移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
134日目 牛乳の害 補足
2014-09-11-Thu  CATEGORY: 牛乳の嘘
前回の牛乳の害について情報元(ソース)の記載を忘れたので追記する。

たとえば「病気にならない生き方」でベストセラーになった新谷弘美医師が著書のなかで述べている。
30万人の胃・腸を内視鏡で目視した臨床医師は「牛乳を毎日飲む習慣がある人とそうではない人の消化器系を観察した場合、飲む習慣がある人のそれのほうが、荒れ、ただれ、潰瘍が顕著。(著者はこれを胃相・腸相と述べる)

牛乳習慣がある人で美しい胃相・腸相はほぼいないと言って良い」とまで述べている。(ちなみに日本茶を1日5~6杯飲むひとの相もよくないとのことだ。。過ぎたるは及ばざるがごとし。お茶も2杯程度にとどめるのが良いと述べている)

たとえば84歳を超えて現役の小児科医として活躍し、全国を講演しながら飛び歩く真弓定夫医師。
体調の不良を訴えて受診する患者から聞き取りを行い、牛乳を飲む習慣があった場合、まずそれを止めてもらうとその著書のなかで述べている。
それだけで体調が改善する事例も多いと言う。
「母乳を赤ちゃんの血管に直接注射しても何も起こらない。ところが牛乳を血管に直接注射したらたちどころに死亡してしまうだろう。牛乳は仔牛のための乳であり、人間にとっては異質なのです」と述べている。

「医学不要論」で有名な内海聡医師もその著書のなかで危険性を呼び掛ける。

世界に目を向けても医師や研究者からそのような主張は多くきかれる。

しかしいまの時代、真の情報がどこにあるのか見極めることは困難だ。
科学は進歩の過程であり、身近な食材ひとつとっても人体に本当のところどんな影響があるのか、解明されているかも疑わしい。

前述の新谷弘美医師の主張もどこどこの酪農大学の教授が否定したという。

では新谷医師が正しくないのか?と判断するのも早計だ。

もし教授がメーカーから買収(研究資金援助)などを受けていれば教授が展開する理論の根底から覆される。

国のお墨付きなどもっとも疑うべきものだろう。現在の日本政府は外国資本の医学村、原子力村、製薬メジャー、石油メジャー、アメリカ合衆国などが利益をあげるための傀儡に過ぎない。

重要なのは

1、その情報によってだれが利益をあげる可能性があって、不利益を被る可能性があるのか? を考えること。

2、リスク回避(これヤバイんじゃ? というような情報があって「たしかに一理あるな」と思えた場合、それを止めることができるかを検討したり やめられないなら他の代替の手段を模索する)

3、情報を多方面から検証する。ひとつの情報があった場合、その反対意見も確認する。
自分がどちらを採択するにしても反対意見についても頭の片隅に留意しておく(特にメディアが流す情報は鵜呑みにしない)



3についてとても参考になる一文を以下引用


現代社会で、あなたの身の回りには、TV,新聞,ラジオ,インターネットなど、

様々なソースからニュースが流れてきます。

ただ、それらのニュースは本当にあなたの生活に必要な情報なのでしょうか?

テレビは、あなたに伝えたい事が沢山あります。

新聞は、あなたに読ませたい事が沢山あります。

でも、それは、向こうが伝えたいことなんです。

そして、それらメディアがどうして伝えたいのかというと、

あなたにナニカを買って欲しいし、

あなたに不安で居続けて欲しい(そうすることで得られる利益がある)し、

あなたに偽の情報を信じ続けて欲しい(真の情報を少人数でコントロールしたい)し、

あなたに眠り続けていて欲しい(素敵なあなたが、目を覚ますと困るから)からです。

引用終わり
引用元URL(http://ameblo.jp/mitsulow/entry-11562938208.html
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
110日目 牛乳の害と豆乳活用法
2014-08-18-Mon  CATEGORY: 牛乳の嘘
陽都は寝返りができるようになった♪

嬉しいのか仰向け状態からすぐに、うつ伏せになってしまう。
そして自分ではそこから戻れず泣き叫ぶ。
仰向けに戻してあげる。
またすぐうつ伏せに戻る。
泣き叫ぶ
以下、エンドレス・・・(笑)
どうしたいんだ 君は(笑)


Screenshot_2014-08-18-10-44-38.png



さて今日は牛乳の害について。
以前より牛乳の害については、ちょくちょく耳にしていたが、詳しくは知らなかった。(でもヤバイのは分かってたんでもうここ数年牛乳は飲んでいない) 最近、その辺がまとまったので列挙する。

