲がありました。
倒れてしまうと大変なのですね。
そのまま発芽してしまったり、食べれなくなってしまう危険性があるのです。

だから倒れない農法をみんな模索するのです。

今回倒れたのは、背が高いハッピーヒルでした。

そして倒れなかったのは背が低いイセヒカリでした。

ハッピーヒルは先週の台風で45度ぐらい倒れ、さらに今週の台風でさらにもう半分ぐらいの角度倒れた感じ。
よく耐えたほうだと思います。

しかしイセヒカリは2回の台風にも完全に耐え抜いたわけです。

倒伏回避性能はピカイチですね。

ここを買って来年もイセヒカリ、リピートですね たぶん♪
トラックバック0 コメント0
<< 2018/02 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


Copyright © 2018 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.