移住、就農、ちいさなナリワイ・陽と月(ひとつき)農園就農ブログ。そして健康に暮らすためのすべてを記します
社会に満ちる毒から家族を守れ
農地 1234/349日目
2017-09-17-Sun  CATEGORY: 未分類
9月16日 土曜日 くもり

今日は知り合いの農家さんのお宅に去年の籾米の精米にお邪魔しました。
今年は最後までお願いしてしまった
今年の新米の季節ですが、まだ30kgほどの去年のお米があるので、我が家の新米はもうすこし先になりそうです。

ちょうどよかったとその農家さんの田んぼについていくと、軽トラが田んぼの真ん中でスタックしてました。
トラクターを操縦させてもらって田んぼの外まで引っ張りましたー

4駆の軽トラといえども、乾いているとはいえ、ちょっとぬかるんだ田んぼの中ではこうなるんだと勉強になりました。
ごっついトラクターあればなんてことないんだろうけど、こういうのもってない陽と月農園なんて抜け出せないな(--

そのあと、農地として貸してくれるかもしれないという場所に案内してもらいました
ちょうど5反ぐらいの素敵な農地でした。
だれもいまは耕してないのだそうですが、持ち主の方が草刈はしっかりされていて、畑でした!

そのお宅でなっている葡萄をいただいた

「なんの消毒もしてないから見た目はわるいけど、味はいいのよ」

とのこと。

すごい 無農薬の葡萄なんてほんとうに貴重です。

とっても嬉しかったです。

そのあと、非電化工房 地方で仕事を創る塾 同期の なすまん が これまた非電化工房 元住み込み弟子 かんちゃんの古民家で軽トラキャンピングカーワークショップを開いていたので陣中見舞いにいってきました。

ほんとはおっちーが紹介したおいしいカレーを作る農業大学校同期の ようこちゃん の カレーを味見するためにほんとはお昼まえに行きたかったのですが(動機が不純(笑)、農地の見学が入ったために間に合わなかったー

とっても美味しいカレーでみんな3杯ぐらいおかわりしたのであっというまになくなったそうです♪

なすまんの軽トラキャンピングカーは11月からスキー三昧の生活を送るなすまん仕様なのだそうです。
つまりは雪山に2泊できる耐寒性能をもったキャンピングカーになるのです。

製作総指揮を執る青山完ちゃんと原案監修のなすまん と いったところでしょうか
ほんとうに身近で軽キャンが出来上がってしまうのだと思うとワクワクしてきます。

全3回の予定だそうです。

次回はいつかな?
まあそれでも11月末ぐらいには完成にもっていくのだろうから、なかなか忙しいスケジュールです笑
興味のあるかたはコメントいただければ、ご紹介しましょう♪

そのあと、別に借りている「菊芋畑」に草刈にいってきました。
ピーナッツも草に圧倒されながらもなんとか生き残っていました。
2時間ぐらい草刈して本日は終了!

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
どんぐり山農園 研修18日目 1233/348日目
2017-09-16-Sat  CATEGORY: どんぐり山農園
9月15日 金曜日 晴れ

視力トレーニング おっちー 最近 ほとんどさぼってます。
視力も変わらず0.33前後

みどりさん
右0.27
左0.27

みどりさんが0.3の大台に乗ったら次のプログラムを始動することにしましょう

本日はどんぐり山研修18日目

台風が迫っているのだそうです。
日曜、月曜あたりにくるのかな?

その前に播ける種は播くということで、葉物中心にたくさん播きました♪
そしてキャベツやブロッコリーの苗の定植

おっちー家では キャベツ、ブロッコリー カリフラワー たまねぎの苗がセルトレイで育っています。

去年は荒地だった栗林の下を畑にして上記育ててみましたが、散々でした@_@;
土が育っていないということなのでしょう。

とりあえず今年はそこにはサツマイモが植わっていますので、上記の野菜たちはまた別のところに植えてみましょう

どんぐり山の堆肥をもらってきたのでそこにすき込んで植えます。
今年こそはものにしたいなあと思います♪
トラックバック0 コメント0
どんぐり山農園 研修17日目  1232/347日目
2017-09-16-Sat  CATEGORY: どんぐり山農園
9月14日 水曜日 晴れ 過ごしやすい