1、牛乳は大腸がんのリスクを増大させる。
2、牛乳は糖尿病の発症率を増大させる。
3、牛乳は乳がんや卵巣がん、前立腺がんの発症を増大させる
4、牛乳を飲むと免疫力が下がる
5、牛乳は心臓病の発症を誘発する。
6、牛乳を飲んでもカルシウムやたんぱく質は摂取できない。
7、牛乳を飲んでも乳酸菌を摂取することはできない。

1からいきます。
牛乳に含まれるたんぱく質「カゼイン」は人体に吸収されにくく、腸内で腐敗(悪玉菌の増殖)し大腸がんの原因になったり、異常吸収されアレルギー疾患(アトピーや花粉症)を誘発する。


牛乳にはABBOSというたんぱく質が存在するが、これが人体の膵臓にあるインシュリン分泌β細胞の中に含まれるたんぱく質と酷似している。そのため自己免疫の白血球は牛乳が体内に侵入してきたとき、ABBOSたんぱくを攻撃するが、インシュリン分泌β細胞も誤認識して攻撃、破壊してしまう。その結果膵臓のインシュリン分泌能力が低下。糖尿病を誘発する。牛乳を飲めば飲むほど誤認識数は多くなりリスクは増大する。


牛乳を搾るためのホルスタイン牛は、効率よく牛乳を分泌させるために餌などに成長ホルモンが混ぜられている可能性が高い。(それ以外にも海外製の餌などには残留農薬や燻蒸剤などが含まれる)
そのためホルスタイン牛の乳房は自然界の牛にあり得ない異形。膨張している。
この成長ホルモンが牛乳の中に残留。人体に摂取されると若い人々には異常早熟。年配の人々には乳がんや卵巣がん、前立腺がんの発症を増大させる。


沢山のホルスタインを抱える農家は病気の感染を防ぐために抗生物質を餌に混ぜていることが多い。
この抗生物質が牛乳に残留。人体に摂取されると腸内の善玉菌を殺戮。結果免疫力が下がり、さまざまな病気の発症を誘発する。


牛乳はホモジナイズという処理が施されている。
これは牛乳の中の脂肪に圧力を加えて脂肪を細かくするための処理。
これを行わないと、製造過程で乳石(脂肪が固まったもの)となって機械を詰まらせたり、消費者の元に届いたときに脂肪分が分離してしまい消費者より腐っているのではないか? などとクレームが入る。
しかし牛乳の中の脂肪を小さくしてしまうと、脂肪球皮膜の中に入っていたキサンチンオキシダーゼという酵素が活性化。血液に溶けて身体中を回ることになる。そしてこの酵素が心臓などの組織に傷をつけるのだ。ここにコレステロールなどが沈積、動脈硬化から心筋梗塞をひき起こす。


牛乳には豊富なカルシウムが確かに含まれ、人体への吸収率も50%と良好だが、高温殺菌されることによって変異して人体に吸収されないものになってしまう。その結果人体の中をスルーして排出されるのみ。


牛乳には人体に有益な細菌(乳酸菌など)が80%、有害な細菌が20%含まれているが、この20%を殺すために高温殺菌すると有益な細菌もいっしょに死んでしまう。

以上。

低温殺菌牛乳(65~80℃)の牛乳なら6と7の問題は解決できるが、牛乳であることには変わりないので1~5のリスクは付きまとうことになる。

ちなみになぜここまで有害な牛乳が健康食品の顔をして日本人に愛されているのかというと、そのルーツは戦後、日本を占領したアメリカが自国の主産業であった酪農(牛乳)を日本に売り卸すために牛乳神話をメディアを使って浸透させたのが始まりだと言われている。

その後、牛乳やヨーグルトが日本に定着して日本国内の牛乳メーカー、ヨーグルトメーカーなどの大企業化が進むとメディアのスポンサーとなった企業などが世論を支配。次々と明らかになる牛乳の有害性を警告する識者の指摘をことごとく、国民にシャットアウトしているのが現状だ。

ちなみに学校給食の牛乳も当然、有害無益だと識者から叫ばれている。しかし牛乳メーカーの利権の問題だろう。大切な子供たちにこの毒は毎日振舞われているのだ。

陽都には飲ませたくないなあ。
この辺は陽都に知識として与えたい。
もし私が不慮の事故とかで死んでもこの日記があれば、この知識は彼に渡せる。
この日記は言ってみれば保険だな いま分かった(笑)

メディアからの洗脳(かれらの言葉を借りると「イメージ戦略」というかっこいい言葉になる)で最近とても印象的なものをみた。

家庭用冷凍フライドポテトのCM。

ママが揚げたそれを子供たちが喜んで食べ、あっというまにお皿は空に。
がっかりする子供たちの前に二皿目のフライドポテトがでてくる。喜ぶ子供たち。

ここでママがにっこり「マ~マ~の愛だ~♪」

メーカーのホームページに飛ぶと「料理研究家」で食育にも精通し、2児のママだという女性がにっこりフライドポテトのメリットを列挙している。
さも身体によく自分も子供たちに毎日食べさせています。という雰囲気だ。(本当に食育の専門家ならぜったい自分の子供には食べさせていないんだろうけど)(お金の力って恐ろしい。。。)


メーカーのCMやホームページには一言も載っていない側面の情報はというと。。。

こんなことは本当の食育に通じている人々には常識のようだが

ジャガイモは高温の油で揚げると大量の発癌性物質が生成されると警告されている。

しかも原料になるジャガイモはアメリカ製。遺伝子組み換え(発癌性・催奇形性)、多量の農薬、ポストハーベスト(船便で運ぶので途中で虫害に合わないように薬品(人体への毒物)で燻蒸)

まだある。家庭用調理油も(菜種油など)も遺伝子組み換え(発癌性・催奇形性)、農薬まみれ。

さらに油を抽出するために有機溶媒(ヘキサンなどが代表)が使用され製品の中にも残留する。
このヘキサン(ベンジンの主成分としても有名)はガソリンの中などに多く含まれる灯油臭のする危険物でウィキペディアで調べると

一般用途では、ホームセンターなどで「ブレーキクリーナー」「パーツクリーナー」という名称でイソヘキサンを主成分とするスプレーが販売されている。(そんなもん食品に使用すんなよ・・・)

消防法により危険物第四類(第一石油類 危険等級3 非水溶性)に指定されている。(だからそんなもん食品に使用すんな・・・)

慢性毒性として、末梢神経を侵すために頭痛、歩行困難などの多発性神経症が発症する。(最近の原因不明の病気とかで末梢神経とか神経症的な病気多いよなあ・・・関係あるんだろな、きっと)

このCMだけ、メーカーのホームページだけ観た上記の危険性を知らないママたちは愛する子供にせっせと食べさせるんだろな。「ママの愛」で安全なわけだから。。。

ほんとうに知らないって恐ろしいし悲しい。(目を覚まして~!)

誰かの言葉で 「知らないことは罪である。しかし知ろうとしないことはもっとも深い罪である」ってあるらしい。

私は知らないことが多いが知ろうとしていこうと思う。「罪」なのはしょうがないが「もっとも深い罪」は嫌だ。。。



私は牛乳よりも質の良い国産の豆乳が良いと思う。
毎朝、牛乳のかわりに飲んでいる。
さらに最近、その豆乳からヨーグルトが自家製できるのを発見した。

やり方は豆乳に少量の玄米(生です、洗っちゃだめです、天然の乳酸菌がついているんです)を混ぜて常温でこの時期なら半日放置しておくだけ。
これでふつーに簡単にヨーグルトできます。
食べるときに全部食べないでちょっとだけ残して、それにまた豆乳いれればエンドレスでヨーグルトができます。

こんな方法で自宅で簡単にヨーグルトが出来るってみんなに広まれば、ヨーグルトメーカーも牛乳メーカーも倒産するだろうなあ。もしそうなったら、なにかしらメディアを使って妨害工作してくると思われる。(カスピ海ヨーグルトのときみたいに「カビだらけになりますよ」とか)

詳しくは下記のホームページを参照 勉強になります。

http://ameblo.jp/mitsulow/entry-11493980346.html

ちょっと転載させていただくと(勝手にごめんなさい)


!乳酸菌の数があり得ないほどウジャウジャ(市販品とはケタ違い)
!しかも、菌が生きている(市販のヨーグルトは「お前は既に死んでいる」状態)
!植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌と違い、生きて腸に届く
!しかも、腸でもなかなか死なない(カゴメHP参照)

!腸でヒーロー変身するので、免疫細胞マクロファージが激増する
!植物性乳酸菌なので、乳製品がダメな人でもお腹を壊さない
!それなのに、作り方は腸シンプル
!しかも、腸おいしい(買えない独特の味)
!ハマらなかったら、人格疑うぜ
!その他効果は、「豆乳ヨーグルト」で検索
!何にでも効くっぽいよ

転載おわり

陽都以外の私の大切な家族にもこのことは知ってほしいと思う。

トラックバック0 コメント0
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.