本日のどんぐり山は草刈です。
気候がよくなったので作業が捗りますね。

先日直してもらった草かり機を使い、指導をうけながら爽快に刈りました。
くさかりきひとつとってもみても技があるのですね。

そして鶏糞堆肥のきりかえし
3~4トンぐらいある堆肥を2時間ぐらいかかって切り返します。
内部は熱があがって発酵がすすみ、外側は熱があがらないのであまり発酵が進んでいない。
だから外側部分をこんどはなかになるように、内側部分は外でもOK。
60度以上に熱があがっているので、内部の湿度も蒸発して乾いてきています。
俗に「焼ける」というらしく、焼けすぎると窒素分が抜けすぎてよい堆肥にはならないのだとか

どんぐり山の名古屋コーチンは緑肥(雑草)を十分に与えられて、無農薬や減農薬の国産の穀物や籾殻燻炭、にんじん、おから、鰹節粉末や貝殻粉末などを食べています。餌には抗生物質もホルモン剤も含まず、国産の原料であるがゆえに、ポストハーベスト(外国からの船便で数十日の長旅を耐えるための防腐剤・殺虫剤などの燻蒸剤)も無縁
遺伝子組み換え作物とも無縁

そしてこれにもみがらや米ぬかなどを混ぜ、十分に発酵させ完熟させ、刈った草を積み上げて腐食させた土とともに、ごく少量、必要な分だけを畑に施す。

数千年の昔からひとが連綿と紡いできた丁寧な農業の実践がここにはあります。

トラックバック0 コメント0
たんぼ隣り合うも多生の縁 1231/346日目
2017-09-12-Tue  CATEGORY: 未分類
9月12日 火曜日 くもり時々雨 むしあつい

陽と月農園おっちーです

夕方、田んぼの様子をみにいくと、あら大変



たんぼお隣のひとの「おだがけ」が崩れています。
このまま放置するとカビたり、根発芽してしまうのですね。

神奈川から通っている人だったと思うので直しにくるのも大変でしょう。
ということでレスキュー発動

おっちー みどりさん 長男で頑張りました(次男は車で寝てた笑)

IMG_20170912_175316.jpg

おだの脚を追加して強化し、なかなか良い仕事ができました♪

ところでタイトルの多生の縁は

袖ふれあうも多生(他生)の縁のパロディですが
この言葉、長く勘違いしてました。

多少の縁 だと思ってました。

ただしくは多生(何度も生まれ変わる) もしくは 他生(前世や来世)です。

つまり、いま袖が触れ合った人は前世や来世でも何度もなんども巡り会っている縁ぶかい大切な人
だから現世でのこの出会いも大切に

という意味なのだそうです。
トラックバック0 コメント0
一からカレーづくり 1230/345日目
2017-09-12-Tue  CATEGORY: 未分類
9月11日 月曜日 晴れ あつい

陽と月農園おっちーです
本日も残暑ですなあ

学校では半年課程の後期のメンバーが7名入学してきました
仲間が増えたなあ♪

最近、どっかで一からカレーを作るのが流行ってるのだそうです。

どういうことかというと、自分たちで畑でカレーのための野菜を育てて、にわとりを飼い育てる。
そして最後は鶏を捌いて畑で採れた野菜とともにカレーをつくるのだそうです。
なんかの映画になったようなことを聞きました!



ということなら我が家でも可能です。
畑でとれた人参、なす、じゃがいも、たまねぎ、しょうが、にんにく トマトそして先日のにわとりのお肉
先日のにわとりの鶏ガラで煮込んだ鶏ガラスープをベースにして、、、
クミンシード、ターメリックパウダー、カイエンペッパーパウダー、クミンパウダー、コリアンダーパウダー(さすがにスパイスは仕入ましたが(--;

自分ちのたんぼのお米を土鍋で炊いて・・・

はい できあがり♪

美味しいです♪
辛さひかえめ、子どもたちふたりもたくさん食べれました♪

トラックバック0 コメント0
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 社会に満ちる毒から家族を守れ. all rights reserved.